*

ケバブとパッタイとバービアとイサーン語

21日目

起床後、下痢の痛みは治まっている。
念のため、買い置きしてあった薬を飲む。

下痢薬

下痢はタイ語で「トーンシア」。
トーンがお腹、シアが壊れる。
実に簡単な構造。

タイ語で「痛い」を表すには2種類ある。「ジェップ」と「プアット」。
タイ語の本によれば、ジェップが外部からの痛みで、プアットが内部の痛みだそうな。
マッサージされていて痛い時は「ジェップ」を使う。
二日酔いなどで頭(タイ語でフア)が痛い時は、「プアット(フア)」となる。

じゃあ、お腹が痛い時は、どっちなんだ?
「ジェップトーン」と「プアットトーン(ポットーンと聞こえる)」のどちらも使うみたい。
ジェップトーンが食あたりか何かでキリキリとする痛み、プアットトーンが食べ過ぎとか便秘とかでお腹がパンパンになって苦しい痛みのある状態、と勝手に解釈している。正しいかどうかは知らないのであしからず。
トイレに行く女性に「ポットーン?」と聞くと、ちょっと照れたように怒られることがあるので、何となくハズレてはないような気もするのだが。

本日の昼飯はケバブ

ケバブ屋

下痢気味のためタイ料理は遠慮しておく。
で、なぜかケバブ。
辛くないからいいかなと判断。
ちょっと生野菜が怖いけど。
60バーツ。

どうでもよいが、わたしはキュウリが嫌いである。タイ語でテンクワー。
よって、ケバブを注文するときは、必ず「マイサイ テンクワー」と言うようにしている。
入れてほしくない野菜があって、タイ語名がわからない時は、その野菜を指さしながら「マイサイ」と言えば通じるはずだ。

バービアとイサーン語

夜。
昨日の18歳の新人バービア嬢のバービアへ。
予想通り、その新人バービア嬢は姿を現さず。
でも、ペイバー不可のママさんの娘を相手に楽しく飲む。

バービア化粧品移動屋台

通りがかりの化粧品屋台売りで物色するママさんの娘。
高校卒業したばかりで、おしゃれを覚えるのはこれからだ。

ビール一本のみ60バーツ。
娘にチップ20バーツ。

もう覚えましたね?
イサーン語で20のことは、「サーオ」と言う。
「ハイ サーオ バー」で20バーツあげるという意味だ。
イサーン出身の女性に使ってみよう。
ゴーゴーバーで同席したダンサーにチップ100バーツ頂戴とおねだりされたら、
にっこり微笑んで「サーオバーna」と20バーツ札を進呈しましょう。
たぶん、笑って許してくれるでしょう。
いや、熱烈な接待を受けたなら、100バーツくらい渡して当然だと思うけどね。

本日教えてもらったイサーン語

スーニャン」=名前は?
スーヤンともスーイヤンとも聞こえる。
タイ語で言う「チューアライ」。

サワーオ」=黙れ。
英語で「Shut up シャラップ」のことだと教えてもらう。
タイ語は聞きそびれた。

表記はすべて耳で聞いた通りに書いているので、不正確な可能性大。
実際にイサーン人相手に何度も発音してみて、その場で修正してもらいましょう。

本日の夕食はパッタイ

パッタイ屋台

屋台でパッタイを購入。エビ入りなのでパッタイクン。
イカも入れたければ、パッタイタレーとなる。
具なしの場合は、「タマダー」と言えばよい。

パッタイクン

パッタイクンで60バーツ。
パッタイは意外と高い。
カロリーも高い。砂糖をたっぷりと入れるからだ。
体に悪そうな食べ物である。
でも、まあそこそこうまい。
たまに無性に食べたくなるが、そう度々食べたいものではないかな。

この屋台では、麺がきしめんのような太麺のみだけど、屋台やレストランによっては、細麺やバミー(卵麺)なども揃えている。

夜への散開

すでに集まっていた友人たちとバービアで合流。
パッタイを食べながら、軽く飲む。

ちょっと話をしたり、ビリヤードしてから、それぞれ夜の相手探しとなり解散。
今回は人数が多いこともあり、夜は別行動が多い。
4人でずっと行動していても大変だしね。

わたしは、一週間ほど前にペイバーしたスレンダーバービア嬢が気になってしょうがない。

バービア嬢

が、連絡しても今日は休みと言われるばかり。
どうなっているのやら。さては太客ができたかな。

腹の調子が悪いので、ビールは控えめにせねば。
と思いつつも、やっぱりバービアめぐりだけはやめられない。
なじみのバービアを2軒ほどはしご。
でも、それぞれ1本ずつで我慢しておく。

今日は大人しく帰ろうかな。

(でもやっぱり続く)


関連記事

ハッピーアゴーゴー

二日連続のウォーキングストリートゴーゴーバーめぐりは、久しぶりの再会の連続だった。

(6日目つづき) タイ彼女がホテルに戻ってフリーとなった友人と、ゴーゴーバーへ行くことになった

記事を読む

デビルズデン

残り二日のパタヤ滞在。読者さんの夜遊び報告と、宿代の支払い。

49日目 いよいよパタヤ滞在も残り二日となった。 あさってには日本へ帰国する予定だ。 最後

記事を読む

バービア嬢31歳

21歳と31歳のバービア嬢と飲む。バービア遊びの楽しみを再実感。

40日目 逆ペイバー嬢とは、少々不本意な結果に終わったけれど、実はそれほど気にしていない。

記事を読む

ブッカオ2階建てバービア

パタヤ初日の夜はひたすらバービア飲み歩き

(初日昼の部からのつづき) まず食事。 ブッカオの南側にある屋台でバミーナム。

記事を読む

ブリスラウンジ

ブリスラウンジ見学。彼氏がいると正直に告白するバービア嬢。

44日目 昼過ぎ、当ブログの読者さんと待ち合わせ。 軽くお茶をしながら、お互いの夜遊び話に華

記事を読む

テキーラローズ

元バービア嬢姉さんに飲まされた夜。性格とスタイルの良いバービア嬢にフェーンができていた。

パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入した。 あと一ヶ月弱あるが、特にやることに変わりなし。 いつもどお

記事を読む

ジョムティエン (2)

ジョムティエンの夜遊びめぐり。巨大バービア群、Rompho Complex。

(つづき) スワンナプーム空港行きのエアポートバス乗り場から、歩いてジョムティエン方面へ。

記事を読む

ビーチロード屋台カブドガニ売り

ビーチロードのカブトガニ、ソイヤマト、新人バービア嬢、最後はLKメトロでイカチュー

(42日目続き) ノーティーガールで20歳のかわいいスレンダー嬢と再会してから、ウォーキングス

記事を読む

コヨーテバービア

ソイ6からドリンキングストリートまで、ノースパタヤの夜遊びスポットめぐり

パタヤ沈没10日目 本日の昼飯 なんとなくコンビニ弁当を選択。 魚のチリソース炒めご飯

記事を読む

ソムタム

ブッカオのバービアで今回初のペイバーするも不発におわる

(10日目つづき) まだまだ続くバービアめぐり ノースパタヤのバーめぐりを終え、ソイ6からソンテ

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑