*

パタヤビーチを眺めながらブレックファーストを

公開日: : グルメレポート


パタヤ・ソイ6/1のビーチ側入り口に貼ってある看板がずっと気になっていた。

D beach restaurant breakfast (1)

D-Beach Restaurantの朝食。100バーツと150バーツ。
提供時間が朝7時から11時まで。
目の前がビーチという好立地で100バーツはいいなあと思っていたが、11時という早朝はわたしにはきつい。
たまたま早起きしたので、ようやく訪れてみた。

SPONSOR LINK

D-Beach Restaurantの100バーツブレックファースト

ビーチ側から中に入る。少し段差が付いていて、ビーチロードよりも視点は高くなる。
オープンテラスタイプのレストランだ。

D beach restaurant breakfast (2)

いちおう屋根はついているが、ビーチ最寄りのテーブルは直射日光があたって暑そう。少し奥のテーブルに陣取る。
午前10時半の入店で客はゼロ。

朝食メニュー
D beach restaurant breakfast (3)

コンチネンタルブレックファーストが100バーツ
アメリカンブレックファーストが150バーツ

裏にも朝食メニューあり
D beach restaurant breakfast (4)
カオトム(雑炊)やスクランブルエッグなど。

一番安いコンチネンタルブレックファーストを選択。

D beach restaurant breakfast (7)

コーヒー、オレンジジュース、トースト2枚、バターとジャム、フルーツ盛り合わせ。
おかずは無し。

特に論評するような内容じゃないです。見たまんまです。

内容を充実させたいなら、150バーツのアメリカンブレックファーストにすべきでしょうな。おかずがワンプレート追加される。

このレストランで特筆すべきは、眺め。とにかくそれにつきる。

ビーチロードを挟んで、パタヤビーチが見えます。

D beach restaurant breakfast (6)

D beach restaurant breakfast (5)

残念ながらビーチ目前とは言えないし、障害物も多いけれど、まずまずの眺めでしょう。
これくらいの距離からパタヤビーチを眺めると、意外と綺麗に映るなあ。

D beach restaurant breakfast (8)

食後にコーヒーとタバコで一服しつつ、ぬるい空気の中、朝のパタヤビーチを眺めるのは乙なもんです。
日陰になっている場所でも、けっこう暑いのが難点かなあ。
昼が近くなると相当暑いです。できれば早い時間帯にどうぞ。

コンチネンタルブレックファーストの内容はしょぼいですが、100バーツは場所代としてわりきりましょう。
わざわざ気合を入れて訪問するほどのものじゃないけれど、たまたま早起きして気が向いたら、だらだらとコーヒーを飲むに行くのがよさそうです。

地図

まさにソイ6/1とビーチロードの角にある。

Soi6

Pattaya Discovery Beach Hotelの併設レストランのようだ。
ホテルの敷地とレストランが繋がっている。
(どうやらホテル本来の朝食会場は別。)

レストランからスイミングプールとホテルが見える。

Pattaya discovery beach hotel

けっこう広いスイミングプール。スライダーも付いている。
部屋よってはパタヤビーチが一望可能。バスルームからもビーチが見えるそうな。
ソイ6至近。ある意味、立地条件最強ですな。

ザ パタヤ ディスカバリー ビーチ ホテル (Pattaya Discovery Beach Hotel)をAgodaでチェックする

SPONSOR LINK

関連記事

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

Olala breakfast (1)

Olala soi7 レストランのブレックファーストと洋食メニュー

パタヤビーチロードのソイ7とソイ8を結ぶ路地の角に建つレストラン、Olala Restauran

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)

センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

用事があって、友人とセントラルフェスティバル(通称センタン)を訪問。 その後、センタン

記事を読む

malee-breakfast-5

MALEEのブレックファースト69バーツと99バーツは、可もなく不可もなし

MALEEは、洋食が気軽に食べられるパタヤの有名店だ。 ソイハニーやブッカオの病院前脇道に店舗

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

アドステア

アドステア

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑