*

サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, バンコクグルメ


シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと。
朝飯を求めて近所を散策していると、ローカルな雰囲気なフードコートを見つけた。

Sala daeng food court (4)

フードコートというより、屋台村という呼び名のほうがしっくりくるかな。

Sala daeng food court (7)

Sala daeng food court (1)

広い敷地内の中央にテーブルが大量に並べられて、その周りをぐるっと屋台が取り囲んでいる。

クイティアオやら炒め物やらイサーン料理やら、何でも揃っている。

この巨大串かつがうまそうだなあ。たぶん、チキンかな。

Sala daeng food court (2)

クレープ屋台もある。

Sala daeng food court (3)
なんでもアリの屋台村ってところか。
ローカルグルメ好きにはたまらないスポット。
ぐるぐると3周くらい歩き回ってしまった。

SPONSOR LINK



カオソーイ

迷った挙句に注文したのがカオソーイ。

Sala daeng khao soi (3)

メニュー
Sala daeng khao soi (5)

カオソーイガイ(鶏肉入り)が40バーツ。
うむ、ローカル価格だ。

出来上がりがこちら
Sala daeng khao soi (6)

なかなかのボリューム感。乾麺が山盛りになっている。

カウンターの上に置かれた薬味を自分で入れる。紫色のタマネギがけっこう好き。

Sala daeng khao soi (7)

唐辛子は遠慮しておいて、紫タマネギと漬物みたいなやつを少々。

Sala daeng khao soi (1)
どんぶりからはみ出す乾麺が素敵。

かき混ぜると、大きな鶏肉と太麺が現れた。

Sala daeng khao soi (2)

スープは、かなり辛め。
でもうまい。

骨付きの鶏肉は、しっかり煮込まれていてほろほろ状態。

乾麺、太麺、スープ、鶏肉の四つ巴のコンビネーションが素晴らしい。あと、紫タマネギのシャキシャキ感がいいアクセントになる。

朝っぱらから、辛さにヒーヒー言いつつ、麺をすする。
とりあえず麺を完食。かなりボリュームがあった。

ちょっと見た目が汚いけどスープの残り。

Sala daeng khao soi (4)

ね、辛そうでしょ。
でもおいしいもんだから、ちびちびとスープを飲んでは水を飲むの繰り返し。

これだけの内容で40バーツは安いですな。
しかもシーロムという一等地でこのロープライス。
ありがたい話です。

地図

場所は、シーロムコンプレックスというショッピングモールの裏手にあたる。
ソイでいうなら、サラデーン通りソイ2(別名、ソイコンベント2)。

Sala Daeng 2という標識を目印にどうぞ。

Sala daeng food court (5)

ショッピングモールやコンドミニアムや高層ビルに囲まれてます。
フードコート以外にも、このソイには屋台が多数出没。
このようなローカルな屋台がいつまで続けられるものやら。

フードコートの営業時間は不明。
おそらく、メイン顧客はシーロムで働くオフィスワーカーたちなんで、朝早くから夕方くらいまでかなあ。
とりあえず午前10時の段階では、ほとんどの店が営業していました。

シーロム・サラデーン地区にお越しの際は、小綺麗なレストランだけでなく、ローカル屋台もお忘れなく。

シーロム通り沿いのカオマンガイとバミーもうまいです。

関連記事:シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

SPONSOR LINK

関連記事

LKメトロケバブ屋 (4)

パタヤでケバブ。ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ。

ソイダイアナのLKメトロ入り口付近からソイレンキーにかけては、さながらケバブ屋銀座になっ

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

セイラーレストランのブレックファースト (4)

セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し

ビーチロードのソイ8のビーチ近くにある老舗のバー&レストラン、SAILOR(セイラー)。 ステ

記事を読む

インスタントジョーク Instant jok (4)

インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の原型がなくなるほど、ぐずぐずに

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

Market cafe soi new plaza マーケットカフェグリル (4)

ソイニュープラザのザ・洋食屋でミックスグリルとブレックファースト

ファランの町、パタヤは洋食天国だ。 いたるところに洋食を扱うレストランがある。 洋食を全面に

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

クイティアオトムヤム (2)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。 基本はクイティ

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリートソイ15 、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

マハーサムット (6)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋、マハーサムット。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、開店前だ

記事を読む

アドステア

アドステア

パタヤカンの新しいカオマンガイ屋 (1)
パタヤカンの新しいカオマンガイ屋。バミーナムもおいしい。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに新しい食堂ができていた。

ライトハウス Lighthouse
新ゴーゴー、YES!? 復活ウィンドミルとライトハウス訪問レポ

日本ではお盆休みが完全に開けた月曜日。 昨晩のウォーキングストリート

タイ・パタヤの丸亀製麺のしっぽくうどん (1)
丸亀製麺のしっぽくうどんで日本の田舎を思い出す

用事があってBIG C Extraへ行った際に、ふと気になり、丸亀

ウォーキング夜景 1
【最新2017年版】パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2017年8月最新更新。 大元は2015年4月にアップした記事となり

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

→もっと見る


PAGE TOP ↑