*

ファランもイープンもタイレディの前では平等だし、やっていることも同じだよ

公開日: : エッセイ

先日、パタヤのローカルレストランでブレックファーストを食べていた時の話。
わたしの横のテーブルに30代後半らしきファランがやって来た。

ブレックファーストをオーダーするやいなや、スマフォで友人に電話をかける。
会話は英語なのでイギリスかオーストラリアかアメリカか、まあ英語圏の出身であろう。

わたしはブレックファーストを食べつつも、それとなくファランの話を聞いていた。

相手側の声は聞こえないが、ほぼ一方的に話しているんで、内容は簡単にわかる。

挨拶もそこそこ、昨日の戦況報告を始めたではないか。

新しいレディを見つけて、一緒にビュッフェを食べに行ったと話している。
たぶん、ムーガタのことだろう。
彼女はシーフードばかり食べていて、そんな食べて大丈夫なのかと何度も質門。でも彼女の答えはノープロブレム。でも、それから二人で部屋に戻ると、彼女は7回もトイレに行って、げろげろ吐いちゃったんだよ。
7回だよ、7回。としつこくファランは電話口で繰り返していた。
どこがノープロブレムだよ、ヒーハー!とファランは実に楽しそうに語っている。

ファランのその語り口が、傍で聞いていても、本当に楽しそうだった。
(ヒーハーとは、本当は言ってないけど。)

その後も延々とタイレディについて語っているファラン。
朝食が運ばれてきてところで、ブレックファーストが来たから電話切るわとようやく戦況報告は終了。たぶん、食べ終わったら、また電話するつもりだろう。

うん、ファランも日本人も奔放なタイレディの前では平等だよね。
引っ張りまわされるし、かき回される。
そのファランは、パタヤで遊んでいるファランの中ではまだ若い部類だし、ルックスもそこそこいい。かなりモテるはずだ。
でも、やっぱり、タイレディには振り回される。
しかも、その振り回されかげんを楽しんでいて、ダメダメっぷりと失敗談を友人に報告するのを実におもしろがっている。

これまた、ファランも日本人もやっていることは同じだ。

タイ好き、パタヤ好きの気心がしれた友人同士の戦況報告会はやっぱり楽しい。
成功例や自慢話は聞きたくない。
トラブルだらけの戦況報告会が一番楽しいんだよね。
失敗したコンパのあとの、反省会と称した男だけの飲み会が実はコンパよりも楽しいのと似たようなもの。

テキーラ飲ませたら酔っ払って、部屋に連れて帰ってもゲロゲロ。トイレでもゲロゲロ。そのままノーブンブンとか。
店内ではデレデレ接客だったのに、ベッドの上では完全冷凍マグロだったりとか。
待ち合わせに2時間遅れたのにマイペンライだけで済まされたり、平気でドタキャンくらったりとか。
別のバーでペイバーしたところを見つかって、キルユーメッセージを受け取ったりとか。

タイ夜遊び好きなら、この手のエピソードは誰しもが経験しているはず。
そんなエピソードを友人におもしろおかしく話すのが楽しくてしょうがない。そう思っているタイ好きは多いはずだ。
それは、日本人だけじゃなく、ファランも同じ。いや、世界中の男たちが同じだろう。

激甘イープンも激渋ファランもない。
みんな一緒。
やってることはみんな同じ。

失敗も成功もすべて込みで、パタヤを楽しんでいるのだ。そして、ほとんどのケースでは失敗のほうが多いし、その失敗こそがおもしろい。
そんな楽しみの前では、やれ散財だ、やれキーニャオだのというのはまったくナンセンス。
ファランならそんなことしないとか、激甘イープンは困ったもんだとか、そういった文句もバカげている。
むしろカネの使い方ならファランのほうが激しく甘いよ。

要は、好きなように楽しめばいい。
そして、失敗エピソードでげらげら笑えばいいのだ。

失敗エピソードが積み重なれば重なるほど、パタヤが好きになっていく。やめられなくなる。
パタヤの夜遊びってそういうもんです。
そして、タイレディの前では、日本人もファランも平等ってことです。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年7月


関連記事

nongkhai-mekong-riverside-8

イサーンで聞くボーボーニヤンニヤンに萌える。タイ語とイサーン語とラオス語。

イサーンとラオスは元々同じ文化圏。 使われている言語も当然似ている。 政治的歴史的変遷もあり

記事を読む

タイ結婚式

続・フェイスブックにご用心。ファランからの死刑宣告とタイ女性の自由奔放。

以前、フェイスブックのメッセージでファランから罵詈雑言を浴びせられた件について記事を書いた。

記事を読む

ウォーキングストリート2015

タダってありなのか?パタヤでなるべく安く夜遊びする方法のつづき。

前回の続き。 パタヤでの夜遊び代を減らす方法。 1 ひたすら交渉して、支払額をまけてもら

記事を読む

バンコク銀行ATM

続・日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。あなたはそれでも送金しますか?

覚えているだろうか、あの魔性の女プーちゃんを。 齢21にして、日本人やファランを転がし、送金を受け

記事を読む

Yak

タイ語の早口言葉で遊ぼう。アーヒアリー アーリーヒア。

タイ語は発音が難しい。 ただでさえ難しいタイ語を早口言葉にするともっと難しい。そして、おもしろ

記事を読む

びっくり

パタヤはやっぱり狭い街。浮気現場の目撃に注意せよ。

先のパタヤ滞在中は、ずっと特定の女性と一緒だった。 昼間は二人で食事に出かけたり、センター

記事を読む

Book of Shimokawa

下川裕治ひさびさのタイ本、「週末ちょっとディープなタイ旅」レビュー。ナタリーも登場するよ。

タイに関するトラベルライターといえば、下川裕治さん。 ガイドブック的ではない、タイの庶民目線か

記事を読む

pattaya-investigation

パタヤのバーガールの浮気を調査せよ

タイの日本人浮気調査 前回の記事で、タイの私立探偵についての本を取り上げた。 これはバンコクで探

記事を読む

バービア嬢2

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。

記事を読む

チャン島 (12)

パタヤからチャン島へのバカンス旅行はおすすめ

サメット島につづいて、チャン島を紹介したい。 パタヤからの泊まりがけ旅行としては、有力な候補だ

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑