*

屋台のガパオムーとFUJIのトンカツ定食。タイ彼女つきの友人とゲイの友人、来たり。

沈没生活5日目

本日の昼食

屋台のガパオライス
ガパオムーサップカイダーオドゥアイ。
ムーサップで豚のミンチ肉、カイダーオで目玉焼き、ドゥアイが一緒に、という意味だ。

「ペッマイ?(辛くする?)」と聞かれる場合が多く、辛さはお好みで。タイ人仕様にすると激辛となるので要注意。
「アオペッニッノイ(ちょっとだけ辛くして)」と言うくらいが無難。

ガパオ屋台

おばちゃんがミンチ肉をフライパンに投入。ミンチ肉はビニール袋に入れて保存しているようだ。
炎天下の屋台でどこまで衛生的なのかはわからないけど、とりあえず大丈夫。

この屋台のガパオは実にシンプルなレシピ。
具は、豚肉とバジルのみ。
あまりごちゃごちゃと具材が入っているのは好きじゃない。これくらいシンプルなのが好みだ。

ガパオムーカイダーオ

できあがり。
50バーツ。目玉焼きを乗せなければ40バーツ。最近の屋台や食堂ではこれが相場。
たまに、30バーツか35バーツで提供しているところもあるが、もうかなり少なくなった。

さて、お味のほうも、かなりシンプル。
数日前にブッカオの名無し食堂で食べたものよりかは、おいしい。
まあ、あれだけシンプルな作り方なので、調味料の配合さえ間違わなければ、まずくなるはずがないんだけど。

セントラルフェスティバルのFUJIレストラン

夕方、見慣れぬ電話番号から入電。

「ヘロー」
「あ、もしもし」

おっと、日本語だ。
そうか、日本から友人二人がパタヤへやって来る日だった。

一人は少し年上、もう一人はとっくの昔に定年退職した齢70歳の好々爺。
70歳だけど、まだまだ元気で、年に数回海外旅行に出かけている。

二人はパタヤに到着して、すでにホテルにもチェックイン済み。
これから食事に行かないかとの誘いだった。

セントラル・フェスティバルで待ち合わせ。
久しぶりの再会。

おっと、若い方の友人はタイ彼女付きじゃありませんか。
イサーンの田舎から呼び出したようだ。

計4人で食事。
友人二人は、あまりタイ料理を好まず、もっぱら日本食レストランを利用している。
あと、タイ彼女も日本食を食べたいらしく、FUJIレストランへ。

わたしはとんかつ定食を注文。味は、まあ決して不味くはない程度。

フジのトンカツ定食

お二人に奢っていただく。ありがたや。

自分一人だと、まずこういった日本食レストランに来ることはない。
主たる理由はお金がないことだけど、一人で入りにくいことも確か。
あと、せっかく海外にいるのに、わざわざ日本食でもなかろうという理由もある。

予算に余裕があれば、たまには日本食も悪くない。
いや、悪くないどころか、海外での滞在が長くなるにつれ、久々に飲む味噌汁の味は格別なものがある。FUJIレストランクラスの味でも感動してしまうほどだ。
が、愛郷の念よりも大事なものは夜遊びにかけられる予算だ。
これは譲れない。
そんなわけで、たとえ滞在が数ヶ月になろうと、わたしは日本食レストランへは行かないのである。

と言いつつ、かわいい子にシャブシへ連れて行ってと頼まれたら、予算オーバーを承知でオッケーしてしまうのだが、これはもうしょうがない。男の性とはそういうものだ。

友人のタイ彼女は、サバ定食を食べていた。
「イサーンの田舎にサバってあるの?」
と、聞いてみると、「ミー」と勢い良く答える彼女。
ティービッグシー
ビッグCに売っていると。
そりゃあそうだ、と笑う日本人三人であった。

ウォーキングストリートへ

ウォーキングストリート2015

食後、軽くバービアで時間をつぶしてから、ウォーキングストリートへ。
ひさびさだなあ。
今回の滞在5日目にして初のウォーキングストリートだ。

ほとんど来なくなったとはいえ、パタヤナイトライフのメインがウォーキングストリートであることに変わりはない。
一度くらいはのぞいておかないとね。

ウォーキングストリート2015-2

やっぱり、このドギツいネオンの洪水と、呼び込みの甲高い声の奔流を浴びると、否が応でもテンションが上がるってものだ。
いいね。

友人二人が宿泊しているのがダイヤモンドビーチホテル
ウォーキングストリートのど真ん中の立地。

ダイヤモンドビーチホテル

ウォーキングストリートメインで夜遊びしようと考えている人には、最高のホテルだ。
このハイシーズンでも1泊900バーツほどとコストパフォーマンスは高い(ウォークインの値段)。
朝食をつけるとプラス100バーツ。
食べたことはないけれど、朝食のカオトム(雑炊)がすごく美味しいらしい。
ただ、昼間のウォーキングストリートは閑散としていて、あまり食事をするところがないのが難点か。
コンビニはたくさんあるけど。

さあ、この最高の立地条件のホテルから、遊びに繰り出すぞ。
とはいかない。

友人一人は、タイ彼女連れ。
もう一人の70歳は、ずばりゲイだ。
女に興味はなくて、もっぱらボーイ専門(決して未成年の少年という意味ではなくて、見た目が細くて可愛らしい20歳前くらいの男性ね)。

関連記事:ゲイの知り合いがパタヤへやって来た

が、最近では、ロシアやウクライナのスラブ系の若い白人女性に興味が移ってきたらしい。
齢70を越えて、なお元気盛んである。
わたしもこんなジジイになれるだろうか。

そんな二人+タイ彼女を連れて、女性だらけのゴーゴーバーへ行くわけにもいくまい。
長旅の疲れもあるという三人はホテルの部屋へ戻るという。

ここでバイバイ。

まあ、せっかく久しぶりにウォーキングストリートまで出てきたのだ。
一人でゴーゴーバーでもまわってみようかな。

(つづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

パッタイクン

ケバブとパッタイとバービアとイサーン語

21日目 起床後、下痢の痛みは治まっている。 念のため、買い置きしてあった薬を飲む。

記事を読む

PPマッサージ

いつもと変わらぬパタヤ沈没生活

パタヤ8日目 本日の昼飯 ブッカオの市場でぶっかけ飯。 節約生活の強い味方だ。 メニュー

記事を読む

焼き鳥とカオニャオピン

中華弁当と焼き鳥屋台。バービア嬢から逆ぺイバーを迫られる。

38日目 昼飯は中華弁当 食選びに面倒になった時、重宝するのがコンビニ弁当。 意外とメニューも

記事を読む

名無し食堂のガパオ

やっぱり味の落ちたブッカオの名無し食堂

友人らとブッカオの名無し食堂で昼食を取ることにした。 ソイブッカオ沿い、ちょうどソ

記事を読む

カエルの揚げ物

ソイアルノタイのバービア探訪。カエルを食べて、最後はファランに飲まされ撃沈。

17日目 お昼ごろ、友人の宿泊するホテルへ。 現在泊まっている部屋があまり気に入らず、バスタ

記事を読む

タンブンワットチャイモンコン (10)

バービア嬢とワットチャイモンコンでタンブン

47日目 本日は、マーカブチャ。仏教の祝日だ。 禁酒日であり、多くのバーが休業する。

記事を読む

18歳バービア嬢M

18歳バービア嬢攻防戦。ママさんとの熾烈な戦いに勝利せよ。

20日目 夕方、所用のため友人らと合流。 用事を終えて、路上でたむろしていると、すぐ近くにあ

記事を読む

マリブゴーゴー

LKメトロのマリブとソイダイアナのバービア群。あと、パタヤの出張マッサージサービスについて。

37日目 おもらし嬢を見送ってから、一人でソイブッカオの市場へ。 昼食はぶっかけご飯

記事を読む

18歳バービア嬢M2

まさかの18歳新人が再降臨でペイバーする

(夜の部つづき) 夜のパタヤをさまよう。 おっと、まあまあスリムでかわいいバービア嬢から呼び

記事を読む

ソムタム

ブッカオのバービアで今回初のペイバーするも不発におわる

(10日目つづき) まだまだ続くバービアめぐり ノースパタヤのバーめぐりを終え、ソイ6からソンテ

記事を読む

アドステア

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑