パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2017年2月パタヤ沈没日記

パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

投稿日:


シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。
BTSサラデーン駅、MRTシーロム駅から徒歩圏内。もちろん、パッポンやタニヤにも歩いていける。立地条件は良好。
部屋はグレードによりけりだが、そこそこ広くて、そこそこ清潔で、そこそこ快適。
ちょっと奥まった場所にあって夜は静か。
決して優れたホテルではないけれど、ほどほどに満足できるホテルだった。

SPONSOR LINK



ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)

シーロム通りから、シーロムソイ8を入っていき、正面にホテルの看板が見える。

Nantra Silom hotel (1)

入り口は路地を曲がって左奥にある。

Nantra Silom hotel (19)

レセプションとロビー
Nantra Silom hotel (3)

到着が朝早かったため、チェックインは午後2時まで待ってくれとのこと。
アーリーチェックインは追加料金500バーツ払えば可能。
チェックインまで荷物は預かってもらえる。紙に名前を書いて荷物に貼り付ける。

ロビーにはテーブルとソファーが少々。無料で使えるパソコンも置いてある。

エレベーターあり。
Nantra Silom hotel (5)

タッチパネル式の最新型。ちょっとわかりづらい。

廊下
Nantra Silom hotel (16)

デラックスルーム部屋内部

予約したのはデラックスルーム。
スタンダードルームよりも少しだけ広い部屋のようだ。

Nantra Silom hotel (14)

床はフローリング。

ベッドの正面に壁掛けテレビ。やや小さめ。

Nantra Silom hotel (13)

カードキーを差し込んで通電させるタイプ。

Nantra Silom hotel (6)

ドア右手に作業机と冷蔵庫。
Nantra Silom hotel (10)

冷蔵庫内には無料の水が2本だけ。ミニバーなし。

左手に、ハンガーかけと、セーフティボックスなどが置かれたテーブル。
Nantra Silom hotel (8)

アメニティ類もセットしてある。石鹸、シャワーキャップ、コップ、ティッシュペーパー、トイレットペーパーなど。

Nantra Silom hotel (9)

その奥が洗面台と浴室。洗面台と浴室はセパレートタイプだ。

Nantra Silom hotel (7)

浴室内
Nantra Silom hotel (12)

シャワーの温度と水量は問題なし。
シャワーブースには段差があるが、排水速度がおいつかず、トイレの床まで浸水していた。洗面台は外にあるので大丈夫。
シャワー横に、バスフォーム、シャンプー、コンディショナーが備わっている。

バルコニーはないが大きな窓がついている。

Nantra Silom hotel (15)

シーロム通り側を向いているが、路地に奥にあるので夜はとても静か。
ぐっすり眠れる。

Nantra Silom hotel (11)

全体を見れば、そこそこ広い。充分にくつろげるはず。
おそらく、建物自体は古いと思われる。が、それなりに清潔に維持されている印象。
浴室の水回りは古臭さを感じたが、あとはごくごく普通。
ハンガーかけのあるエリアがちょっと無駄なスペースのように思えた。たぶん、改装時に作り変えたのだろうなあ。

一番安いグレードがエコノミールーム。
少し中をのぞいてみたが、かなり狭い。窓もない。日本のビジネスホテルをさらに狭くした感じで、部屋の大部分をベッドが占めている。清潔度はそこそこあるが、閉塞感もかなりのもの。
料金は安いんで、昼間は観光、夜は飲み歩き、夜中に帰って寝るだけの節約系バックパッカーなら充分なレベル。ドミトリーは遠慮して個室がいい節約系旅行者向けでしょうかね。

ある程度広くて開放感のある部屋を希望の人は、デラックスルームがいいと思います。
よほど高級感やリゾート感を求めないかぎりは、それなりに満足できるはず。

なお全館禁煙。
喫煙はホテル玄関前にテーブルでどうぞ。

朝食

館内設備は特にない。
ただし、朝食会場あり。どうやらすべての宿泊プランに朝食がついているようだ。

Nantra Silom hotel (4)

特に何のチェックもなく利用可能。かなりゆるい。
食事内容もゆるい。

Nantra Silom hotel (17)

食パン、シリアル、フルーツ、オレンジジュース、ミルク、コーヒーくらいなもの。

ないよりはマシといった感じか。

Nantra Silom hotel (18)

ビッフェスタイルで、当然おかわり自由。

Wi-Fi

Nantra Silom hotel (2)

レセプションにパスワードを記した紙が大量に置いてある。勝手に取っていけばいい。
接続状態は問題なし。部屋内でも普通に使えた。わりと早い方だと思う。

ジョイナーフィー無料

JFは無料。IDカードチェックもなかった。

地図と周辺施設

地図

シーロム通りの北側。

Silom soi8

標識を見ておけば迷うことはないはず。Si Lom 8と書かれた標識で曲がりましょう。ま、ソイ6からでも行けますが、まずはソイ8へ。

パッポンまで徒歩3分ほど。タニヤまで5分。

ホテルからBTSサラデーン駅までは6分。MRTシーロム駅まではさらに数分といったところ。
まあ、すべて徒歩圏内です。
BTSと地下鉄の両方が使えるので、バンコク市内での移動にはとても便利。
夜遊びのみならず、観光やビジネスの拠点としてどうぞ。

パッポン方面へ向かえばコンビニ多数。シーロム通りを渡ったほうがコンビニは近いが、昼間は交通量が多くて、横断するのが少々厄介かも。

ホテル周辺には、日本料理レストランや日本人向けマッサージ屋もあり。

Massage Benten

少々怪しいマッサージ屋なのが玉にキズか。それとも目一杯、体の一部をのばしてリラックスできるのか。

タニヤ通り内には日本料理レストランや居酒屋多数。
シーロム通りを渡ったところにはローカルタイ料理食堂が多い。
シーロムコンプレックス内にも日本料理屋多数あり。
日本料理にもローカルタイ料理にも困らない。

宿泊料金と予約先

エクスペディア系列(ホテルズドットコム、じゃらん含む)がプロモ価格を打ち出していた。
デラックスルームでちょうど1000バーツ。スタンダードルームが800バーツほどだった。
たまたまだろうけど、アゴダよりエクスペディアのほうが安かった。
ただし、一番下のグレードのエコノミールームはアゴダとブッキングドットコムでしか取り扱っていなかった。
このあたりは、日程によって変わってくるはずなんで、宿泊予定が決まったら、それぞれのサイトでチェックしたほうがいいでしょう。

ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

ブッキングドットコム

まとめ

バンコク旅行歴は20年ほどになるが、今回はじめてシーロム地区に宿泊してみた。
まあ、何かと便利でしたな。
ホテルは、ほどほどに快適だった。ただ、1500バーツの価値はないです。1000バーツ前後なら、立地条件を考えるとコスパは上出来といったところ。
ホテルの設備には過度の期待をせずに、夜は静かに眠りたいには向いていると言えるでしょう。
あと、夜遊び目的よりも一般カップルや個人旅行者のほうが多かった。夜遊び目的でも問題ないし、観光ビジネス目的でも使えるホテルです。

SPONSOR LINK

-2017年2月パタヤ沈没日記

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.