*

バービア嬢とLINE。ムゥピンはうまい。

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , ,

8日目

昨晩電話番号を交換したバービア嬢BちゃんとLNEでのやり取りで楽しむ。
まず、GOOD MORNINGのスタンプの応酬から始まる。
昼飯の写真の交換。
二人ともママー(インスタントラーメン)。

ママー

Bちゃんはそこそこ英語も使えるようで、コミュニケーションが取りやすい。
まだバービアで働いて1ヶ月ほどと言っていたが、そのわりには英語のスペルや表現はしっかりしている。前職は何だったのだろうか。それとも学校でちゃんと勉強していたのか。

昨晩撮影したBちゃん
Bちゃん1

夕方までだらだらとLINEは続く。
が、それ以降はばったりと途絶えた。
夜からウォーキングへ遊びに行く約束だったが、これでは予定の立てようがない。

 

とりあえず一人で夕食。
近所の屋台で、豚の串焼き。タイ語ではムゥ・ピン。直訳すれば豚焼き。

ムゥピン1

ムゥピン2

七輪で焼くところが日本人の心にアピールする。
甘辛いタレに漬け込んであり、肉がやわらかい。うまい。ご飯がすすむ味だ。
1本10バーツ。
以前よりムゥ・ピン屋台が増えたような気がする。見つけた際は手軽にどうぞ。
すでに焼きあがっているものでも、もう一度温めてもらえます。自分で勝手に選んで、七輪の上に置けばオッケー。
腹が減っている人は、カオニャオも売っているので、ついでに買いましょう。

結局、その後Bからの連絡はなくウォーキングへ遊びに行く約束は反故にされた。
まあ、タイ人との約束なんてそんなものである。
いちいち気にしていられない。

 

再度、外出。
ためしにBの在籍するバービアをのぞいてみるが、案の定、Bは不在。
そう言えば、この1ヶ月で8日しか出勤していないらしい。
どうせ出勤しても客は来ず、暇なので自分でドリンクを買ってバービア嬢同士で飲んでいるだけ。それなら遊びに行って、酒飲んでるほうがマシとの理屈らしい。
月のサラリーのことなど考えないようだ。
それとも送金してくれるような太い客でもいるのかな。

 

別のバービアでビールとビリヤード。
小腹がすいたので、ルークチン(つみれ)をつまみにする。
夜11時半過ぎには閉店準備。

もう一軒馴染みのバービアへ向かう道中で、そこで働くメンツと遭遇。
「もう閉店したよ~」
がっくし。
やっぱり12時閉店でも早いよなあ。

大人しく部屋に戻ると、ようやくBからメッセージが届く。
明日はビーチへ遊びに行きたいとのこと。
さて、この約束こそは守られるのだろうか。


関連記事

カオパット

やはり浮気の虫がうずき出す

40日目 昼飯は買い置きしてあったインスタントラーメンとゆで卵。 貧乏学生のような食生活であ

記事を読む

バーベキュー

屋台のBBQ。最後はタダ酒で酔っ払う

26日目 【セントラルでNと待ち合わせ】 昼12時過ぎにNに連絡。1時間後にセントラルフ

記事を読む

Fちゃん1

大卒バービア嬢を連れ出す

12日目 もうすっかり下痢は完治。 タイ語で言うなら、トーン・シア・ハーイ・レーオ。

記事を読む

散髪屋

パタヤで散髪

3日目 さて、気を取り直して本日の任務。 それは散髪だ。 パタヤで散髪屋に行くようにな

記事を読む

ACTIONSTREET看板

二日酔いの日は、まったりとバービアめぐり

38日目 パーティから一夜明け、すっかり二日酔い。 英語で言うなら、HANG OVER。

記事を読む

the castle

サードロードに怪しいフェティッシュクラブ発見。夜、大卒バービア嬢と出会う

11日目 もうほとんど痛みはなくなったが、最後のダメ押しで薬を飲んでおく。 これで下痢ともお

記事を読む

クイジャップ3

ガパオプラームック、クイジャップ、大雨

35日目 早朝まで日本代表戦を見ていたので、起床は昼過ぎ。 曇り空であまり暑くない。

記事を読む

おにぎり1

ファミマのおにぎり。最後はやっぱりNをペイバーしてしまう

36日目 朝からNとLINEでやり取り。 体の調子が悪く、病院代がかさんでいるらしい。 昨

記事を読む

407バス

急遽、ラオス・ビエンチャンへのビザランをすることに

28日目 【パタヤからのビザラン】 そろそろタイに入国してから一ヶ月になる。 滞在期限が迫

記事を読む

barbeer1

今宵もバービアめぐり。スイス人ハーフ(男)と語り合う 

5日目 今日も、昼間からバービア嬢Aに会いに行く。 雑貨屋で合流し、コーラを飲む。Aにも栄養

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑