パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ夜遊び情報全般 夜遊び情報

【禁酒日のパタヤの様子】LKメトロ、ソイ7、ウォーキングストリート・バカラとファーレンハイト

投稿日:

昨日5月29日は、ヴィサカプーチャと呼ばれるタイの仏日。
禁酒日となっており、アルコール類の販売は不可だ。
よってバーも休業を余儀なくされる。

禁酒日前夜は、24時を持ってバーは閉店。
とはいえ、一部のバービアでは深夜2時頃まで電気と音楽を落とした状態で営業を続けていたが。

さて、禁酒日当日。
ここ数年のパタヤの禁酒日の営業状態は、ほぼ変わっていない。
今回も通常通りといったところ。
ざっとパトロールしてみた。

LKメトロ

午後10時ころに通りかかると、LKメトロ内は暗闇に包まれていた。

禁酒日のLKメトロ (1)

禁酒日のLKメトロ (2)

ほぼ真っ暗に近い。
ゴーゴーもバービアも壊滅状態。

深夜0時をまわってから再訪してみると、一部のバーで明かりがついていた。
ゴーゴーでは、クリスタルクラブだけが営業。
バービアでは、ビラボンが営業。それでも普段より明かりも音楽も控えめ。客足も少ない。
ファランの常連客が多いLKメトロでは、こういった日は客足がとても悪くなる。長期滞在のファランは、まず出かけないんで。

ソイ7

その他のバービアの状況はどうか?
24時前では、ほとんどのバーはクローズしたまま。一部のバービアで、電気を落とし、ソフトドリンクの提供のみで営業しているようだった。

ソイ7は真っ暗。

禁酒日のソイ7 (1)

開店準備もほとんどしていない。

なお、ソイ7内の一角にあるバービア群は取り壊し工事中。

一週間は建物が残っていた。

禁酒日のソイ7 (2)

現在は、更地に近い状態になった。

禁酒日のソイ7 (3)

向かい側のマッサージ屋で聞き取り調査すると、新しくホテルを建てるとのこと。
ここで働いていたバービア嬢たちは、近辺のバービアへ各々移籍していったようだ。

もちろん、ソイ7の他のバービアは健在なのでご安心を。

ウォーキングストリート

禁酒日のウォーキングストリート (1)

午後11時20分頃、ウォーキングストリートへ。

禁酒日のウォーキングストリート (2)

やはり、人通りは圧倒的に少ない。
何よりも音楽がまったく鳴っておらず、一種異様な雰囲気だ。
ネオンサインが灯っているのは、飲食店のみ。

完全に閉店しているゴーゴーが多い。

センセーションズはシャッターが降りたまま。

禁酒日のウォーキングストリート (4)

が、そんな中でも、一部のゴーゴーはすでに営業開始していた。
ネオンサインはついてないし、PR嬢たちが嬌声を上げているわけではないが、確かに営業している。

ギンザとランウェイは休業しているが、隣のライトハウスは営業。

禁酒日のウォーキングストリート (5)

ソイ15内では、手前のシャークと奥のワッツアップだけが営業。

禁酒日のウォーキングストリート (6)

ソイダイヤモンド内では、ウィンドミルとダイアモンドが営業。スーパーガールなどはクローズ。入場料徴収系の店は絶賛営業していたが。

禁酒日のウォーキングストリート (3)

メイン通りでは、ハッピー系列とシャーク系列はすべて営業しているようだった。

エデンクラブは休業だが、タントラは営業。
リビングドールショーケースは営業。
その他、独立系はほぼ休業か。
ま、全店チェックしたわけではないけれど、半数弱のゴーゴーが営業しているような印象。

ファーレンハイト Fahrenheit

一通りチェックを終えて、シャーク系列のファーレンハイトへ入店してみる。
時刻は午後11時半過ぎ。
外のネオンサインは消されているが、中は照明ばりばり、音楽もばりばり。普段の姿を変わりなし。
が、アルコール提供はまだ解禁となっていない。コーラ120バーツ。

思った以上にダンサーの数が多い。
コヨーテ2チームとモデル1チーム。合計50人以上はいそう。
よく揃えたなあ。
しかも平均レベルはまずまず高い。際立って目立つダンサーはいないけれど、普通に選べそうなレベル。
客入りは5割ほど。ファランとアジア系客が半々といったところ。いや、アジア系のほうが多いかも。

営業の売り込みはそれほどしつこくなく、居心地も悪くない。
けっこういいね、ファーレンハイト。
できればもう少し照明を明るくしてほしい。

時刻は24時へ。
アルコール解禁の掛け声が上がっていた。
以前はフライングで解禁となっていたが、今回はきっちり守られている。
指導が厳しいんでしょうな。

外に出ると、看板にネオンサインが灯っている。

ファーレンハイト

ウォーキングストリートの音楽とネオンサインの洪水も復活。

禁酒日のウォーキングストリート (7)

とはいえ、閉まっている店が多いため、フルボリュームではないけれど。
人通りも普段よりは断然少ない。

バカラ Baccara

バカラ

つづいて、ハッピー系列のバカラへ。
久しぶりの入店。
さすがに客はそれほど多くなく、あっさりとステージかぶりつきのソファー席に座れた。

すでに0時をまわっているため、アルコール解禁済み。ドラフトビール69バーツだ。
ソファーにふんぞり返ってドラフトビールをちびちび舐めつつ、ステージを見上げるのがバカラの正しい過ごし方。いや、知らんけど。
さらに首を上を向けると、2階ステージのシースルー床越しにダンサーの黒々をした部分を拝むことができる。
これぞ正統派バカラ鑑賞。

1曲ごとにダンサーが立ち位置を移動していくスタイル。
わかりやすくていい。

うん、バカラだね。ああ、バカラだ。なんだかよくわからんが、ともかくバカラだ。
パタヤの時の流れは早いけれどもバカラは不変。

改造人間たち。よく見ると年増。でも、ルックスは上等。

タイのゴーゴーバーに行き慣れていると、まったく反応しなくなるが、初心者がバカラを訪れると、やっぱりびっくりするかも。こんなタイ女性たちが踊っているのかと。

でも、正直、今回のバカラはまったくおもしろくなかった。
新陳代謝がないよなあ、この店。
ベテランホステスやベテランダンサーが多すぎるのが原因か。

ファーレンハイトのほうがはるかに楽しかった。
でもいいんだ。
バカラはドラフト69バーツぽっきりで鑑賞する場所なんだから。
何事も割り切りが大事だ。
でも、まだバカラに入ったことがない人は、素直な気持ちのまま必ず訪れるようにしましょう。

これにて、禁酒日のウォーキングストリートパトロール終了。

帰り道にバービアで少々飲む。
バービアは半数ほどがオープンしていた。
この時間からペイバー相手を探すのは少々面倒だけど、できないわけでない印象。
宵っ張りになるのはやむを得ないが、禁酒日でも遊べますな。

次回の禁酒日

2018年、次回の禁酒日は、7月27日と28日の2日連続。

禁酒日が2日連続となるのは稀なケース。

昨年の様子
7月8日、禁酒日1日目のパタヤの夜は真っ暗

7月27日は、全滅状態必至。
26日のうちにお相手を確保しておかないと、丸一日を棒にふることになりそう。
もちろん、MPやソイハニーのようなマッサージ系列は普段通り営業するはずだ。フリーランスも摘発を受けないかぎりストリートに立ち続けるだろう。
よって、まったく遊べないわけではないけれど、バー関連は全滅となる。
通常の一日だけの禁酒日とはまったく別物。
26日から28日にかけての夜遊び目的の旅行はまったくおすすめできませんね。
まあ、この状況を楽しむのもアリですが、可能であれば、日程変更がベター。
すでに特定の相手を見つけているなら、逆にバーファインいらずで遊べるチャンスでもあります。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2018年(9月16日更新)


-パタヤ夜遊び情報全般, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.