パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー 夜遊び情報

【昨晩のLKメトロ】天蓋付きバチェラーと、アラーム付きカオス

投稿日:

日本はお盆休み真っ盛りで日本人がめっきり増えたパタヤ。
昼間のソイブッカオを歩く日本人が明らかに多い。バイクに乗った日本人とすれ違う機会も増えた。みなさん、安全運転でどうぞ。

バチェラー Bachelor

昨晩の夜遊びはLKメトロから。

昼間にLKメトロを通りかかると、バチェラー前で何やら木工作業中。

Bachelor バチェラー (1)

ふむ、何を作るつもりか。てっきり、お盆休みにも鳥居をそのまま使用するものだと思っていたのだが。

夜。バチェラー前でびっくり。

Bachelor バチェラー (3)

なんじゃこりゃ。
ひらひら付きの天蓋ができとる。
さらに風船ゲートまで。
入りづらいなあ。

ちなみに、名称不明のパーティ開催日。
豚の丸焼きはすでに終了。冷え切ったポテトとソーセージだけ残っていた。寂しい。

いつもはあるドラフトビールの提供は無し。コーラが75バーツ。

店内はほどほどの客入り。パーティ開催日のわりには空いているか。
日本人とファランが半々といったところ。

ステージ上にダンサー6人ほど。待機中5,6人。あとは接客中とペイバー済み嬢数人。
やはり、早い時間帯から日本人がペイバーしていくようだ。

平均年齢高めのラインナップなのは相変わらず。でも、露出度も高い。上も下もあけっぴろげだ。
1ステージが長めでけっこう退屈しがち。
ようやく2ステージ目へ。おっと、こちらは平均年齢が下った。露出度も下ったが、このレベルなら我慢できる。
ツインテールの髪型のダンサーは日本人好みの顔立ちとスタイルと肌の白さ。なんで、まだ残っているんだろう。

冷えたポテトとコーラの食べ合わせに飽きたの、もそもそと撤退。

店内から出て、また天蓋をくぐる。

Bachelor バチェラー (2)

お姫様じゃあるまいし、男は喜ばんでしょう、この天蓋。

翌日昼間に撮影した様子
Bachelor バチェラーの門 (1)

Bachelor バチェラーの門 (2)

ハリボテ…

バチェラーよ、本当にどこへ向かおうとしているんだ。
陰ながら応援させていただきたい。

カオス Kaos

Kaos カオス (1)

つづいてカオスへ。

昼間の様子
Kaos カオス (2)

この日は、呼び込み多数。
わたしが入店しようとすると、3人まとめてついてきた。

3人とも、そこそこのルックス。スタイルもまずまず。でも年齢層は高め。平均すると26歳。

ステージは一人用お立ち台が5つ並ぶだけの小さなハコ。
音楽はYoutubeでもなく、単にMP3音源を再生させているだけ。しかも音量控えめ。
でも、営業は控えめではない。
かなり積極的ですな。とはいえ、強引な雰囲気でもなく、断りつつも和気藹々と楽しめる。
カオス、けっこう好きかも。

ちなみに、カオスのリンガベルは、2種類。
一つは、ステージ上のダンサー全員にドリンク進呈で、お値段500バーツぽっきり。
もう一つは、スタッフ全員におごって、最大2500バーツ。
ベルじゃなくて、アラームを鳴らすタイプだけど、500バーツは安い。アラーム鳴らすと、サイレンが唸るシステム。誰かやってほしい。

客は全部で7,8人。
ファラン少々、あとは日本人でしょう。ほぼ単独客ばかり。

途中で日本人らしきグループ客3人が入ってきた。
うち2人はトイレへ直行、一人はタバコを吸いながら席に座る。
てっきり飲んでいくものかと思いきや、2人がトイレから戻ると、そのまま全員出ていった。
おいおい、ただのトイレ利用かよ。
だったら5バーツの公共トイレへ行けよ。
まあ、すでに一度入店済みで店の人とは顔なじみになっていて、トイレだけ貸してもらった可能性もあるけれど、ちょっとかっこ悪いなあ。
インドやアラブのことは馬鹿にできないな。

 

ちなみに、この後訪れたバービアでの話。
インド人4人組が来店。
ドリンクをオーダーすることなく、そのうちの一人がいきなり無料のビリヤード台を使おうとした。ママさんがいさめて、とりあえず一人にオーダーさせる。
残りの3人はオーダーなし。ようやく一人が説得に応じて着席して、ドリンクをオーダー。でも、残りの2人は最後までオーダーすることなく、立ったままだった。

どうやって、インドやアラブの人たちに普通の遊び方や立ち振舞方を教えて、身につけさせればいいのか。これだけインドとアラブが増えてきたパタヤでは、本気で啓蒙活動が必要かもしれない。
アラブは比較的金持ちが多いし、おだててやれば平気でカネをばらまくんで、それなりに歓迎されているけど、インドは強敵だよなあ。

中国や韓国の客は、ゴーゴーに入店して、ドリンクオーダーすることなく、ステージ脇をぐるぐるまわって物色、さらには待機中のダンサーの顔をまじまじと確認していく変な客もいる。あげくに首を振りながら、退店していく。女を商品としてしか見ていないのが明白。

まあ、日本人でもファランでも同じようなことをする人はいるんで、これまた同様か。
人のふり見て我がふり直せ。
自分も気をつけよう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-ゴーゴーバー, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.