*

ケバブとパッタイとバービアとイサーン語

21日目

起床後、下痢の痛みは治まっている。
念のため、買い置きしてあった薬を飲む。

下痢薬

下痢はタイ語で「トーンシア」。
トーンがお腹、シアが壊れる。
実に簡単な構造。

タイ語で「痛い」を表すには2種類ある。「ジェップ」と「プアット」。
タイ語の本によれば、ジェップが外部からの痛みで、プアットが内部の痛みだそうな。
マッサージされていて痛い時は「ジェップ」を使う。
二日酔いなどで頭(タイ語でフア)が痛い時は、「プアット(フア)」となる。

じゃあ、お腹が痛い時は、どっちなんだ?
「ジェップトーン」と「プアットトーン(ポットーンと聞こえる)」のどちらも使うみたい。
ジェップトーンが食あたりか何かでキリキリとする痛み、プアットトーンが食べ過ぎとか便秘とかでお腹がパンパンになって苦しい痛みのある状態、と勝手に解釈している。正しいかどうかは知らないのであしからず。
トイレに行く女性に「ポットーン?」と聞くと、ちょっと照れたように怒られることがあるので、何となくハズレてはないような気もするのだが。

本日の昼飯はケバブ

ケバブ屋

下痢気味のためタイ料理は遠慮しておく。
で、なぜかケバブ。
辛くないからいいかなと判断。
ちょっと生野菜が怖いけど。
60バーツ。

どうでもよいが、わたしはキュウリが嫌いである。タイ語でテンクワー。
よって、ケバブを注文するときは、必ず「マイサイ テンクワー」と言うようにしている。
入れてほしくない野菜があって、タイ語名がわからない時は、その野菜を指さしながら「マイサイ」と言えば通じるはずだ。

バービアとイサーン語

夜。
昨日の18歳の新人バービア嬢のバービアへ。
予想通り、その新人バービア嬢は姿を現さず。
でも、ペイバー不可のママさんの娘を相手に楽しく飲む。

バービア化粧品移動屋台

通りがかりの化粧品屋台売りで物色するママさんの娘。
高校卒業したばかりで、おしゃれを覚えるのはこれからだ。

ビール一本のみ60バーツ。
娘にチップ20バーツ。

もう覚えましたね?
イサーン語で20のことは、「サーオ」と言う。
「ハイ サーオ バー」で20バーツあげるという意味だ。
イサーン出身の女性に使ってみよう。
ゴーゴーバーで同席したダンサーにチップ100バーツ頂戴とおねだりされたら、
にっこり微笑んで「サーオバーna」と20バーツ札を進呈しましょう。
たぶん、笑って許してくれるでしょう。
いや、熱烈な接待を受けたなら、100バーツくらい渡して当然だと思うけどね。

本日教えてもらったイサーン語

スーニャン」=名前は?
スーヤンともスーイヤンとも聞こえる。
タイ語で言う「チューアライ」。

サワーオ」=黙れ。
英語で「Shut up シャラップ」のことだと教えてもらう。
タイ語は聞きそびれた。

表記はすべて耳で聞いた通りに書いているので、不正確な可能性大。
実際にイサーン人相手に何度も発音してみて、その場で修正してもらいましょう。

本日の夕食はパッタイ

パッタイ屋台

屋台でパッタイを購入。エビ入りなのでパッタイクン。
イカも入れたければ、パッタイタレーとなる。
具なしの場合は、「タマダー」と言えばよい。

パッタイクン

パッタイクンで60バーツ。
パッタイは意外と高い。
カロリーも高い。砂糖をたっぷりと入れるからだ。
体に悪そうな食べ物である。
でも、まあそこそこうまい。
たまに無性に食べたくなるが、そう度々食べたいものではないかな。

この屋台では、麺がきしめんのような太麺のみだけど、屋台やレストランによっては、細麺やバミー(卵麺)なども揃えている。

夜への散開

すでに集まっていた友人たちとバービアで合流。
パッタイを食べながら、軽く飲む。

ちょっと話をしたり、ビリヤードしてから、それぞれ夜の相手探しとなり解散。
今回は人数が多いこともあり、夜は別行動が多い。
4人でずっと行動していても大変だしね。

わたしは、一週間ほど前にペイバーしたスレンダーバービア嬢が気になってしょうがない。

バービア嬢

が、連絡しても今日は休みと言われるばかり。
どうなっているのやら。さては太客ができたかな。

腹の調子が悪いので、ビールは控えめにせねば。
と思いつつも、やっぱりバービアめぐりだけはやめられない。
なじみのバービアを2軒ほどはしご。
でも、それぞれ1本ずつで我慢しておく。

今日は大人しく帰ろうかな。

(でもやっぱり続く)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ドンムアンからパタヤバス (27)

両替、送金、散髪、買い物など、パタヤ到着の昼間は用事がたくさん。

無事にイミグレーションを通過して、バスを乗り継ぎパタヤへ向かう。 が、エアポートバスの始発が7時半

記事を読む

マリーンシーフード2

パットママーとマリーンシーフード

沈没生活6日目 パットママームー 本日の昼食はパットママームー。 昨日と同じ屋台で注文した。

記事を読む

パタヤ看板

2015年1月~3月パタヤ50日夜遊び生活終了。滞在費と夜遊び代のまとめ。

ほぼ2ヶ月、正確には50泊51日にわたるパタヤ夜遊び沈没生活が終了した。 毎度恒例となりつつあ

記事を読む

エアポートクラブ

久しぶりに入ったエアポートクラブは、馬鹿騒ぎ健在でやっぱり楽しかった。

(夜の部つづき) ウォーキングストリート 夜、再合流して3人でウォーキングストリートへ。

記事を読む

セントラルフェスティバル

セントラルフェスティバルパタヤ。AISとマックガパオとダイソーとユニクロと本屋。

36日目 セントラルフェスティバル セントラルフェスティバルパタヤ。 タイ人の間での呼

記事を読む

ブリスラウンジ

ブリスラウンジ見学。彼氏がいると正直に告白するバービア嬢。

44日目 昼過ぎ、当ブログの読者さんと待ち合わせ。 軽くお茶をしながら、お互いの夜遊び話に華

記事を読む

バレンタインデー屋台1

パタヤ、恋人たちの聖なる夜は真紅のバラのように燃え上がるのか

(つづき) バレンタインバービア ブログ進行上はややディレイしているが、本日はバレンタインデーな

記事を読む

カエルの揚げ物

ソイアルノタイのバービア探訪。カエルを食べて、最後はファランに飲まされ撃沈。

17日目 お昼ごろ、友人の宿泊するホテルへ。 現在泊まっている部屋があまり気に入らず、バスタ

記事を読む

バービア嬢

ノースパタヤからブッカオまでバービアめぐり。最後は22歳をペイバー。

(48日目続き) ドリンキング・ストリート ナックルアのバービア捜索を終えて、ノースパタ

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

アドステア

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑