パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

パタヤのソンクラーン3日目。日没後のLKメトロ、ソイハニー、ソイブッカオなど。

投稿日:


公式には4月13日から始まったタイのソンラクーン水かけ祭り。
タイの一般的には本日15日が最終日となる。
が、パタヤでは前半戦の最終日といったところか。なにせ19日まで続くもんで。

4月15日、ソンラクーン3日目のパタヤの様子を軽くレポート。

午後1時に外出。
F1中国GP本戦をスポーツバーでテレビ観戦。
今回もラッキーなことに、行きも帰りも濡れずに済んだ。

SPONSOR LINK



日没後のパタヤ水かけ

夕方から知り合いのバービアで、軽く水かけに参加。
軽く遊んだところで、もちろんずぶ濡れになる。
でも楽しい。

通りがかりの若いファランと仲良くなり、一緒に遊ぶ。
補給用の水代もファランとシェア。

平和なソンクラーン。こういう水かけなら、大賛成だ。

日が沈むとともに、水もなくなる。
これが潮時。
周囲のバービアも後片付けを始める。
三々五々、水かけは終了となった。

LKメトロやソイブッカオの様子をパトロールしてみる。

L午後7時頃、LKメトロ内へ。

ソイダイアナ側は水かけ終了。

パタヤソンクラーン2018年3日目 (2)

ソイブッカオ側は、まだまだやっている。

パタヤソンクラーン2018年3日目 (1)

とはいえ、水鉄砲で派手に放水はなく、手桶で背中にかけられる程度。ま、それでもずぶ濡れになるのだが。

ソイハニーも似たような状況。一部では水かけ続く。

パタヤソンクラーン2018年3日目 (3)

セカンドロードへ。
ソイ10バービア群前では、派手に続いている。

パタヤソンクラーン2018年3日目 (4)

セントラルフェスティバル前のセカンドロード。たまたま車が少ない。

パタヤソンクラーン2018年3日目 (5)

たまにピックアップ上から放水する車もあるけれど、数はかなり少ない。この手のピックアップ軍団は、19日になると大量出現する。

パタヤカンとの交差点手前に貼ってある交通規制案内板。

パタヤソンクラーン2018年3日目 (6)

4月19日の午前6時から午後7時までは、セカンドロードからパタヤカンへの左折は禁止となる。
もちろん、パタヤカンからそのままビーチロードへの進入も不可。
19日のワンライ当日は、ビーチロードが歩行者天国となる。
セカンドロードからビーチロードへ至るソイも、通り抜けは不可。途中にあるホテルなどに用事があるなら進入可能。

ソイニュープラザに入ると、すでに水かけは終了。

ソイブッカオでは、一部で続いている。

パタヤソンクラーン2018年3日目 (7)

とはいえ、かなりクールダウン。
多くのバービアでは、後片付けをして、夜の通常バー営業形態に戻る最中。

ソイブッカオ界隈のバービアでは、夜7時から8時にかけて、水かけは終了。
あまり無理をして続けていると、飲み客がやって来なくなるし、そのあたりは良識的。
が、一部ではしつこく続けるのが、パタヤのソンクラーン水かけの悩ましいところ。
思わぬところで水かけをやっていて、油断していると、いきなりやられる。

 

本来なら、ソンクラーンは15日で終了。
が、パタヤの場合は、19日のワンライに最大のクライマックスを迎える。
16日以降も水かけは続く。
少しトーンダウンはするし、水かけを中休みするバービアもあるけれど、やっぱりどこかでは必ず水かけをやっている。
ソンクラーンは終わったはずだと油断しないように。
18日にまた盛り返して、19日がワンライ。
あと残り4日。
祭りに参加している人は、体調管理に気をつけて、残りを楽しみましょう。
祭りを忌避する人は、あと4日間籠もりましょう。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.