パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー

週末のウォーキングストリート。ワールドカップ見ながらステージ鑑賞。

投稿日:

昨日のパタヤの様子。
いよいよ始まったワールドカップ決勝トーナメント。
まずは、部屋でフランス対アルゼンチン戦を鑑賞。
午後11時頃、試合終了。
見応えある試合でテンションが上がった。

次は、ポルトガル対ウルグアイか。タイ時間で午前1時キックオフ。

部屋でじっとしているが、妙に落ち着かない。
よし、この間にウォーキングストリートでも見に行ってこよう。

というわけで、約10日ぶりのウォーキングストリート訪問となった。

ウォーキングストリート

ウォーキングストリート201806 (1)

週末ということもあり、ウォーキングストリートはなかなかの人通り。
が、そこまでワールドカップ色が強いわけでもない。
呼び込みに衣装が各国ユニフォーム風だったりする程度。

新しくオープンしたパンダゴーゴーは絶賛営業中。

ウォーキングストリート201806 (4)

関連記事:ウォーキングストリート新店舗、パンダゴーゴー(PANDA A GO GO)訪問レポート

さすがにオープン10日やそこらで閉店するわけにはいかない。

開店したり閉店したりと不安定なエデンクラブも本日はきっちり営業中。

ウォーキングストリート201806 (3)

でも、あんまり流行ってそうにないけれど。

あとは通常営業のウォーキングストリート。

奥まで進むと、どんどんと空気が濃くなっていく。インド・アラブ系が増える。
ソイ16には、インド系のディスコが並ぶ。

ウォーキングストリート201806 (2)

RAASとKAMAだ。

ソイアラブとも呼ばれるエリアだけにアラブ人の客も多いだろう。
未確認情報だが、KAMAあたりは、女性グループで行くとビールが無料ないし大幅割引になるそうだ。
店内にはインド・アラブ系狙いのフリーランスがたくさんいる。
実際にすぐにインド人やアラブ人の客に声をかけられるとのこと。
なんだかウォーキングストリートの勢力図がちょっとずつ変わっていくような予感。

マンダリン Mandarin

mandarin マンダリン

どこぞのゴーゴーに入ろうかと悩んだが、特に入りたい店がない。
ぶらぶら歩いていると、マンダリンの呼び込みに腕を引っ張られた。
ま、どこでもよかったんで、ここに入ろう。
久しぶりの入店。
ドラフトビールが90バーツだったか。

あまり評価の高くないマンダリンだが、この日はソツのないラインナップ。
25人から30人ほどは出勤している。
トップレスとなるモデルチームは、玉石混淆。10人ほどいるが、目立つのは1,2人だけ。ほとんどは石のほう。どうでもいいが、せっかくトップレスになるのに、ニップレスを貼るのだけはやめてほしい。興ざめもいいところ。
コヨーテはおそらく2チーム構成。こちらは、平均的な印象。悪くない。そう、実に悪くない。明らかな石はいない。
が、これといって光る玉も見当たらない。
とはいえ、選り好みしなければ、普通にペイバーできそうな感じ。

個人的には、このくらいの大きさの箱が好き。
見やすくていい。

ちなみに衣装にサッカーボールのワッペンが貼ってあるくらいで、特にワールドカップムードはなかった。

イエス Yes!

イエスYES!

改装を終えたイエスに入ってみた。
大きなコの字型ソファー席が壁際に並ぶスタイルに変更されていた。ステージはそのままかも。
ダンサーの印象は白い下着姿でなかなか艶めかしい。
ソファー席はほぼ埋まっている。他の客と相席なら座れそうだけど、なんか嫌。
これは、ソイハニーへ移転した直後のビーチクラブと同じようなシチュエーション。
イエスにはステージかぶりつき席が残っており、まだマシ。
でもどうせなら、壁際の席にゆっくり座りたい。
結局、席につくことなく退店。

ビーチクラブはソファー席をすぐに廃止して、普通のゴーゴーバースタイルに戻した経緯がある。
その轍を踏むのは明らかなような気もするが、昨晩に関してはそこそこ客入りがよかった。
しばらく様子見ですな。

特にワールドカップ色はなし。

シャーク Shark

いつの間にか深夜1時だ。
ワールドカップが見たい。

シャーク Shark (2)

と、ソイ15を通りかかると、ライブ中継の看板が目に入る。各国の旗も並んでいる。

シャーク Shark (1)

シャークだ。
中に入るとテレビモニターが2つほど。
ちゃんとポルトガル・ウルグアイ戦を放映していた。

ちなみに、ステージ上のダンサーの衣装はワールドカップ出場国の国旗ワッペン付き。
日の丸が多いような印象。

ダンサーの数はマンダリンよりも多い。全部で40人以上いそう。
が、平均レベルでいうと、マンダリンのほうが上かも。
とても振り幅の大きなラインナップだ。スレンダー系、ぽっちゃり系、南国系、日本人好みのかわいい系などなど。
なかなか見ごたえがあるとも言える。

が、今はワールドカップのほうが気になる。

モニターではウルグアイが先制ゴールを上げていた。
思わずモニターを凝視。

すると、通りがかりのダンサーから、テレビ見ないでステージ上のダンサーを見ろと言われる。
いやいや、ワールドカップ気になるやんけ。
しょうがないやんけ。

うん、やっぱり、この状況は良くないな。
ゴーゴーバー店内ではステージを見るべきだ。
同時鑑賞は難しい。どちらにも集中できない。
よくわかった。

ハーフタイムになったところで退店。
後半戦はバービアでまったり見ることにしよう。

と、ソイ15から14へ通じる路地に、屋台が大集結していた。

ソイ15屋台

ソイ15にも屋台は出ている。
このあたりの屋台規制は問題なくなったみたい。

これにて10日ぶりのウォーキングストリート訪問は終了。
ワールドカップが休みの日にまた来ようかなと。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2018年(5月15日更新)


-ゴーゴーバー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.