*

GW明け&禁酒日前のパタヤ・ウォーキングストリート

公開日: : 夜遊び情報

ゴールデンウィークの明けた月曜日深夜のパタヤ・ウォーキングストリートの様子を少しレポート。

Walking streett 201705

訪れたのは24時をまわってから。
さすがに月曜日深夜ともなると、客足は少なめ。
あれだけ見かけた日本人も激減している。とはいえ、GWを延長して遊んでいるであろう日本人もちらほらと。
けん玉で遊んでいるタイレディを見かけたなあ。お土産として受けているのかしらん。

ソイ16の入口に新しいディスコができている。

Pattaya soi16 disco (1)

その名も「Soi 16」。
そのままやんけ。

Pattaya soi16 disco (2)
ディスコというよりオープンミュージックパブといった感じかな。ガラス張りで外から見える。
ひょっとしてGW期間中にすでにオープンしていたかも。

そのソイ16の少し手前、エンドルフィンというディスコの横にある路上カフェバーは、レディボーイたちのたまり場となっている。
昨日はレベルが低かったが、GW中にのぞいた時は、かなりの美形がいた。まあ、もちろん男なのだが。

ペパーミント Peppermint

せっかくだし、いくつかゴーゴーバーをのぞいておこう。
まずは、ハッピーグループのペパーミントに入ってみた。

peppermint

深夜1時頃で、客入りは寂しい。半分も埋まっていない。
少しだけ日本モードを引きずっているのか、ちょんまげのかつらをかぶったウエイターがひたすらお辞儀を繰り返していた。あとは通常通り。
ボードを数えると出勤数は50人ほど。うち、10人がペイバー済みだった。
残されたダンサーたちのレベルは、正直厳しい。
もうちょっと回復傾向にあるかと思ったが、そうでもない。
とはいえ月曜日ということで休日のダンサーもいるだろうし、すでにペイバーされたダンサーも見ていない。
週末の早い時間帯に訪れてみないとね。

クレイジーハウス Crazy House

Crazy house

続いてはクレイジーハウスへ。パレスやファーレンハイトやバイパスとは同系列。
中央のマットプレイコーナーは健在。いろいろ規制の厳しくなった現在でも、上下脱衣の完全裸体プレイを継続中。
いいね。
系列店の中では異色の存在だ。
客足は寂しい。ファランが数組だけ。
ダンサーの数は多くないが、それなりに選べそうな雰囲気もある。とはいえ、やっぱり厳しいけどね。

マンダリン Mandarin

mandarin

最後にマンダリンへ。ここもパレスと同系列。
月曜日はオールドリンク90バーツだ。
久々の入店となった。
客はわたしの他にアジア系が一人だけ。かなり寂しい。
ステージ上では10人ほどがダンス。待機中のダンサーも10人ほど。
そこそこいいんじゃないでしょうか。
間違いなくクレイジーハウスより上だ。また、ペパーミントより人数では劣っているが、平均レベルは確実に上回っている。
普通に選べそうななダンサーも数人いる。
悪くないどころか、月曜日深夜ということを考えれば上々でしょう。
ちなみに、バーファイン1000B、ショート2500B、ロング4000Bが言い値でした。
交渉すれば下がりそうな雰囲気あり。むろん相手次第だが、ショート1500、ロング2500くらいはいけるでしょう。

ここ最近の印象では、ハッピーグループよりもシャーク系列のほうが粒ぞろいだと思う。
どちらも人気だし、最後は好みの問題だけど。
パレスは混みすぎてなかなか入店できないけど、ブリスやマンダリンあたりは混んでおらず、ダンサーも粒ぞろいでなかなか狙い目だと思うんだけどなあ。

禁酒日前夜と当日の開店情報

さて、5月10日ヴィサカブーチャという仏日につき、アルコール販売が禁止となっている。つまり禁酒日だ。
それにともない、バー関連の営業は変則的となる。

ここ最近の流れでは、禁酒日前日は、通常通りにオープンして、基本的には12時で閉店となる。ただ実際は、夜12時を過ぎてから、当局の様子をうかがいつつ徐々に閉店していく。これはゴーゴーバーもバービアも同じ。

禁酒日当日は、完全にクローズする店もあれば、変則的営業時間でオープンする店もある。

ペパーミントのダンサーに聞いたところ、9日は24時閉店、10日は24時なし25時から営業すると言っていた。「プート ティーヌン(午前1時開店)」と言われて、ちょっとびっくりした。本当かよ。
まあ、禁酒日が終わってから営業開始するのが原則通りだが、実際は10日の23時にはオープンすると思われる。このあたり、よくわかりません。
おそらく、ペパーミント以外のハッピーグループ(バカラ、ハッピー、ビーチクラブ)も同様でしょう、たぶん。

マンダリンとクレイジーハウスで聞いたら、9日は24時閉店で、10日は午後9時ないし10時開店とのこと。人によって言うことが違うんではっきりしないが、シャーク系列店は、だいたい午後10時にはオープンするってことでしょう。でもアルコールの提供は無し。で、12時少し前にアルコール解禁となる。

最近の傾向では、センセーションズあたりは10日は丸一日クローズでしょう。

当日にならないとはっきりしないけど、9日は早め早めの行動で、10日はのんびりと動き出せば何とかなります。
特に本日9日は24時をまわると、ほぼどうしようもなくなるんで、ゴーゴー好きの人は早めに行動すべし。
バービアは照明を落とした状態で営業を続ける店が多いだろけど、これまたお相手探しはなかなか厳しいです。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

テパシットソイ8ローカル置屋

テパシットのローカル置屋続報。ショート900バーツなり。(NAKATAホテル追記あり)

先日、バイクで通りかかったテパシットのソイ8にあるローカル置屋。 通りがけで見た限りでは、若くてか

記事を読む

お盆休みのバチェラー

【昨晩のLKメトロ】バチェラーとディスティニーとタッチ

いよいよお盆休みとなり日本からの旅行者が俄然増えてきたパタヤ・ソイLKメトロ、昨晩の様子。 訪

記事を読む

walking-street-201612

バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつかゴーゴーバーをまわった。

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

Pattaya klang karaoke street

パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集するようになった。 以前からあ

記事を読む

ビーチクラブ (3)

ビーチクラブ新装開店当日レポ。シャークのダンサーはスパイスクラブへ。

BEACH CLUB 昨晩(4月28日)にウォーキングストリートを訪れてみると、ハッピー前

記事を読む

windmill

昨晩のウォーキングストリート。Pachaはオープンせず、ウィンドドミル2階で遊ぶ。

2月5日夜のウォーキングストリートの様子をレポート。 時刻は夜9時。 この時間なら、すべての

記事を読む

camel toe pattaya (1)

ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(キャメルトゥー)を初訪問してき

記事を読む

Walking street 201704 (1)

週末のウォーキングストリート。Dクラブ、パレス、ブリス、最後はルシファーで朝まで。

2日連続してLKメトロとウォーキングストリートのゴーゴーバーをはしごした。 もうしばらくゴーゴーは

記事を読む

バカラ

大みそか直前、昨晩のウォーキングストリート、バカラの様子

12月30日の夜12時頃、ウォーキングストリートを訪れた。 やはり混雑している。

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑