パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー 夜遊び情報

WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

投稿日:2017年2月18日 更新日:

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

D CLUB (3)

名前は、D CLUB。読みかたは、そのまんまディークラブでしょう。

場所は、ソイダイヤモンド入り口の階段をのぼったところ。休業しているムーンクラブ横あたり。

D CLUB (1)

たしか、以前はディスコだったはず。店員に聞いてみると、2月16日にゴーゴーバーとしてオープンしたばかりだそうな。

FACEBOOKの公式ページで確認すると、たしかに2月16日ソフトオープンと書いてあった。

ディスコは客が少ないからゴーゴーバーへ鞍替えしたとか何とか店員は笑っていたなあ。さもありなん。

階段下では呼び込みがチラシを配っている。
ドラフトビール79バーツ、カクテル系も99バーツ。

他にも、ウォッカやウイスキーのボトル販売あり。ミキサーとアイスが無料でついてくるみたい。

D CLUB (2)

階段を上って入店。

入ってすぐ右手が待機嬢たちのたまり場となっている。けっこうな人数だ。
店内は奥に長い構造。
ステージが手前と奥に一つずつ。
各ステージにはポールが8本。ダンサーも8人ほど。
あと、中央付近の壁際にDJブースがあって、その両隣にお立ち台があって、一人ずつ踊っている。
客席はステージを挟んで壁際に1列ずつ。
さらに、一番奥に数段程度の階段があって、ソファーが並んでいる。ステージからは離れるが、ドリンクを奢ってダンサーといちゃいちゃできそうな雰囲気。

新規開店祝いか、場内はほぼ満席。
なんとなくアラブ系の客が多い。このあたり、ビッグボスの出身国と関係がありそうだが詳細は不明。
チェックを済ませたばかりの席になんとか座ることができた。

ステージ上ではショータイム中。
すけすけの下着姿のダンサーが軽いショーダンス。特に見ごたえはなし。

通常ステージ再開。
奥側の席だったため、入口側のステージは遠すぎてほとんどダンサーの顔が確認できない。

ダンサーの数はかなり多い。2ステージ分で16人。それが3交代ほどするんで、50人はいる。実際はもっと多いだろう。

レベルはそれなり。
一人目を引くダンサーがいたが、あいにくと接客中。
とはいえ、席から離れたステージはほとんど確認できないし、入口付近の待機嬢はまったく見えない。
席の場所がかなり重要だな。できれば入って右側の真ん中あたりがよい。ちょうどDJブースの向かい側。ここなら、両方のステージが何とか見渡せるし、DJブース横のお立ち台ダンサー二人も見られる。
いや、やっぱりどちらかのステージに専念したほうがいいかも。

期間限定雇用のコヨーテが多い印象。
たまたま横に座ってきたコヨーテと話をしてみる。
1日1000バーツで雇われているとか。

レディドリンクは165バーツと言っていた。
バーファインは、深夜12時まで1500、12時以降は1000とのこと。

チップの額は聞いていない。たぶん、ショート2500か3000が言い値でしょう。要交渉。

バーファインは最近のゴーゴーバーの流れを踏襲している。このパターンが増えたなあ。

元々ディスコだけあって、音響設備はしっかりしている。音は良かった。
照明もほどほどに明るくて好印象。
営業はそれほどうるさくない。

縦に長細い作りが気になるけど、わりと居心地はいいかも。

新規オープンということで臨時雇いのコヨーテが多いはず。10日経過してからが本番かな。
営業時間は、午後8時半から午前4時までのようだ。

ちなみに、フロッグクイーン前を通ると営業していなかった。

Frog queen

単なる休業なのか閉店なのかは不明。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-ゴーゴーバー, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.