*

ファランもイープンもタイレディの前では平等だし、やっていることも同じだよ

公開日: : エッセイ

先日、パタヤのローカルレストランでブレックファーストを食べていた時の話。
わたしの横のテーブルに30代後半らしきファランがやって来た。

ブレックファーストをオーダーするやいなや、スマフォで友人に電話をかける。
会話は英語なのでイギリスかオーストラリアかアメリカか、まあ英語圏の出身であろう。

わたしはブレックファーストを食べつつも、それとなくファランの話を聞いていた。

相手側の声は聞こえないが、ほぼ一方的に話しているんで、内容は簡単にわかる。

挨拶もそこそこ、昨日の戦況報告を始めたではないか。

新しいレディを見つけて、一緒にビュッフェを食べに行ったと話している。
たぶん、ムーガタのことだろう。
彼女はシーフードばかり食べていて、そんな食べて大丈夫なのかと何度も質門。でも彼女の答えはノープロブレム。でも、それから二人で部屋に戻ると、彼女は7回もトイレに行って、げろげろ吐いちゃったんだよ。
7回だよ、7回。としつこくファランは電話口で繰り返していた。
どこがノープロブレムだよ、ヒーハー!とファランは実に楽しそうに語っている。

ファランのその語り口が、傍で聞いていても、本当に楽しそうだった。
(ヒーハーとは、本当は言ってないけど。)

その後も延々とタイレディについて語っているファラン。
朝食が運ばれてきてところで、ブレックファーストが来たから電話切るわとようやく戦況報告は終了。たぶん、食べ終わったら、また電話するつもりだろう。

うん、ファランも日本人も奔放なタイレディの前では平等だよね。
引っ張りまわされるし、かき回される。
そのファランは、パタヤで遊んでいるファランの中ではまだ若い部類だし、ルックスもそこそこいい。かなりモテるはずだ。
でも、やっぱり、タイレディには振り回される。
しかも、その振り回されかげんを楽しんでいて、ダメダメっぷりと失敗談を友人に報告するのを実におもしろがっている。

これまた、ファランも日本人もやっていることは同じだ。

タイ好き、パタヤ好きの気心がしれた友人同士の戦況報告会はやっぱり楽しい。
成功例や自慢話は聞きたくない。
トラブルだらけの戦況報告会が一番楽しいんだよね。
失敗したコンパのあとの、反省会と称した男だけの飲み会が実はコンパよりも楽しいのと似たようなもの。

テキーラ飲ませたら酔っ払って、部屋に連れて帰ってもゲロゲロ。トイレでもゲロゲロ。そのままノーブンブンとか。
店内ではデレデレ接客だったのに、ベッドの上では完全冷凍マグロだったりとか。
待ち合わせに2時間遅れたのにマイペンライだけで済まされたり、平気でドタキャンくらったりとか。
別のバーでペイバーしたところを見つかって、キルユーメッセージを受け取ったりとか。

タイ夜遊び好きなら、この手のエピソードは誰しもが経験しているはず。
そんなエピソードを友人におもしろおかしく話すのが楽しくてしょうがない。そう思っているタイ好きは多いはずだ。
それは、日本人だけじゃなく、ファランも同じ。いや、世界中の男たちが同じだろう。

激甘イープンも激渋ファランもない。
みんな一緒。
やってることはみんな同じ。

失敗も成功もすべて込みで、パタヤを楽しんでいるのだ。そして、ほとんどのケースでは失敗のほうが多いし、その失敗こそがおもしろい。
そんな楽しみの前では、やれ散財だ、やれキーニャオだのというのはまったくナンセンス。
ファランならそんなことしないとか、激甘イープンは困ったもんだとか、そういった文句もバカげている。
むしろカネの使い方ならファランのほうが激しく甘いよ。

要は、好きなように楽しめばいい。
そして、失敗エピソードでげらげら笑えばいいのだ。

失敗エピソードが積み重なれば重なるほど、パタヤが好きになっていく。やめられなくなる。
パタヤの夜遊びってそういうもんです。
そして、タイレディの前では、日本人もファランも平等ってことです。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

bangkok

バンコク夜遊び最新情報2015年2月。パタヤとバンコクをちょっとだけ比較してみる。

パタヤからバンコクへ向かった友人のバンコク夜遊び情報をいくつか紹介。 この友人は、最初

記事を読む

ドリンキングストリートバービア群

日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。彼女の秘密を知るべきか知らざるべきか。

ふらりと入ったパタヤのバービアでの話である。 酒とビリヤードと70年代ロックに酔いしれるファランた

記事を読む

ウォーキングストリート

ブリラム嬢との楽しい会話。タイ語、イサーン語、クメール語の3つで攻めてみよう。ついでにワイルンも。

ブリラムはイサーンの一地方。イサーンの中でも特に貧しいと言われる地域。 地図を見ればわかるように、

記事を読む

ウドンタニーバービア嬢G3

現役女子大生バービア嬢がパッツン姿でホテルから登校するウドンターニー

これは、2013年にビエンチャンへビザランを行った際に立ち寄ったウドンタニーでのお話。

記事を読む

Book of Philipin pub (2)

おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入してきた。 軽く

記事を読む

soi6

ソイ6のバー、丸ごと一軒買う値段は? パタヤのバーの値段を聞いてみた

今年一月、友人のアテンドでソイ6に行ったときの話。 とあるバーで、2階に上がった友人が

記事を読む

禁酒日コンビニのお知らせ

タイ禁酒日2016年。パタヤの禁酒日の夜の遊び方。

2016年タイの禁酒日(酒類販売禁止日)カレンダー 2月22日(月):マカブーチャ(万仏祭) 5

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

カマグラ

カマグラ ミーマイ?パタヤの夜の強い味方

パタヤの薬局にて 今年2月頃、友人とパタヤ滞在中の話。 どうしても夜のお薬が欲しいという

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑