*

ウドンタニー置屋めぐり。バービアでペイバー。でも最後は別の女性と一夜を過ごす。

ウドンターニーの置屋めぐり

ウドンターニー滞在二日目。
アットホームアットウドンのベッドは実に快適だった。ふかふかで寝心地抜群である。
体力も完全回復。

本日は、元気にウドン名物の置屋めぐりに行ってみよう。

まずは、昼間の明るいうちに偵察しておくことに。

ADUNLAYADET(アドゥンラヤデート)通りのソイ2とソイ7と呼ばれる置屋通りへ。
ホテルのあるサンパンタミット通りからは徒歩圏内だ。
でも、暑い。歩いて行くもんじゃない。

しかも、ソイ2にしてもソイ7にしても昼間は、まったく何もない。
単なる民家の立ち並ぶ普通の路地だ。

ソイ7の入り口
ウドン soi7
ちょっと怪しい門構えがあるけど、真っ昼間なので門は固く閉ざされており、そこが置屋なのかはっきりしない。
暗くなってからじゃないとわからん。

ウドンターニーの置屋通りでもう一つ有名なところが、サオファイデーン
ここも歩いて行こうとしたが、あまりの暑さのため断念。
とにかく暑季のタイは日中の行動がきつい。

結局、セントラルプラザ内へ逃げこんで、休息。
もう無理。

 

夜。
そろそろ涼しくなってきた。
出発だ。
ローカル置屋へ行くので、貴重品は必要最低限にしておいた。
財布は持たず、現金を1500バーツだけ。なるべく細かい札で用意した。
リスクは回避しておかねば。

まず、アドゥンラヤデート通りソイ2へ。
昼間と違い、怪しい照明がところどころにうっすらと光っている。
民家の前には、これまた目つきの悪い怪しいタイ男が突っ立ている。
間違いなく置屋だな。
確認できたのは3軒くらいだった。もっと大々的に置屋が並んでいるものだと思っていたので、ちょっと期待はずれ。

一軒ずつ中に入って、ラインナップを確認。
どこも数人程度。
値段はショートで500バーツが言い値だった。

ん? 事前に聞いていたより、ちょっと高いか。
300バーツか400バーツだと思っていた。
いや、500バーツでもせいぜい1500円くらいなんだから、とてつもなく安いのだが、吹っかけられるのは好きじゃない。

ソイの一番奥にある置屋のラインナップがましだったかな。
それでも今ひとつ。
あまり気乗りがしなかった。

ついでソイ7へ。
ここはよくわからなかった。
ラブホテルらしき建物が多いので、その近くが置屋になっているはずなのだが、はっきりしない。
雑貨屋の店先に目つきの悪い男が座っているから、たぶんポン引きなのだろうが、声をかけづらいし、向こうから声もかけてこない。
どうにもガラが悪いので、どこにも入らず撤退。

まあ、雰囲気を味わえたからいいか。

昨晩知り合った若いバービア嬢Pちゃんに会いに行こうっと。
わたしは置屋よりもバービア派なのだ。

DAY&NIGHTのバービア嬢を連れ出す

DAY&NIGHT2

というわけで、来た道を引き返して、バービア群のデイ&ナイトへ。
財布を取りにホテルの部屋に戻るのも面倒なので、そのまま直行。
自称19歳Pちゃんが笑顔でお出迎え。

今日も花輪を無心された。
あいかわらず若くてかわいい。

ウドンタニー・バービア嬢

今夜はこの子と対戦しよう。
他のバービア嬢から聞いたところ、ウドンタニーのバービアのショートの相場は1000バーツとのことだ。
まあ、パタヤと同じくらいか。

バービアには、他にファランの客が二人。
それぞれにバービア嬢がべったりと張り付いている。

これから食事に行くけど一緒にどう?
と、ファランについているバービア嬢に誘われる。
Pちゃんも行きたそう。

オッケー。
どうせペイバーするつもりだったし、問題なし。
あっさりと、Pちゃんを連れ出す。
バーファインは300バーツ。これもパタヤと同じだ。

総勢6人で食事へ。
ファランとタイ人カップルが2組、日本人とタイ人が1組。

ファットなファランは、がっつりTボーンステーキを平らげていた。
わたしは簡単な魚料理とか、そのへん。
第一、そんなに現金の持ち合わせがないので、大量注文されても困るのだ。
伝票が別で助かったよ。
Pちゃんは、わたしの横で魚を取り分けてくれたりと、甲斐甲斐しく世話してくれた。
いい子だなあ。
ベッドの上でのサービスが楽しみだ。

食事も終わり、さて、ホテルへと思いきや、すぐ近くにあるクラブへ飲みに行くことに。
これまた6人で移動。

クラブでPちゃんと揉める

「ミスター・トン Mr.Tong」という、ウドンタニーでは有名なクラブだった。
クラブといっても、バーカウンターがメインのバーのようなところ。
奥に少し踊るスペースがある。
ファランとタイ人が半分ずつくらいの割合で盛り上がっている。
ちなみに、オーナーのトンさんは実にきさくな男前だ。
一見客の日本人にも気軽に声をかけてくれるいい人。
まあ、ゲイだけど。

カウンター席にPちゃんと並んで座り、音楽を聞きながら、体を寄せ合う。
それぞれ2杯ずつ飲んだ。
もう一杯飲みたいとPちゃんが言う。
でも、すでに手持ちの現金が底をついていた。

無理だよ、とポケットの中の小銭を見せてアピール。
Pちゃん、ちょっと悲しそうな表情。

そろそろ潮時だ。
ホテルへ連れて帰ることにした。

が、Pちゃん、まさかの拒否。
バイバイと手を振るではないか。

おいおい、待ってくれよ。

詳しい理由を聞こうとするが、Pちゃんのタイ語がよくわからない。
たまたま、DAY&NIGHTのバービア(Pちゃんとは違う店)のお姉さんがクラブに遊びにきており、英語で通訳してくれた。

どうやら、Pちゃんは、わたしが金を持っていない貧乏人だと思っているようだ。
いやたしかに貧乏だけど、一晩遊ぶ金くらいは持っている。
が、この時は、たまたま置屋帰りで、最低限の現金しか持ってこなかっただけだ。
ホテルに帰れば問題なく金はある。

意地でも持って帰りたくなった。
ウドンタニーのバービアの相場は、ショート1000バーツ。
でも1500バーツ、いや2000バーツを提示してみた。

感情がこじれて、泣き出す自称19歳のPちゃん。
さらに詳しく聞くと、タイ人彼氏持ちで、一緒にホテルへ行くなんて行為はできないとか言い出した。
食事だけのつもりでペイバーされたという。
しかも、実年齢は、3つサバ読みだと判明。それも下方修正のサバ読み。
おいおい16歳かよ。

昨日はショートタイムがどうとか言ってたのに。
まったく、よくわからない。
情緒不安定な少女だ。

もうだめだ。
なんか最悪な気分。
きちんと確認しなかったこっちが悪いと思うしかない。
どうせ、ホテルへ連れて帰っても楽しくないに違いない。
もういいや。

最後はバービアのママさんとベッドをともにする

なかなか泣き止まないPちゃんを放置して、クラブを出る。
仲介してくれたバービア姉さんもついてきてくれた。

この姉さん、全身タトゥーだらけでコワモテだけど、とてもいい人。
姉さんと言っているけど、まだ26歳くらい。
単なるバービア嬢かと思っていたら、DAY&NIGHTでバービアのママさんをやっているそうだ。知り合いのタイ人がオーナーらしい。
ちょっとナーバスになっているわたしを見かねてくれたのか、閉店後の自分のバービアへ案内してくれた。

二人でビールを飲みながら、お話。
昔日本人の彼氏がいて、日本人にとても好意的だった。
それで、日本人のわたしの面倒を見てくれたのね。
昔の彼氏さんともども、ありがとう。

明日の朝、一緒にタンブンへ行こうと誘われる。
お、いいね。
厄祓いすべし。

でも、朝6時起き。わたしの家に泊まれば大丈夫だからと言われる。
お母さんと一緒に暮らしているらしい。

うーん、せっかくのホテル代が無駄になるなあ。
あのふかふかのベッドで寝たい。

ホテルに泊まろうと提案するとオッケーをもらう。

で、そのまま二人でホテルへ。
別々にシャワーを浴びて、同じベッドで眠る。

ちょっとどきどき。
ひょっとして、夜の営みを誘われるかなあ、と思ったけど、何もなし。
こちらからも手を出さず。

二人で熟睡しただけだった。

まったく予想だにしない結末となった。

置屋で一発する予定が、バービア嬢へ変更となり、そして最後には他のバービアのママさんと一緒に寝ることになろうとは。
いろいろあったけど、ウドンタニー楽しいなあ。

 


関連記事

ボロブドゥール

はじめてのインドネシア・シンガポール夜遊び旅行まとめ。ジャワ島横断の予算は?

インドネシアとシンガポールをめぐる今回の夜遊び旅行。 ルート、予算、夜遊びについてまとめてみた。

記事を読む

ウドンタニータンブン1

ウドンターニー郊外の寺でバービア姉さんとタンブン

混乱の一夜が明けた。 隣に寝ているバービア姉さんは、きっちり朝6時に起床した。 わたしも起こされ

記事を読む

ルアンパバーン2

ルアンパバーンの置屋でラオっ娘とイケナイ遊び。ルアンパバーン夜遊び情報。

世界遺産の町、ルアンパバーン ルアンパバーンかルアンプラバーンか、まあどっちでもいい。

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

chiangmaigirl

チェンマイの夜遊びスポット。チェンマイのゴーゴーバーは寂れていた。

さくっとチェンマイ観光を終えて、ホテルで一休み。 日が暮れはじめた。 夜遊び開始である。

記事を読む

DAY&NIGHT1

タンブンのあとは、連れ出し置屋でブンブンinウドンタニー

(「ウドンタニーでタンブン」からの続き) タンブンの次は、もちろんブンブンである。 仏様への

記事を読む

バービア嬢実家1

コラート2日目。今日も元気な60歳のS氏

元バービア嬢の実家へ 翌日は、ピマーイ近くにあるK氏の彼女の実家へ。 タクシー4人乗り。 さら

記事を読む

MP嬢 (1)

コラート2日目。MPバビロンで入浴

コラート滞在も2日目となった。 それにしても、昼間にすることがない、この町は。 クランプラザ

記事を読む

Nちゃん2

旅のはじまりは、いつものパタヤ

手配した航空券 ついに始まったパタヤ発アジア夜遊び紀行。 出発前夜は、どきどきしてなかなか眠

記事を読む

コインランドリー

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。 その実態を少し紹介してみよう。 起床。朝飯。洗濯。昼飯

記事を読む

アドステア

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑