*

ゴールデン・トライアングルとチェンセーン

翌日はチェンセーンに移動した。
まず、ゴールデン・トライアングルを見学。
この日は、完全に観光モード。
よって夜遊び情報なし。

ゴールデン・トライアングル

ゴールデントライアングル3

ここは、タイとラオスとミャンマーの3カ国の国境が交差する地帯。
よってゴールデン・トライアングル、黄金の三角地帯と呼ばれる。
かつては、麻薬王と言われたクンサーが支配していた。
何やらCIAが関与していたりと、かなりきな臭い地域であり、昔はかなりヤバかったようだ。

が、現在では単なる観光地である。
民芸品を売る健全な土産物屋が並び、派手な巨大仏像までできていた。

ゴールデントライアングル2

ゴールデントライアングル1

タイ人観光客6割、ファラン2割、東アジア2割くらいの割合。
中国人は大型バスで乗り付けていた。

見どころはメコン川とオピウム博物館くらい。
アジアのアンダーグラウンドが好きな人には、オピウム博物館は必見である。

オピウム博物館

あとは、自然の中にあるリゾートホテル。
2時間もあれば充分見てまわれる観光地だった。
当然、夜遊びスポットなんてあるはずなし。

チェンセーン

夜は、メコン川沿いの町、チェンセーンに宿泊。
ゲストハウスの個室で250バーツほど。

このチェンセーンというところ、とにかくローカルな田舎町だ。
な~んも、ない。
ただ、メコン川が流れているだけ。

チェンセーン

かろうじてコンビニが一軒見つかった。
夜遊びスポットなんて、とんでもない。
探そうなんて気力すら起きない寂れっぷりだ。

いやでも、ひょっとしたら置屋の一つや二つくらいあったかもしれないぞ。
始めからないものだと決めつけていて、探そうともしなかったのは夜の放浪者としては失格かも。

意外と速度の早いゲストハウスのWi-Fiでずっとインターネットをして過ごした。
田舎の夜も早い。
9時には真っ暗になった。

そんわけで、今回のエントリーに夜遊び情報は一切なし。申し訳ない。

いよいよ、次はラオスへ渡る。

ん?
結局、タイ北部では一発もしていないぞ。
単なるおっさんバックパッカーと化してしまった。
まあ、安上がりでいいけど。
本番はラオスに入ってからだ。

 

かつてチェンマイで日本語教師をしていた経験もある高野秀行のタイ北部とミャンマー関連の著作がとにかくおもしろい。
この地域の山岳民族やアヘンに関しては、日本でもっとも経験豊富かもしれない。
以下の2冊は必読。まあ、すごい経験している。

ゴールデン・トライアングルのゲリラの村で7ヶ月にわたる潜伏生活。途中でアヘン中毒にもなりかける壮絶ぶりだ。

中国からインドへ続くという最古のシルクロードを実際に踏破しようとする壮絶かつ笑える道中記。わたしにはゼッタイ無理だ。


関連記事

batam1

さらばバタム島

バタム島2日目 バタム島滞在二日目である。 せっかくここまで来たことだし、もう一泊だけしてみ

記事を読む

ナコンチャイエアー乗り場

パタヤのアパートへ帰還。タイ・ラオス周遊夜遊び旅行終わり

コラートからパタヤへ コラートには2泊した。 とりあえず満足だ。 そろそろパタヤが恋しくな

記事を読む

プランバナン

ジョグジャカルタのホテル置屋から連れ出してみた。夜の世界遺産登録。

ジョグジャカルタの世界遺産 ジョグジャカルタ滞在2日目。 今日はまじめに一日観光。 王

記事を読む

khonkean-lady

コンケーンの夜遊び情報とホテル(地図あり)

前回の続き。 コンケーン夜遊び情報 ホテルに戻り、一休みしてから、夜遊びスポットの捜索開

記事を読む

MP嬢 (1)

コラート2日目。MPバビロンで入浴

コラート滞在も2日目となった。 それにしても、昼間にすることがない、この町は。 クランプラザ

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

ソンクランバービア嬢

パタヤで初めてのソンクラーンを体験。ペイバー不可嬢連れ出し作戦

ゴーゴー嬢ボーちゃんとのプチ同棲生活を解消し、独り身となったわたし。 ここからは、新たな相手を

記事を読む

万里の長城

日本~北京~パタヤ~コラート

北京へ まだまだ続くアジア夜遊び紀行。 日本への一時帰国を挟んで、ふたたびパタヤへ。 もち

記事を読む

コインランドリー

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。 その実態を少し紹介してみよう。 起床。朝飯。洗濯。昼飯

記事を読む

myanmar-flag

メーサイとタチレク。タチレクの置屋めぐりをしてみた

本日はメーサイとタチレクに挑む。 どちらも初訪問の土地だ。 昔、バックパッカーをやってい

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑