*

ゲイの知り合いがパタヤへやって来た

公開日: : エッセイ ,

gay-pride

少し前の話。
知り合いがパタヤへ遊びに来た。
この人は、もう定年をすぎて悠々自適の生活をしている好々爺だ。

が、ずばり、ゲイである。

それもボーイが好きなゲイである。
彼の名誉のために言っておくと、決して少年が好きなわけではない。
あくまで20歳前後で見た目や仕草が少年っぽい雰囲気の男が好きだとのこと。
ペドフィリアではないのだ。
(パタヤでは、ファランのペドフィリアが逮捕されるというニュースをわりと頻繁に見かける。)

また、日本ではちゃんと結婚して子どももいるので、別に女嫌いというわけではない。
わしは両方いけるクチや」と念を押していた。
でも、年を取ると、いろいろややこしい女とやるよりも、可愛らしくておとなしい少年のような男と添い寝をするほうが満足できるとのこと。

まあ、どっちにしろ完全なノンケにはよくわからない世界ではある。

バンコクのソイ・トワイライトや、パタヤのボーイズタウンでは何度か遊んだ経験があるそうだ。
もっと珍しいところを案内してほしいとの要望。

いや、そう言われてもノンケのわたしには困るのだが、多少の知識はあるので案内することに。

 

昼間は、パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム裏手にあるボーイズマッサージ屋へ案内。
この辺りには、数軒ほどのボーイズマッサージ屋が点在している。
どこも若い男がマッサージを施してくれる店だ。
店頭に男たちが並んでいるのですぐにわかるだろう。
一時間200バーツほど。
さすがに店内でスペシャルサービスはなさそうだが、仲良くなれば遊びに行けそうな雰囲気。
ママさんがいたのでちょっと話してみると、ホテルへの出張サービスも可能とのこと。
「どうですか?」
と知人に聞いてみると、あまり好みではなさそうに首をふる。
なかなか難しい。

 

夕方になり、SUNEE PLAZAへご案内。
ここはセカンドロード・ソイ17、別名ソイVC内の一角にある、巨大なボーイズバービア群。ゴーゴーボーイも何軒かある。
バービアの店先では、おじいさんファランが若い男をはべらせて飲んでいる。
知人は、そんな雰囲気に押されたのか、ちょっと入りづらそうだ。
でも、こんな場所があるのかと驚いていた。
ウォーキングストリートへも近いが、あまり知られていない。まあ、女遊び目当ての男には、そもそもまったく必要がない知識なのだが。
その筋の愛好家向けに一応、場所を説明しておくと、セカンドロードをジョムティエン方面へ直進して、ソイ17の標識があるので、そこで左折して、ひたすら直進すると右手に大きなアーケードがあるのですぐにわかる。
セカンドロードを左折する目印は、ソイ17の別称の由来となった「VCホテル」。最近、このホテルの一階に新しいマクドナルドができたのでわかりやすい。
セカンドロードを渡れば、ソイマリーンの入り口でウォーキングまで歩いて数分の立地。意外と便利なホテルかも。

VCホテルをagodaでチェック

 

他にもノンケの知り合い二人と一緒だったので、その後は全員でウォーキングストリートにある普通のゴーゴーバーにも入る。
ゲイの知人は、女目当てではないので、退屈そうだ。
しかたない。
ウェイトレスを呼んで、話をしてみる。

女はいらない。この人は若い男が好きなんだ。誰か知らないか?

すると、ウェイトレスはバーの外へ出て、呼び込みの男を連れてきた。
20代前半だろうけど、ヒゲをたくわえた立派な成人男性だ。

この人でどう?」とウェイトレス。

話にならんと、手を振る知人。
わしは、ボーイが好きなんや。男はいらん
うーん、やっかいだ。

結局、知人のおメガネにかなうボーイは見つけられなかった。

知人は、
「あなたたちは楽しんで来な。わしは一人で行ってくるわ」
と、言い残し、さっそうとボーイズタウンに消えていくのであった。

 

あまり期待に応えられず申し訳ない。
今度は、ゲイのハッテンバとして名高い某サウナにでも連れて行こうか。
いや、こっちも一緒に入浴するわけで、そうすると他のゲイたちの格好の餌食となりそうな嫌な予感がする。
やっぱりやめておこう。
想像するだけで、ノンケの身には寒気がする。

 

まあ、いろんな趣味の人を満足させてくれる欲望と快楽と退廃の町、パタヤ。
そんなパタヤが大好きだ。

でも、やっぱり、わたしは女のほうがいい。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(8月6日更新3軒追加)


関連記事

Hole

あなたは友人と同じアナの兄弟になれるか?

とあるバービアでの話。 友人A氏がバービア嬢をペイバーした。 サービスはすこぶる上等だっ

記事を読む

Book of Shimokawa

下川裕治ひさびさのタイ本、「週末ちょっとディープなタイ旅」レビュー。ナタリーも登場するよ。

タイに関するトラベルライターといえば、下川裕治さん。 ガイドブック的ではない、タイの庶民目線か

記事を読む

81Yo5JtUXeL._UL1500_

タイ・パタヤ夜遊びで持ち歩くものは?カバンとポケットと財布の中身

先日バービアで飲んでいた時のこと。 すぐ近くの席に日本人が来店。 おもむろにかばんから取

記事を読む

コヨーテ嬢1

今でも忘れられないコヨーテ嬢

アパートに長期滞在している頃に、とても仲良くなった女性は何人もいた。 その中でも、強く印象

記事を読む

スーパーベイビーゴーゴーバー

バービアのオーナーママさんから借金を申し込まれた話

去年くらいのこと。 わたしが懇意にしているバービアがあった。 カウンターが10席あるくらいの小さ

記事を読む

ソイブッカオ標識

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。 どこ

記事を読む

nongkhai-mekong-riverside-8

イサーンで聞くボーボーニヤンニヤンに萌える。タイ語とイサーン語とラオス語。

イサーンとラオスは元々同じ文化圏。 使われている言語も当然似ている。 政治的歴史的変遷もあり

記事を読む

バンコク銀行ATM

続・日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。あなたはそれでも送金しますか?

覚えているだろうか、あの魔性の女プーちゃんを。 齢21にして、日本人やファランを転がし、送金を受け

記事を読む

東南アジア周遊ルート地図

夜遊び的東南アジア大周遊旅行を考える

ほぼ、前回の続きのような内容。 下川裕治の「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」に触発されたわた

記事を読む

Baccara

昨晩のパタヤバカラにて思うこと

ソンクラーン直前のウォーキングストリート。 日増しに観光客が増えているような印象。

記事を読む

アドステア

アドステア

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

求刑死刑
「求刑死刑 竹澤恒男」 バンクワン刑務所の実態とは?

なにかと話題になっている本を読んでみた。 「求刑死刑

ドンムアン空港エアアジア (3)
エアアジア増便。大阪・バンコク便が1日2往復へ。ハイシーズン限定。

関空とバンコク・ドンムアン空港を結ぶエアアジアXの直行便が1日2便

→もっと見る


PAGE TOP ↑