*

パタヤビーチを眺めながらブレックファーストを

公開日: : グルメレポート


パタヤ・ソイ6/1のビーチ側入り口に貼ってある看板がずっと気になっていた。

D beach restaurant breakfast (1)

D-Beach Restaurantの朝食。100バーツと150バーツ。
提供時間が朝7時から11時まで。
目の前がビーチという好立地で100バーツはいいなあと思っていたが、11時という早朝はわたしにはきつい。
たまたま早起きしたので、ようやく訪れてみた。

SPONSOR LINK

D-Beach Restaurantの100バーツブレックファースト

ビーチ側から中に入る。少し段差が付いていて、ビーチロードよりも視点は高くなる。
オープンテラスタイプのレストランだ。

D beach restaurant breakfast (2)

いちおう屋根はついているが、ビーチ最寄りのテーブルは直射日光があたって暑そう。少し奥のテーブルに陣取る。
午前10時半の入店で客はゼロ。

朝食メニュー
D beach restaurant breakfast (3)

コンチネンタルブレックファーストが100バーツ
アメリカンブレックファーストが150バーツ

裏にも朝食メニューあり
D beach restaurant breakfast (4)
カオトム(雑炊)やスクランブルエッグなど。

一番安いコンチネンタルブレックファーストを選択。

D beach restaurant breakfast (7)

コーヒー、オレンジジュース、トースト2枚、バターとジャム、フルーツ盛り合わせ。
おかずは無し。

特に論評するような内容じゃないです。見たまんまです。

内容を充実させたいなら、150バーツのアメリカンブレックファーストにすべきでしょうな。おかずがワンプレート追加される。

このレストランで特筆すべきは、眺め。とにかくそれにつきる。

ビーチロードを挟んで、パタヤビーチが見えます。

D beach restaurant breakfast (6)

D beach restaurant breakfast (5)

残念ながらビーチ目前とは言えないし、障害物も多いけれど、まずまずの眺めでしょう。
これくらいの距離からパタヤビーチを眺めると、意外と綺麗に映るなあ。

D beach restaurant breakfast (8)

食後にコーヒーとタバコで一服しつつ、ぬるい空気の中、朝のパタヤビーチを眺めるのは乙なもんです。
日陰になっている場所でも、けっこう暑いのが難点かなあ。
昼が近くなると相当暑いです。できれば早い時間帯にどうぞ。

コンチネンタルブレックファーストの内容はしょぼいですが、100バーツは場所代としてわりきりましょう。
わざわざ気合を入れて訪問するほどのものじゃないけれど、たまたま早起きして気が向いたら、だらだらとコーヒーを飲むに行くのがよさそうです。

地図

まさにソイ6/1とビーチロードの角にある。

Soi6

Pattaya Discovery Beach Hotelの併設レストランのようだ。
ホテルの敷地とレストランが繋がっている。
(どうやらホテル本来の朝食会場は別。)

レストランからスイミングプールとホテルが見える。

Pattaya discovery beach hotel

けっこう広いスイミングプール。スライダーも付いている。
部屋よってはパタヤビーチが一望可能。バスルームからもビーチが見えるそうな。
ソイ6至近。ある意味、立地条件最強ですな。

ザ パタヤ ディスカバリー ビーチ ホテル (Pattaya Discovery Beach Hotel)をAgodaでチェックする

SPONSOR LINK

関連記事

Patonko (1)

ソイブッカオの新しいパートンコー屋台

パートンコーとは、タイの朝食を代表する揚げパンのことだ。 パタヤでパートンコーといえば、ソイブ

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

SOMTUM PAPAYA FORGET HUSBAND (7)

パタヤタイの安いぶっかけ飯屋とガイヤーンのうまいイサーン料理食堂

パタヤタイのワットチャイモンコン前はローカル市場となっている。 周囲の細い路地にも屋台や商店が

記事を読む

Ocean noodle mahasamut (8)

ガイ!プラームック!プー!パタヤでパッポンカリー三連発。

パッポンカリーといえば、カニ入りのプーパッポンカリーが有名。 カニの旨味やエキスと

記事を読む

Prajanban foods (12)

カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストランがある。 それがカオトムプラ

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

Hopf tp Hops (2)

HOPF(名称変更HOPS)。パタヤで自家製ビールがうまいビアレストラン。ピザとソーセージもおすすめ。

エアコンの効いた店内で、生バンドの演奏がありつつ、おいしい酒と料理が楽しめる店を紹介してくれと、

記事を読む

LKメトロケバブ屋 (4)

パタヤでケバブ。ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ。

ソイダイアナのLKメトロ入り口付近からソイレンキーにかけては、さながらケバブ屋銀座になっ

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

アドステア

アドステア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

NINJA
パタヤ初心者アテンドの夜。ソイ7からソイハニー経由LKメトロまで。

海の日の連休を利用して日本からパタヤ初心者の知人が来ていて、軽くアテン

Jumbo Sushi (1)
【大幅メニュー追加】パタヤのローカル日本食屋 JUMBO SUSHI。カツ丼が好き。

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つ

→もっと見る


PAGE TOP ↑