*

ムートートとホイトートで胃もたれ。脂分はビールで洗浄すべし。

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 2015年1月~3月パタヤ沈没日記 ,

26日目

昼飯はムートート

屋台でムートートとカオニャオを注文して手早く済ますことにした。

ムートートはその名のとおり、豚の揚げ物。
ムーが豚、トートが揚げる。

こんな屋台。
ムートート屋台

ここは多分、豚肉専門。
牛肉を扱っている屋台もある。
豚が10バーツ、牛が15バーツか20バーツくらいかな。

針金で吊るしてあり、個数を伝えると、針金ごとブチッと取ってくれる。
自分で選んで、屋台の人に取ってもらってもオッケー。

あとは、油で揚げるだけのシンプル極まりない一品。

3つ注文したので30バーツ。
カオニャオが5バーツだった。
計35バーツ。

この写真で30バーツ分のムートートとなる。
ムートートとカオニャオ

豚肉自体に味を染み込ませているようで、特にソースは必要なし。
そのままで充分食べられる。
美味しいし、ご飯がすすむけど、

油っけが多すぎるよう

食べ終わる頃には、下に敷いてある紙が油を吸い込んで、すっかり変色してしまっていた。

体には良くなさそうな一品でした。

夕食はタレートート

夕食をどうしようかと、ぶらぶらと夜のパタヤをふらついていると、セントラルフェスティバルにたどり着いてしまう。
たまには地下のフードコートで食べてみるか。

正直、ここのフードコートはあまりおいしくない。
中国人とロシア人ばっかりだし。まあ、ロシア人はルーブル暴落でかなり減ってきたけど。
値段も少し高め。
でも、初心者でも簡単に利用できるし、エアコンも効いていてとても涼しい。
ソイ10あたりのホテルを拠点していた頃は、毎日のように通っていたものだ。

ここで食べるメニューは、概ね決めてある。
チャーハンとチキンのセットか、パスタか、それと本日注文したこちら。

ホイトート
ホイトート(タレートート)

ホイトートと今まで思ってきたけど、メニューの文字を読んでみると、TALAY TODと書いてある。
貝だけじゃなくて、イカとエビも入っているから、たしかにシーフードだな。
(タレーが海のことで、転じてシーフードの意味となる。)

セントラルフードコートのホイトート

タイ風お好み焼きとも称される、この料理。
パリパリに揚げた生地で、貝やイカを包んだもの。
一番下にはキャベツではなく、モヤシが敷きつめてある。

最初の半分くらいまでは、とても美味しく食べられる。
熱々の鉄板もいい感じだ。
ぶつ切りのイカが食べごたえあり。
パリパリかつモッチリした生地の食感と、もやしのシャキシャキした食感、それと柔らかいシーフードがマッチして何ともいえない味わいなのである。
上にかけるチリソースとの相性も抜群である。

が、いかんせん、油っこい
調理しているところを見ていたけど、とにかくこれでもかと油をかけまくるのだ。
まあ、だからこそのパリパリ感なのだろうけど、半分くらい食べたところで胃もたれが始まる。
シーフードだけつまみ食いして、あとは残してしまった。

一皿80バーツ。
一人で食べきるには、ちょっとつらいので、何人かで分け合うくらいがちょうどいいかもね。

貝だけのホイトートの場合、たぶん60バーツ。

 

あ、よく考えれば、今日食べたのはトートばかりじゃないか。
ムートートとホイトート。
揚げ物づくしだ。
そりゃあ、胃もたれもするってものだ。

よし、脂分はビールで洗浄だ。

いつものバービアでひたすらビールだけ飲む。
3本で210バーツ。

もちろん、ビールで胃もたれが治るわけもなく、さらに重たくなった下腹部をひきずるようにして帰宅。

明日はどうしても避けられない用事がある。
早めに寝るとしよう。


関連記事

パッタイクン

ケバブとパッタイとバービアとイサーン語

21日目 起床後、下痢の痛みは治まっている。 念のため、買い置きしてあった薬を飲む。

記事を読む

ハッピーアゴーゴー

二日連続のウォーキングストリートゴーゴーバーめぐりは、久しぶりの再会の連続だった。

(6日目つづき) タイ彼女がホテルに戻ってフリーとなった友人と、ゴーゴーバーへ行くことになった

記事を読む

屋台のスルメ

スルメとロティをつまみにバービアで飲む

24日目 本日の昼食 無性にフィレオフィッシュが食べたくなる。 以前はコンビニに置いて

記事を読む

マリブゴーゴー

LKメトロのマリブとソイダイアナのバービア群。あと、パタヤの出張マッサージサービスについて。

37日目 おもらし嬢を見送ってから、一人でソイブッカオの市場へ。 昼食はぶっかけご飯

記事を読む

ノーティーガール

パタヤタイの屋台捜索からウォーキングストリートまで。ノーティーガールの20歳と再会。

42日目 昼飯はぶっかけ飯 もうあまりにも定番すぎてまったく新鮮味がないけど、昼食はいつ

記事を読む

LKメトロ

ファランと結婚するというバービア嬢と再会。ちょっと涙酒。

46日目 昼飯はガイヤーンとカオニャオ いつものイサーン料理屋台へ。 ラーブでも食べよ

記事を読む

Mちゃんの寝姿

18歳Mちゃんを部屋へ連れて帰るものの淡白なブンブン

30日目 バレンタインナイトから一夜が明けて、平常運行のパタヤ。 1月はかなり涼しかったけれ

記事を読む

虫料理屋台

イミグレと魚の干物と焼き肉とコオロギと。今宵のビールはうまい。

27日目 パタヤのイミグレーションで手続きあれこれ そろそろノービザ入国での滞在期限30日が迫っ

記事を読む

ソイエキサイト食堂2

ソイエキサイトの新食堂。ビリヤードに勝ち、ムーカタに負けた夜。

23日目 友人2人はバンコクへ。 エカマイ行きのバスも少し値下げになったようだ。 ソイレン

記事を読む

焼き鳥屋台2

ビール三昧のパタヤバービア沈没

沈没生活7日目 友人二人はパタヤを離れ、プーケットへ。 友人のタイ彼女は田舎へ戻るそうな。

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑