*

バービア嬢とLINE。ムゥピンはうまい。

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , ,

8日目

昨晩電話番号を交換したバービア嬢BちゃんとLNEでのやり取りで楽しむ。
まず、GOOD MORNINGのスタンプの応酬から始まる。
昼飯の写真の交換。
二人ともママー(インスタントラーメン)。

ママー

Bちゃんはそこそこ英語も使えるようで、コミュニケーションが取りやすい。
まだバービアで働いて1ヶ月ほどと言っていたが、そのわりには英語のスペルや表現はしっかりしている。前職は何だったのだろうか。それとも学校でちゃんと勉強していたのか。

昨晩撮影したBちゃん
Bちゃん1

夕方までだらだらとLINEは続く。
が、それ以降はばったりと途絶えた。
夜からウォーキングへ遊びに行く約束だったが、これでは予定の立てようがない。

 

とりあえず一人で夕食。
近所の屋台で、豚の串焼き。タイ語ではムゥ・ピン。直訳すれば豚焼き。

ムゥピン1

ムゥピン2

七輪で焼くところが日本人の心にアピールする。
甘辛いタレに漬け込んであり、肉がやわらかい。うまい。ご飯がすすむ味だ。
1本10バーツ。
以前よりムゥ・ピン屋台が増えたような気がする。見つけた際は手軽にどうぞ。
すでに焼きあがっているものでも、もう一度温めてもらえます。自分で勝手に選んで、七輪の上に置けばオッケー。
腹が減っている人は、カオニャオも売っているので、ついでに買いましょう。

結局、その後Bからの連絡はなくウォーキングへ遊びに行く約束は反故にされた。
まあ、タイ人との約束なんてそんなものである。
いちいち気にしていられない。

 

再度、外出。
ためしにBの在籍するバービアをのぞいてみるが、案の定、Bは不在。
そう言えば、この1ヶ月で8日しか出勤していないらしい。
どうせ出勤しても客は来ず、暇なので自分でドリンクを買ってバービア嬢同士で飲んでいるだけ。それなら遊びに行って、酒飲んでるほうがマシとの理屈らしい。
月のサラリーのことなど考えないようだ。
それとも送金してくれるような太い客でもいるのかな。

 

別のバービアでビールとビリヤード。
小腹がすいたので、ルークチン(つみれ)をつまみにする。
夜11時半過ぎには閉店準備。

もう一軒馴染みのバービアへ向かう道中で、そこで働くメンツと遭遇。
「もう閉店したよ~」
がっくし。
やっぱり12時閉店でも早いよなあ。

大人しく部屋に戻ると、ようやくBからメッセージが届く。
明日はビーチへ遊びに行きたいとのこと。
さて、この約束こそは守られるのだろうか。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

buakao barbeer

まさかのペイバー強要、でも大当たり

6日目夜の部 ブッカオのバービアへ移動。 ここには以前友人が連日ペイバーしたバービア

記事を読む

ヤム

タップタップ

15日目 軽い二日酔いで少々気分が悪い。 ご飯を腹に入れておこうと、カオマンガイを昼飯にした

記事を読む

Fちゃん1

大卒バービア嬢を連れ出す

12日目 もうすっかり下痢は完治。 タイ語で言うなら、トーン・シア・ハーイ・レーオ。

記事を読む

TUKCOM1

トゥッコムとブッカオ市場

6日目 【トゥッコムへ】 昼過ぎ、パタヤタイ(サウスパタヤ)にあるIT製品に特化したショッピ

記事を読む

ウォーキング夜景 1

ウォーキングのゴーゴー、ココナッツゴースト、バービアめぐり

42日目 バンコク銀行へ行くと、本日は平常営業。ATMも使えたので、無事に現金ゲット。 これ

記事を読む

スワンナプーム空港

パタヤ沈没生活終了。クアラルンプール経由で日本帰国。

48日目最終日 Nとお別れ パタヤ最後の朝。 ぐずるNを叩き起こして、最後の一発。 濃厚なや

記事を読む

ムーカタ

バービア嬢Nが部屋に来る。それからムーカタへ

34日目 昼過ぎ、LKメトロのケバブ屋で昼食。60バーツ。 なんだかんだ言って、週に

記事を読む

バス修理2

バス爆発。パタヤへの長い道のり。ビザランまとめ。

30日目 【ウドンタニーの朝】 早朝5時起床。 日本対ギリシャ戦。 ひどい内容だった。 こ

記事を読む

エアアジアパタヤ初日 017

初日はクーデター

1日目 ほぼ3ヶ月ぶりのパタヤ訪問。 今回は2ヶ月弱の滞在予定だ。 貧乏旅行者御用

記事を読む

オフィス

さらば外出禁止令。LKメトロのゴーゴーバー、オフィス。

13日目 145センチのバービア嬢Bとは、毎日のようにラインのやり取りを続けている。 そのわ

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑