パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート バンコクグルメ

サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

投稿日:2017年3月27日 更新日:


シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと。
朝飯を求めて近所を散策していると、ローカルな雰囲気なフードコートを見つけた。

Sala daeng food court (4)

フードコートというより、屋台村という呼び名のほうがしっくりくるかな。

Sala daeng food court (7)

Sala daeng food court (1)

広い敷地内の中央にテーブルが大量に並べられて、その周りをぐるっと屋台が取り囲んでいる。

クイティアオやら炒め物やらイサーン料理やら、何でも揃っている。

この巨大串かつがうまそうだなあ。たぶん、チキンかな。

Sala daeng food court (2)

クレープ屋台もある。

Sala daeng food court (3)
なんでもアリの屋台村ってところか。
ローカルグルメ好きにはたまらないスポット。
ぐるぐると3周くらい歩き回ってしまった。

SPONSOR LINK



カオソーイ

迷った挙句に注文したのがカオソーイ。

Sala daeng khao soi (3)

メニュー
Sala daeng khao soi (5)

カオソーイガイ(鶏肉入り)が40バーツ。
うむ、ローカル価格だ。

出来上がりがこちら
Sala daeng khao soi (6)

なかなかのボリューム感。乾麺が山盛りになっている。

カウンターの上に置かれた薬味を自分で入れる。紫色のタマネギがけっこう好き。

Sala daeng khao soi (7)

唐辛子は遠慮しておいて、紫タマネギと漬物みたいなやつを少々。

Sala daeng khao soi (1)
どんぶりからはみ出す乾麺が素敵。

かき混ぜると、大きな鶏肉と太麺が現れた。

Sala daeng khao soi (2)

スープは、かなり辛め。
でもうまい。

骨付きの鶏肉は、しっかり煮込まれていてほろほろ状態。

乾麺、太麺、スープ、鶏肉の四つ巴のコンビネーションが素晴らしい。あと、紫タマネギのシャキシャキ感がいいアクセントになる。

朝っぱらから、辛さにヒーヒー言いつつ、麺をすする。
とりあえず麺を完食。かなりボリュームがあった。

ちょっと見た目が汚いけどスープの残り。

Sala daeng khao soi (4)

ね、辛そうでしょ。
でもおいしいもんだから、ちびちびとスープを飲んでは水を飲むの繰り返し。

これだけの内容で40バーツは安いですな。
しかもシーロムという一等地でこのロープライス。
ありがたい話です。

地図

場所は、シーロムコンプレックスというショッピングモールの裏手にあたる。
ソイでいうなら、サラデーン通りソイ2(別名、ソイコンベント2)。

Sala Daeng 2という標識を目印にどうぞ。

Sala daeng food court (5)

ショッピングモールやコンドミニアムや高層ビルに囲まれてます。
フードコート以外にも、このソイには屋台が多数出没。
このようなローカルな屋台がいつまで続けられるものやら。

フードコートの営業時間は不明。
おそらく、メイン顧客はシーロムで働くオフィスワーカーたちなんで、朝早くから夕方くらいまでかなあ。
とりあえず午前10時の段階では、ほとんどの店が営業していました。

シーロム・サラデーン地区にお越しの際は、小綺麗なレストランだけでなく、ローカル屋台もお忘れなく。

シーロム通り沿いのカオマンガイとバミーもうまいです。

関連記事:シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, バンコクグルメ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.