パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年1月~3月パタヤ沈没日記

ムートートとホイトートで胃もたれ。脂分はビールで洗浄すべし。

投稿日:2015年2月19日 更新日:

26日目

昼飯はムートート

屋台でムートートとカオニャオを注文して手早く済ますことにした。

ムートートはその名のとおり、豚の揚げ物。
ムーが豚、トートが揚げる。

こんな屋台。
ムートート屋台

ここは多分、豚肉専門。
牛肉を扱っている屋台もある。
豚が10バーツ、牛が15バーツか20バーツくらいかな。

針金で吊るしてあり、個数を伝えると、針金ごとブチッと取ってくれる。
自分で選んで、屋台の人に取ってもらってもオッケー。

あとは、油で揚げるだけのシンプル極まりない一品。

3つ注文したので30バーツ。
カオニャオが5バーツだった。
計35バーツ。

この写真で30バーツ分のムートートとなる。
ムートートとカオニャオ

豚肉自体に味を染み込ませているようで、特にソースは必要なし。
そのままで充分食べられる。
美味しいし、ご飯がすすむけど、

油っけが多すぎるよう

食べ終わる頃には、下に敷いてある紙が油を吸い込んで、すっかり変色してしまっていた。

体には良くなさそうな一品でした。

夕食はタレートート

夕食をどうしようかと、ぶらぶらと夜のパタヤをふらついていると、セントラルフェスティバルにたどり着いてしまう。
たまには地下のフードコートで食べてみるか。

正直、ここのフードコートはあまりおいしくない。
中国人とロシア人ばっかりだし。まあ、ロシア人はルーブル暴落でかなり減ってきたけど。
値段も少し高め。
でも、初心者でも簡単に利用できるし、エアコンも効いていてとても涼しい。
ソイ10あたりのホテルを拠点していた頃は、毎日のように通っていたものだ。

ここで食べるメニューは、概ね決めてある。
チャーハンとチキンのセットか、パスタか、それと本日注文したこちら。

ホイトート
ホイトート(タレートート)

ホイトートと今まで思ってきたけど、メニューの文字を読んでみると、TALAY TODと書いてある。
貝だけじゃなくて、イカとエビも入っているから、たしかにシーフードだな。
(タレーが海のことで、転じてシーフードの意味となる。)

セントラルフードコートのホイトート

タイ風お好み焼きとも称される、この料理。
パリパリに揚げた生地で、貝やイカを包んだもの。
一番下にはキャベツではなく、モヤシが敷きつめてある。

最初の半分くらいまでは、とても美味しく食べられる。
熱々の鉄板もいい感じだ。
ぶつ切りのイカが食べごたえあり。
パリパリかつモッチリした生地の食感と、もやしのシャキシャキした食感、それと柔らかいシーフードがマッチして何ともいえない味わいなのである。
上にかけるチリソースとの相性も抜群である。

が、いかんせん、油っこい
調理しているところを見ていたけど、とにかくこれでもかと油をかけまくるのだ。
まあ、だからこそのパリパリ感なのだろうけど、半分くらい食べたところで胃もたれが始まる。
シーフードだけつまみ食いして、あとは残してしまった。

一皿80バーツ。
一人で食べきるには、ちょっとつらいので、何人かで分け合うくらいがちょうどいいかもね。

貝だけのホイトートの場合、たぶん60バーツ。

 

あ、よく考えれば、今日食べたのはトートばかりじゃないか。
ムートートとホイトート。
揚げ物づくしだ。
そりゃあ、胃もたれもするってものだ。

よし、脂分はビールで洗浄だ。

いつものバービアでひたすらビールだけ飲む。
3本で210バーツ。

もちろん、ビールで胃もたれが治るわけもなく、さらに重たくなった下腹部をひきずるようにして帰宅。

明日はどうしても避けられない用事がある。
早めに寝るとしよう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2015年1月~3月パタヤ沈没日記
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.