パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー 夜遊び情報

新ゴーゴー、YES!? 復活ウィンドミルとライトハウス訪問レポ

投稿日:

日本ではお盆休みが完全に開けた月曜日。
昨晩のウォーキングストリートの様子です。

Walking street 20170822 ウォーキングストリート

訪問したのは深夜0時過ぎ。
最も客が少ないと言われている月曜日夜中のわりには、そこそこ人通りが多い。
やはり、アラブとインドが中心。あと韓国人っぽいアジア系も多い。
日本人はめっきり見かけなくなった。

あと、ウォーキングストリートではないが、バービア群にも妙に韓国人が多い。
8月15日は韓国では祝日らしいけど、そのまま夏休みを取っている人が多いのか。

ちなみに、今年2017年10月3日から9日まで、韓国はゴールデンウィークで一週間休みとなるそうだ。
この時期のウォーキングストリートは韓国人で溢れかえりそう。
さらには、10月1日から7日までは中国の国慶節がらみの休日で人民大移動。
10月上旬はやばそうな予感。ファランと日本人が少ないだろうから、年末年始よりはマシだろうけど。

YES! A GO GO

ダイヤモンドアーケードを歩いていると、新しいゴーゴーバーの看板を見つけた。
以前、スーパーベイビーがあった場所だ。

Yes a gogo

名前は、YES!
中は見えないが、外観はほぼ完成している。
すぐにでもオープンできそうな気配だけど、はたして無事に開業できるのか。
新規出店が規制されている中、Tantraは無事にオープンして、Pachaは開業できないまま。
さっぱりわからないウォーキングストリートのゴーゴーバー事情。
まあ、気長に待ちましょう。

ソイダイヤモンドにGentlmen's Clubという名前のゴーゴーバーがあった。ここは日本人経営を謳っていたが閉店。その後、ずっと放置状態となっていたが、店内大掛かりな工事を開始している。

P1330929

はたして、次は何になるのかは不明。
隣はレディボーイ専門店だけど、2軒並びになるのだけは勘弁してほしいなあ。

ウィンドミル Windmill

windmill

8月19日、無事に営業再開をはたしたウィンドミル。
再開後、初入店となった。

1階はわりと空いている。というか、ちょっと寂しい客入り。
月曜日夜ともなれば、常連系ファランの客足は遠のく。
日本人もあまり来ない。よって、客入りは悪い。
ハデな狼藉騒ぎをしているファラン客もほとんどいない。盛り上がりにかけるなあ。

ウィンドミルは、バカラと同じく、自分で伝票とドリンクを持って運べば、1階と2階の行き来は可能。
どうせなら1階と2階の両方を楽しんだほうがいい。ただ、グループの場合、混雑時は席の確保が難しいだろうけど。一人なら余裕。

2階もかなり空いている。
奥のほうが日本人らしきグループが派手に遊んでますな。いい感じ。
でも、それ以外は盛り上がらず。中央のマットかぶりつき席で沈没系ファランがちびちびビールを舐めている光景はいつもどおりだが、あとは静か。
ダンサーもあまりやる気がなさそう。
ファランボス(マネージャー?)がダンサーたちを叱咤激励して踊らせていた。「踊らないならノーサラリーだぞ」と怒っていた。管理が大変そうだなあ、ゴーゴーバーは。

ダンサーレベルはいつものウィンドミル2階。
今日が初日というダンサーは、純朴そうな表情で恥ずかしげに腰をくねらせていた。

空いていて見やすいのはいいけれど、もうちょっと盛り上がってくれないと、ウィンドミルは楽しくない。
まあ、かくいうわたしもビールをちびちび舐めている派なんで、まったく盛り上がりには貢献してませんが。

おっと、インド人グループが2階に上ってきた。
ウィンドミルでインド人を見るのは初めてかも。
きちんと全員ビールをオーダーしていた。
ウィンドミルもインド・アラブ系入店オッケーかあ。
ファラン客もタイ人ダンサーもインド系を嫌うけど、商売のためには背に腹は代えられないのかね。
一昔前には、韓国・中国も入店お断りのゴーゴーもあったからなあ。今では考えられないけれど。

ライトハウス Light House

ライトハウス Lighthouse

続いてライトハウスへ。
久々の入店。

何かのパーティ開催なのか、ダンサーはほぼ全員すけすけランジェリー姿。
中には、ランジェリーの下にブラをつけていて興ざめ。
でも、全体的にはわりとレベル高し。スタイルのいいスレンダー系が中心。顔は二の次にしてスタイルはいい。
特に、腕にスーパーマリオとクレヨンしんちゃんのタトゥーを入れているダンサーは身長が高くて腰のクビレもあって、スタイルは紛うこと無き1軍クラス。顔はまあ好みの問題で。
いわゆる日本人韓国人好みは少なめかなあ。かといって、もろにファラン好みの南国系の顔立ちも少ない。
むしろ、長身好みだという中国人向けかも。

客入りは惨憺たるもの。
ファラン一人、中国系らしき客2人、韓国人っぽいのが2人。計5人。
途中でファランが入ってきたが、席に座ることなく、踵を返していた。

以前のライトハウスとは、ちょっと雰囲気が変わってきたかも。
これならブリス(Bliss)のほうがダンサーの人数もラインナップも幅広くて楽しめそうな気がする。
スレンダー系が好みならライトハウスもいいかな。

シャーク系列店では、ブリスが一番好きです。

本日これまで。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-ゴーゴーバー, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.