*

【パタヤニュース】ソンテウ連続スリ事件に注意せよ/ロシア人の言い訳、ほか

公開日: : パタヤニュース

中国人旅行者がソンテウから飛び降りて大怪我

ガールフレンドと口論をしていた25歳の中国人観光客が走行中のソンテウから飛び降り。
意識不明の大怪我を負い、中国人はパタヤ記念病院へと搬送された。

(ソース:Pattaya People)
http://www.pattayapeople.com/Crime-News/CHINESE-TOURIST-&-BAHT-BUS-INCIDENT_3103201505

走っている最中に飛び降りるのは論外としても、意外とソンテウも怖い。
ブザーを押して、もう止まるだろうと思って立ち上がると、最後に急加速して、転びそうになったりする。

一度、座る場所がなくて後部のステップに乗ろうとしたら、運転手が気づいていなかったのか、こちらが片足をかけた状態のままで出発。
危うく投げ出されるところだったが、乗客のファランが手を取って助けたくれたことがある。

さすがにソンテウの交通事故に巻き込まれたことはないけれど、夜、道が空いてくると、ビーチロードやセカンドロードでもかなりの猛スピードで走行することがあり、ちょっとこわい。
必ず手すりを掴んでおくことにしているが、どこかに衝突したら、外に投げ出されかねない。
手軽な乗り物で重宝しているけど、注意は怠れない。

そんなソンテウにまつわるニュースをもう一つ。

ソンテウ内で連続スリ事件

デンマーク人とドイツ人が相次いでソンテウ内のスリに遭った。
デンマーク人はポケットに入れていた現金15,000バーツをスられ、ドイツ人はスマートフォンを盗まれた。
二人とも乗車した場所は、セカンドロードとサウスパタヤロードの交差点で客待ちしているルートソンテウ。
つまり、ウォーキングストリートを出て、ノース方面へ向かう乗り合いソンテウのこと。
ウォーキングストリートで遊んだ帰りに乗る人も多いだろう。
警察署で、スリ常習者たちの写真を見せられた二人は、同一人物を指差したとのこと。

(ソース:Pattaya One)
http://pattayaone.net/pattaya-news/177213/danish-and-german-victims-of-pattaya-baht-bus-pickpockets/

それがこの女性。
パタヤワンスリ事件
(画像はPattaya Oneよりのスクリーンキャプチャー)

どうやら、パタヤ警察も捜索する気はあまりないようで、犯人とおぼしき女性は現在も暗躍中と思われる。
ニュースで流れたので、しばらくはおとなしくしているかもしれないが、ほとぼりが冷めたら、間違いなく再稼働するだろう。
ウォーキングストリートで酔っ払った帰りのソンテウには気をつけるべし。

ちなみに、ソンテウのことを英語では「Baht Bus」と表記することが多い。
でも、ファランが実際にそんな風に呼んでいるのは聞いたことがないし、タイ人もしかり。
タイ人は、外国人相手に話すときは、単純に「タクシー」と言っているなあ。

で、パタヤの街中にあふれるソンテウは、交通渋滞の元凶ともなる。

ビーチロードの駐車違反対策

深夜早朝以外は、常に渋滞となってしまうビーチロード。
その原因は、ソンテウを含む違法駐車のせいだとされている。
2014年には、ソンテウの駐車場所が指定されたが、まったく効力なし。
そこで、今回はタイ軍の協力を得て、パタヤ市当局が本格的な取り締まりに乗り出す。
ソンテウでも違法駐車が見つかれば、多額の罰金を課す。
今までのような一過性の処置ではなく、長期間にわたって実施する予定とのこと。

(ソース:Pattaya One)
http://pattayaone.net/pattaya-news/179325/pattaya-beach-traffic-re-organization-program-begins/

たしかに、ビーチロードの渋滞はひどい。
それも、年々ひどくなっている。
特に日が暮れ始めた時間帯ともなれば、ウォーキングストリート手前で動かなくなってしまう。
途中で降りて歩いたほうが早いくらいだ。
進行方向左側の車線は、違法駐車でびっしり埋まっている。
各ソイの入り口付近では、必ずといってほど客待ちのソンテウが待機している。
ウォーキングストリート入り口手前のコーナーを曲がった先は、空のソンテウばかり。
これでは渋滞するはずだ。
(あと、あのウォーキングストリート入り口前のコーナーは幅を広げたほうがいいと思うけど。)

今回は軍も協力するようだから、取り締まりも少しは効果がありそうな気がする。
でも、どうせダメなんだろうなあ、と投げやりに諦念してしまうのは、タイに染まってしまった悪癖だろうか。

ビーチロードでたむろしているのは、ソンテウばかりではない。
同じく違法行為をしている人たちがいる。
次は、そんな話題。

ビーチロード恒例の立ちんぼ狩り

もはや日常行事と化したビーチロードの立ちんぼ摘発が行われた。
今回は50人を連行。18歳から45歳までのレディとレディボーイ。
少数ながら、男も含まれている。これは男娼ではなくて、見張り役やポン引きと目されている。
それぞれ罰金100バーツを払って釈放。
お会計5000バーツなり。

(ソース:Pattaya People)
http://www.pattayapeople.com/Crime-News/POLICE-INSPECTION-OF-BEACH-ROAD_0104201505

どうせ本気で取り締まる気がないんだから、やめたらいいのに。
もうこのニュース飽きてきたよ。

最後は酔っぱらいロシア人で締め。

ロシア人がレイプ未遂で連行される

サウスパタヤで、50歳のロシア人旅行者がバーガールを藪に連れ込んでレイプしようとして、警察に連行された。
が、酔っ払い状態のロシア人は容疑を否定。
その言い訳がおもしろい。
ロシア人いわく、
バーガールと一緒にホテルの部屋で知的な会話がしたかったが、ホテルでは妻が寝ており、断念。外に出て、哲学的な議論をしようとしたが、彼女がロシア語を理解せず、怒り出し、殴ってきた。殴り返したのは、あくまで自己防衛のため。

(ソース:Pattaya People)
http://www.pattayapeople.com/Crime-News/RUSSIAN-ACCUSED-OF-RAPE_0104201506

ロシア人、大丈夫か?
なんだ、その言い訳は。
もうちょっとマシなことを思いつかなかったのか。
帝政ロシア下におけるブルジョアジーとプロレタリアートの思想的対立と、現代パタヤにおけるロシア人とタイ人との異文化交流についての還元主義的二元論でも戦わせるつもりだったのか。
そんな小難しいことよりも、素直にショートタイム用のホテルにでも連れ込んで、下半身同士、股を割って話しあえばよかったのに。

 

というわけで、久々のパタヤニュースはここまで。

パタヤに滞在しているあいだは、現地にいるので、大してニュースも気にならなかった。
暇があればケーブルテレビでニュース番組は見ていたけど、街に出れば刺激だらけなので、気にも留めない。
でも、日本でくすぶっていると、どうしてもパタヤの現状が気になってしまうのだ。
そんなわけで、これからも気になるパタヤニュースがあれば紹介していこうと思う。


関連記事

ハッピー

【パタヤニュース】ハッピーにガサ入れ/老ファランがマッサージ屋で突然死/パタヤ国際花火大会

ウォーキングストリートのゴーゴーバーで抜き打ち検査 先日、ウォーキングストリートの店舗に、

記事を読む

パタヤタイからウォーキング1 052

【パタヤニュース】日本人がオカマ抱きつきスリにあう/ブッカオのコンビニでドラッグ取引/ダークサイドのバー/ほか

・グリーンの女を探せ。日本人がレディボーイからスリにあう。 9月3日のこと。33歳の日本人旅行者が

記事を読む

スクリーンショット_120215_022558_AM

【パタヤニュース】ファラン誘拐殺人事件/イスラム国ISによるタイへのテロ計画/MP嬢切り裂き事件など

ファラン誘拐殺人事件 ジョムティエンにあるヴィラから38歳のオーストラリア人が誘拐された。銃を持っ

記事を読む

HIGH HEELED AND DANGEROUS   YouTube

【パタヤニュース】エロマッサージ屋が摘発される/レディボーイ対ファラン

サウスパタヤのマッサージ屋が摘発 サウスパタヤにあるマッサージ屋が潜入捜査官によって摘発された。

記事を読む

pattaya20161014-3

昼間のパタヤは、ほぼ通常営業。街の雰囲気もいつもと変わらず。

静まり返った夜から明けたパタヤの様子。 昨晩遅くは雷を伴う豪雨となったが、今は多少雲が出て

記事を読む

pattaya20161015-1

昨晩パタヤの様子と本日禁酒日の見込み。外国人向け行動指標。

昨晩のパタヤの様子だが、特に変化なし。 レストランや商店は、通常通りの営業。一部店舗は喪に

記事を読む

pattaya20161013-1

【タイ・プミポン国王死去】静まり返ったパタヤの夜

タイ時間で、10月13日午後7時頃、プミポン国王死去のニュースが流れた。 わたしはちょうど

記事を読む

ウォーキングストリート

【パタヤニュース】ウォーキングSt殺人事件/飲み逃げファランが殴られる/ハリウッド立ち入り調査

久々にパタヤニュースをお届け。 先週から今週にかけてパタヤを最も騒がせたニュースは間違いなくこ

記事を読む

newspaper-410111_640

【パタヤニュース】ジョムティエン一方通行延期/パタヤビーチに捨てられた老人/吼えるファランと飛び降りファラン

ジョムティエンの一方通行は延期に 11月12日からジョムティエンのビーチロードは一方通行へ変更され

記事を読む

PATTAYA PEOPLE

【パタヤニュース】アメリカ人刺される/レセプション睡眠薬強盗/アルノタイで火事/ロシア人流れ弾に当たる/パタヤビーチ夜間パトロール

ソイブッカオでアメリカ人が刺される 喧嘩の原因は不明だが、ブッカオの路上でアメリカ人とフランス人で

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽きゃべつ より:

    ビーチロードで駐車違反の取り締まりを見た事が有ります。
    警察官がセグウェイに乗り、トラックタイプのパトカーで車は鉄の車輪止め、バイクは極太の鎖と大型南京錠を付けられていました。 でもここはたまに・・・・程度。
     パタヤ・タイの方が頻繁に見ます 車、モタサイは前述通り屋台も警官の姿を見て退散するか 警官の虫の居所が悪いと罰金の指示書を貰っています。昨日もやっていましたね。
     でも居なくなると元の木阿弥 懲りない面々です。
    ニュースになりませんが 朝の散歩中に目撃したのが ビーチでの溺れる事故 2週間前はライフガードのモーターボートまで出て遊泳エリア内少し沖で救助 そのまま救急車で搬送、今朝はノースパタヤで痙攣事故パラソル、チェアーを貸すオヤジ2人に両肩を抱えられて 海から救助されていましたが本人は足に力が入らずに、痙攣してビーチに座り込んでいました、去年は中国人が沖のパラセーリング中に怪我してスピードボートで1人だけ強制帰還 救急車で病院搬送・・・・・・
     朝の散歩はたまに楽しいです。

    • pattayan night より:

      バイクの駐禁は嫌がらせというか小遣い稼ぎでやってますよね。
      レッカー移動もあるらしいですが、いまだに目撃したことはないです。
      ビーチの海難事故はよくありますね。
      ラン島のビーチで救急隊に搬送される海水浴客を見たことがあります。ラン島ってちゃんとした病院が無さそうだし、大丈夫だったんだろうか。

  2. 芽きゃべつ より:

    ああ 確かに大きなイベント<パタヤミュージックフェスティバル、ロイクラトン、国際花火大会>の前後は免許書の検問を含めて 仕事をしている警官の姿が見られますね。

    • pattayan night より:

      対外的な目を気にしているのと、絶好の稼ぎ時だからでしょうかね。

  3. マイク より:

    昨夜ソンテウでスリに合いました。後ろのステップに立って居たところ、そこはポリスに捕まり罰金5,000バーツと言われ無理やり2人組の間に座らされました。ちょっと怪しいオカマとおばさんだったので気をつけていたのですが、短パンのサイドポケットに入れていた財布の中の5,000バーツやられました。財布は戻されていたので気づいたのは今朝になってしまいました。
    皆さんお気をつけ下さい。

    • pattayan night より:

      うわ、マジですか。それは災難でしたね。
      中身だけ抜き取って財布を戻すとは高等テクニックですね。
      ほんと、皆さんも要注意です。
      ちょっと怪しいと思ったら、ポケットに手を入れて、常に財布と携帯を握っていたほうがいいですね。
      マイクさん、貴重な注意喚起情報ありがとうございました。
      これに懲りず、パタヤの滞在を楽しんでください。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑