*

ゴールデン・トライアングルとチェンセーン

翌日はチェンセーンに移動した。
まず、ゴールデン・トライアングルを見学。
この日は、完全に観光モード。
よって夜遊び情報なし。

ゴールデン・トライアングル

ゴールデントライアングル3

ここは、タイとラオスとミャンマーの3カ国の国境が交差する地帯。
よってゴールデン・トライアングル、黄金の三角地帯と呼ばれる。
かつては、麻薬王と言われたクンサーが支配していた。
何やらCIAが関与していたりと、かなりきな臭い地域であり、昔はかなりヤバかったようだ。

が、現在では単なる観光地である。
民芸品を売る健全な土産物屋が並び、派手な巨大仏像までできていた。

ゴールデントライアングル2

ゴールデントライアングル1

タイ人観光客6割、ファラン2割、東アジア2割くらいの割合。
中国人は大型バスで乗り付けていた。

見どころはメコン川とオピウム博物館くらい。
アジアのアンダーグラウンドが好きな人には、オピウム博物館は必見である。

オピウム博物館

あとは、自然の中にあるリゾートホテル。
2時間もあれば充分見てまわれる観光地だった。
当然、夜遊びスポットなんてあるはずなし。

チェンセーン

夜は、メコン川沿いの町、チェンセーンに宿泊。
ゲストハウスの個室で250バーツほど。

このチェンセーンというところ、とにかくローカルな田舎町だ。
な~んも、ない。
ただ、メコン川が流れているだけ。

チェンセーン

かろうじてコンビニが一軒見つかった。
夜遊びスポットなんて、とんでもない。
探そうなんて気力すら起きない寂れっぷりだ。

いやでも、ひょっとしたら置屋の一つや二つくらいあったかもしれないぞ。
始めからないものだと決めつけていて、探そうともしなかったのは夜の放浪者としては失格かも。

意外と速度の早いゲストハウスのWi-Fiでずっとインターネットをして過ごした。
田舎の夜も早い。
9時には真っ暗になった。

そんわけで、今回のエントリーに夜遊び情報は一切なし。申し訳ない。

いよいよ、次はラオスへ渡る。

ん?
結局、タイ北部では一発もしていないぞ。
単なるおっさんバックパッカーと化してしまった。
まあ、安上がりでいいけど。
本番はラオスに入ってからだ。

 

かつてチェンマイで日本語教師をしていた経験もある高野秀行のタイ北部とミャンマー関連の著作がとにかくおもしろい。
この地域の山岳民族やアヘンに関しては、日本でもっとも経験豊富かもしれない。
以下の2冊は必読。まあ、すごい経験している。

ゴールデン・トライアングルのゲリラの村で7ヶ月にわたる潜伏生活。途中でアヘン中毒にもなりかける壮絶ぶりだ。

中国からインドへ続くという最古のシルクロードを実際に踏破しようとする壮絶かつ笑える道中記。わたしにはゼッタイ無理だ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

アパート2

ゴーゴー嬢とアパートでのプチ同棲生活

同棲生活のはじまり そんなわけで無事にアパート入居。 生活に必要な家具は一式そろって

記事を読む

MP嬢 (7)

MP嬢と2泊3日の欲望ホテル暮らし

コラートへ逆戻り ろくに夜遊びをしないまま、コンケーンで一泊。 朝、コンケーンのホテルをチェ

記事を読む

スローボート

パタヤ発アジア夜遊び紀行のはじまり

はじめに 今を遡ること2年半ほど前。 2012年春のこと。 長期で旅に出ることにした。

記事を読む

laos-flag

ラオス夜遊び旅行まとめ。ルートや費用、ガイドブックなど。

フエサイからスタートした今回のラオス夜遊び旅行。 終点はビエンチャンだった。 簡単にまとめてみた

記事を読む

サメット島アオパイビーチ

パタヤからサメット島へ。昼はアオパイビーチ、夜はサイケオビーチ。

パタヤからバンペー埠頭へ ちょっとした波乱があったものの、無事にサメット島行きの朝を迎えた。 忙

記事を読む

phimai

ピマーイの観光と夜遊び情報(地図付き)

ピマーイ観光 ピマーイの朝。 ピマーイ・イン・ホテルのレストランでカオトム(おかゆ)を注文して朝

記事を読む

chiangmai-doisuthep

パタヤからチェンマイへ。チェンマイ観光少しだけ。

パタヤ発タイ・ラオス夜遊び周遊旅行。 まず、夜行バスでパタヤからチェンマイへ向かう。 パタヤから

記事を読む

MP嬢 (1)

コラートふたたび。怪しいマッサージ屋はやはりブンブン付きだった。

いよいよ、タイ・ラオス周遊旅行も終わりが近づいてきた。 この旅最後の滞在地はイサーンの中心都市

記事を読む

サメット島アオパイビーチ3

サメット島二日目。早くもパタヤへ戻る。バンペー埠頭からパタヤへソンテウとバスで帰る方法。

サメット島二日目の朝 南の島の朝は早い。 7時頃には起床した。 レストランに6人が集合して朝食

記事を読む

vang-vieng1

バンビエンは若いリア充ファランの溜まり場だった。でも置屋もあるよ。

ルアンパバーンで2泊してから、バンビエンに向かった。 ルアンパバーンからバスに揺られること6時間。

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑