*

ゴールデン・トライアングルとチェンセーン

翌日はチェンセーンに移動した。
まず、ゴールデン・トライアングルを見学。
この日は、完全に観光モード。
よって夜遊び情報なし。

ゴールデン・トライアングル

ゴールデントライアングル3

ここは、タイとラオスとミャンマーの3カ国の国境が交差する地帯。
よってゴールデン・トライアングル、黄金の三角地帯と呼ばれる。
かつては、麻薬王と言われたクンサーが支配していた。
何やらCIAが関与していたりと、かなりきな臭い地域であり、昔はかなりヤバかったようだ。

が、現在では単なる観光地である。
民芸品を売る健全な土産物屋が並び、派手な巨大仏像までできていた。

ゴールデントライアングル2

ゴールデントライアングル1

タイ人観光客6割、ファラン2割、東アジア2割くらいの割合。
中国人は大型バスで乗り付けていた。

見どころはメコン川とオピウム博物館くらい。
アジアのアンダーグラウンドが好きな人には、オピウム博物館は必見である。

オピウム博物館

あとは、自然の中にあるリゾートホテル。
2時間もあれば充分見てまわれる観光地だった。
当然、夜遊びスポットなんてあるはずなし。

チェンセーン

夜は、メコン川沿いの町、チェンセーンに宿泊。
ゲストハウスの個室で250バーツほど。

このチェンセーンというところ、とにかくローカルな田舎町だ。
な~んも、ない。
ただ、メコン川が流れているだけ。

チェンセーン

かろうじてコンビニが一軒見つかった。
夜遊びスポットなんて、とんでもない。
探そうなんて気力すら起きない寂れっぷりだ。

いやでも、ひょっとしたら置屋の一つや二つくらいあったかもしれないぞ。
始めからないものだと決めつけていて、探そうともしなかったのは夜の放浪者としては失格かも。

意外と速度の早いゲストハウスのWi-Fiでずっとインターネットをして過ごした。
田舎の夜も早い。
9時には真っ暗になった。

そんわけで、今回のエントリーに夜遊び情報は一切なし。申し訳ない。

いよいよ、次はラオスへ渡る。

ん?
結局、タイ北部では一発もしていないぞ。
単なるおっさんバックパッカーと化してしまった。
まあ、安上がりでいいけど。
本番はラオスに入ってからだ。

 

かつてチェンマイで日本語教師をしていた経験もある高野秀行のタイ北部とミャンマー関連の著作がとにかくおもしろい。
この地域の山岳民族やアヘンに関しては、日本でもっとも経験豊富かもしれない。
以下の2冊は必読。まあ、すごい経験している。

ゴールデン・トライアングルのゲリラの村で7ヶ月にわたる潜伏生活。途中でアヘン中毒にもなりかける壮絶ぶりだ。

中国からインドへ続くという最古のシルクロードを実際に踏破しようとする壮絶かつ笑える道中記。わたしにはゼッタイ無理だ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

chiangmaigirl

チェンマイの夜遊びスポット。チェンマイのゴーゴーバーは寂れていた。

さくっとチェンマイ観光を終えて、ホテルで一休み。 日が暮れはじめた。 夜遊び開始である。

記事を読む

サメット島アオパイビーチ3

サメット島二日目。早くもパタヤへ戻る。バンペー埠頭からパタヤへソンテウとバスで帰る方法。

サメット島二日目の朝 南の島の朝は早い。 7時頃には起床した。 レストランに6人が集合して朝食

記事を読む

korat

コラートで観光とMPめぐり

ピマーイからコラートへ 本日はピマーイを離れて、コラートへ行く。 またしても、知り合いの元バービ

記事を読む

バービア嬢実家4

イサーンへ。バービア嬢の実家へ遊びに行く

パタヤからバスでコラートへ さて、友人K氏の彼女である元バービア嬢の実家へ遊びに行くことになった。

記事を読む

singapore1

シンガポールの風俗地区ゲイランに宿泊

バタム島からシンガポールへ バタム島を離れ、フェリーはシンガポール港へ到着。 近い。ほん

記事を読む

ナコンチャイエアー乗り場

パタヤのアパートへ帰還。タイ・ラオス周遊夜遊び旅行終わり

コラートからパタヤへ コラートには2泊した。 とりあえず満足だ。 そろそろパタヤが恋しくな

記事を読む

myanmar-flag

メーサイとタチレク。タチレクの置屋めぐりをしてみた

本日はメーサイとタチレクに挑む。 どちらも初訪問の土地だ。 昔、バックパッカーをやってい

記事を読む

ビエンチャン・ワンダーランド

ワンダーランド置屋ゲストハウスで遊んでみた。ビエンチャン夜遊び情報(地図付き)。

タイビザ取得とビエンチャン観光 ビエンチャン滞在二日目。 早起きして、タイのツーリストビザ取

記事を読む

vientian1

ビエンチャンへ

バンビエンからビエンチャンへ バンビエンの幻の美少女をあきらめて、一路ビエンチャンを目指す。 ま

記事を読む

chiangrai-tower

チェンライへ。チェンライの夜遊びスポット、リトルパッポン。

チェンマイには、たった一泊しかしなかった。 もっとゆっくりしていけばいいものを、なんか、もう満足し

記事を読む

アドステア

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑