パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年1月~3月パタヤ沈没日記

ノースパタヤからブッカオまでバービアめぐり。最後は22歳をペイバー。

投稿日:

(48日目続き)

ドリンキング・ストリート

ドリンキングストリート

ナックルアのバービア捜索を終えて、ノースパタヤへ戻る。
セカンドロードにあるドリンキングストリートまでは徒歩圏内だ。

ドリンキングストリートバービア群

グルグルまわって、呼び込みの声が一番激しかったバーに座る。
野菜とピーナッツがおつまみで出てきた。
野菜は珍しいなあ。

バービアおつまみ

が、このバービアで選べそうな子はいない。
むしろ、隣のバービアに何人かかわいい子がいる。
でもすでに客がついているし、わざわざバーを変わるのも面倒だ。
ちびちびと豆をつまみにビールを飲む。
たまにバービア嬢と軽く話すだけ。
このあたりは、中国人や韓国人なども多いようで、けっこう出身国を聞かれる。
ブッカオ界隈だと、ほぼ問答無用で日本人認定されるんだけどね。(ブッカオにはたまに韓国人がいる程度。)

ビール一本でチェックビン。80バーツ。

 

ついで、ノースパタヤのバービアを冷やかしながら、ソイ6まで歩くことにした。

1ヶ月ほど前に何度か通ったコヨーテバー「LISA」。

コヨーテバービア

お目当てのコヨーテ嬢の姿が見えない。
というか、おそらくは中国人であろう団体客で大賑わいだ。
ちょっと入りづらい。パス。

レックアゴーゴー LEK A go-go

あれ?
いつの間にかゴーゴーバーができている。
1ヶ月前はまだ看板のみでオープンはしていなかったはず。

レックゴーゴー

レックアゴーゴーというのか。

ソイ2にある、どマイナーな「LEK'S CLASS ROOM レックズクラスルーム」の二号店っぽいな。
さながらLEK 2か。

店の前で集団のインド人が入りたそうにしていた。
呼び込みいわく、ドラフトビール130バーツとか答えている。
それは高いんでないの。
瓶ビールにしても高いぞ。
それともインド人からぼったくろうとしているのかな。
たぶん、入るだけ無駄っぽいのでスルー。

魔境ソイ6

とうとう、ソイ6まで来てしまった。

ソイ6

夜11時過ぎのソイ6は通り全体がすでに酔っぱらい状態。
なんというか、女を選んで二階の部屋へ上がるような雰囲気ではなかった。
たぶん、いい子はみんな連れだされてしまったか、仕事を終えて帰ってしまったのだろう。
残された者たちとファラン客で馬鹿騒ぎだ。
アルコールの匂いと、タバコとシーシャの煙と、甘ったるい香水で空気がよどんでいる。ちょっとした魔境のような空間と化していた。
初めてこの空間を味わう人なら、きっと息がつまり、むせ返ってしまうに違いない。

ちょっと遊べそうにない。
ビーチロードまでソイ6を素通りするだけで終わってしまった。

31歳バービア嬢

ソンテウでソイ7界隈のバービアへ。
少し前から仲良くなっている31歳のバービア嬢に会いに行ってみた。
おっと、ファランの客がついている。
しかもアルコールを次から次へと飲まされてマオマオ状態。

バービア嬢31歳

ファランはペイバーすることなく帰っていった。
で、31歳とお話。
わたしはペイバーする気マンマンだった。
が、今日は用事があるとかでロング不可とのこと。
しかも酔っ払っている。
まあ、しょうがないか。
明日のペイバーを約束してバイバイ。

最後はブッカオのバービアでペイバー

そんなわけでブッカオまで戻ってしまう。
最後の望みは、22歳のバービア嬢。
ここ1ヶ月ほど、ちょこちょこと顔を合わして何度か一緒に飲んだこともある。
いつもタイミングが合わずペイバーできずにいた。
今日はロング可能との返事。

もうビールはいらない。
その場でバーファインを支払い、連れ出すことにした。
ここは、デフォルトでBF代が500バーツ。
バービアにしては高い。
飲み代を払っていないから許容範囲としておこう。

さっそく連れ帰る。
もう予備段階もなし。
お互いにさくっとシャワーを浴びて、さっそく一戦交えることに。

バービア嬢

ルックスはまずまず良い。
スタイルも良い。
ブッカオ界隈のバービアでは上位クラスである。

が、サービスはいまいちだった。
一応ディープなキスにも応じてくれる。
生スモークもオッケーだ。
でもあまり積極的なサービスはしてくれない。

大ハズレではないけど当たりでもない。
顔も合格点だし、スタイルも悪くない。
胸は小さいけれど、ちゃんとある。
すべてが普通。
でも心に響くものがなにもない。

わたしの下半身の反応も並。
それでも、一週間以上たまっていたので、大量放出。
気持ちはいいけど、心は晴れない。

お互い何も悪くない。
でも、単純にフィーリングが合わないのだ。
これはもうしょうがない。

ロングの予定だったけど、ショートでご帰還願う。
あまり相性の良くない子とロングで朝まで過ごすのは、お互い気分のいいものじゃない。
ここはショートですませたほうがよい。
チップは1000バーツでまったく問題なし。
バービア嬢は、ショートにしてもらったのが嬉しいのか、「サンキュー」と礼を言っていた。
まあ、わたしがあまり好かれていなかったのだろうね。

やはり、ナックルアまで戻って21歳のウドン娘をペイバーすればよかった。
もちろん、結果は大外れだった可能性もあるけど、たぶんもうちょっと満足できたはず。

後悔先に立たず。
一週間分を放出しきった下半身もすでに立っていない。
深夜1時半。
今からナックルアまで行く元気はないし、先立つものもない。
もう立つ瀬がない。

今夜も一人寝だ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-2015年1月~3月パタヤ沈没日記
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.