*

チェンマイの夜遊びスポット。チェンマイのゴーゴーバーは寂れていた。

chiangmaigirl

さくっとチェンマイ観光を終えて、ホテルで一休み。
日が暮れはじめた。
夜遊び開始である。

チェンマイで風俗といえば、MPと置屋というイメージが強かった。

もともとMPはそんなに好きじゃないし、置屋はカラオケ置屋にしろローカル向け置屋にしろ、ちょっと不便な場所にあるようだ。

バービア派のわたしは、まずはバービアからチェックだ。
ファランの多いところ、もれなくついてくるバービア群。
チェンマイのバービアはターペー門の東側、ロイコー通りに固まっていた。

チェンマイ5

ムエタイリング付きのバービア群もあった。
とりあえず、ムエタイリングのそばにあるバービアに入ってビールを飲む。

チェンマイ4

肝心なのはバービア嬢のレベル。
色白チェンマイ美人を期待していたけれど、まあ、パタヤと大差ないレベル。
やっぱりイサーン出身者が多い。
だったらパタヤでじゅうぶんだよ。
あえて、連れ出す気にはなれなかった。
あと、妙にレディボーイが多かったような。

ナイトバザールを冷やかしつつ、うろうろ。
まあ、ありふれた観光地といった感じ。
それにしてもファランが多いなあ。

チェンマイ3

ついで、チェンマイにも2,3軒営業しているというゴーゴーバーへ。
ターペー門近くにある「スポットライト」に入店。

はっきり言って、しょぼい。

店自体は広い。
入って左半分がカウンターとテーブルが並ぶバーになっている。
ここにはダンサーがいない。普通のバーだ。
で、入って右側がゴーゴーバーエリア。
といってもステージは狭く、ダンサーもせいぜい数人程度。
とても選べるレベルじゃない。
客も2,3人程度。
かなりお寒い状況。
バーエリアは、ファランでそこそこ賑わっているのに。

こりゃあ、無理だな。
ビール一本ですごすごと退散。

帰り道、大きなホテルの裏側にある「フォクシーレディ」というゴーゴーバーにも寄ってみた。
ちょっと裏道っぽい路地の中にあって、いささか雰囲気が悪い。
ドアを開けて中をのぞいてみるも、やっぱり無理。
スポットライトよりはかなりマシだが、わざわざ入店するほどのものじゃなさそう。
のぞいただけで撤退。

あとはMPと置屋だけど、夜行バスの疲れもあったし、そもそも前日の夕方にコヨーテ嬢とパタヤのアパートで一発やったばかりだ。
わざわざ無理に遊ぶ必要もない。

日本からの短期旅行なら意地でもどこかで一発かましてやるところだが、パタヤでアパート暮らしの身。
何も慌てふためく必要がないのだ。
とりあえず、夜の遊び場の雰囲気を味わえればそれでよし。

そんなわけで、あっさりとチェンマイの夜遊び終了。

Gダイアリーの最強マップには、これでもかとチェンマイの夜遊びスポットが掲載されている。
MP、カラオケ、置屋、MP、バービア、援交カフェ。
これだけあれば、数日間は楽しめるはず。

でも、正直なところ、夜遊びだけを目的に訪れる場所じゃなさそう、チェンマイは。
避暑地とかロングステイとか山へトレッキングとか、まあ健全旅行70%に、ちょっと夜遊びを加えて楽しむなんて、スタイルがよろしいんではないでしょうか。

何の参考にならないかもしれませんが、ごく簡単なチェンマイ夜遊び地図です。画像クリックで大きな地図にジャンプします。
チェンマイ夜遊び地図

 

チェンマイ最強マップ掲載。MPと置屋巡りに必携。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

こちらもチェンマイ夜遊び情報あり。


関連記事

サメット島アオパイビーチ3

サメット島二日目。早くもパタヤへ戻る。バンペー埠頭からパタヤへソンテウとバスで帰る方法。

サメット島二日目の朝 南の島の朝は早い。 7時頃には起床した。 レストランに6人が集合して朝食

記事を読む

オピウム博物館

ゴールデン・トライアングルとチェンセーン

翌日はチェンセーンに移動した。 まず、ゴールデン・トライアングルを見学。 この日は、完全に観光モ

記事を読む

バービア嬢実家4

イサーンへ。バービア嬢の実家へ遊びに行く

パタヤからバスでコラートへ さて、友人K氏の彼女である元バービア嬢の実家へ遊びに行くことになった。

記事を読む

Nちゃん2

旅のはじまりは、いつものパタヤ

手配した航空券 ついに始まったパタヤ発アジア夜遊び紀行。 出発前夜は、どきどきしてなかなか眠

記事を読む

singapore1

シンガポールの風俗地区ゲイランに宿泊

バタム島からシンガポールへ バタム島を離れ、フェリーはシンガポール港へ到着。 近い。ほん

記事を読む

indonesian3

スラバヤのドリーに行ってみた。失われつつあるアジアの置屋街。

ジョグジャカルタからスラバヤへ ジョグジャカルタから列車に乗り、一路スラバヤへ。 朝7時15

記事を読む

ジョグジャカルタ置屋

ジョグジャカルタで置屋めぐり。Gang3の置屋は座敷牢のようだった。

バンドゥンからジョグジャカルタへ バンドゥンの置屋を堪能したあとは、ジョグジャカルタへ向か

記事を読む

vang-vieng1

バンビエンは若いリア充ファランの溜まり場だった。でも置屋もあるよ。

ルアンパバーンで2泊してから、バンビエンに向かった。 ルアンパバーンからバスに揺られること6時間。

記事を読む

khonkean

コンケーンへ

昨晩は、コラートのMPバビロンの泡姫オイちゃんとの約束をすっぽかされた。 タイではよくある

記事を読む

ソンクランバービア嬢

パタヤで初めてのソンクラーンを体験。ペイバー不可嬢連れ出し作戦

ゴーゴー嬢ボーちゃんとのプチ同棲生活を解消し、独り身となったわたし。 ここからは、新たな相手を

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑