*

フロッグクイーン再訪とインフィニティとシャンペーンとクリスタルクラブ。

公開日: : 夜遊び情報

禁酒日から明けたパタヤのゴーゴーバーの様子。

Walking street 201702

ウォーキングストリートもLKメトロも、いつも通りですな。
禁酒日当日は閉店していたゴーゴーバーも、もちろん営業している。

まずは、ウォーキングストリートから。

フロッグクイーン Frong Queen

Frog Queen

禁酒日に関連してから、2日連続で休業していたフロッグクイーンへ。ここは新規オープン当初に入店して以来となる。
当初はなかった看板も出来ている。
さらに80バーツのドラフトビールを導入。8時半から10時までのハッピーアワーならさらに安くて59バーツ。

肝心のダンサーは、明らかに以前とはラインナップが異なる。
レベルアップしている。人数も増えている。

とはいえ、20代半ばあたりが中心だろうか。
ほどほどのルックスとスタイルを備えたコヨーテ嬢が多い印象。
おっと目を引くほどの嬢は見当たらないが、平均レベルはそこそこ。

ショータイムあり。二人のダンサーが、ベビーオイルを塗りたくるだけのもの。たまに観客にオイルを塗るように指示してくる。特に見たくもない演出。
ショーなのに、胸にはニップレスを貼ってあるし。
このショーは不要だな。

あと、客席からステージを少し見上げる形となっていて、照明がきらきらと眩しくて、ちょっと疲れる。

ペイバー関連の費用は聞いていない。
現地でご確認のほどを。

うーん、悪くないんだけど、ちょっとおもしろみにかけるゴーゴーバーといったところ。

インフィニティ Infinity

Infinity

ちょこちょことのぞきたくなるゴーゴーバーがインフィニティ。

奥に長細い作りで、ステージの立ち位置変化も乏しい上に、照明が暗いもんだから、顔がちっともわからん。
でも、よくみると、けっこうレベルが高い。
整った顔だちが多い。
以前見かけた、明らかにレディボーイくさいダンサーは見当たらない。

それにしても、さらにDJの音量がでかくなったような。

店内で狼藉遊びをするには、かなり向いているかも。
この雰囲気なら恥ずかしくない。

でかい音量と暗い照明が苦手な人は、ちょっと厳しいかな。

トムボーイ風のママさん(?)のノリがいいね。

ダンサー陣からの売り込み営業は積極的。
アジア系客狙いとファラン客狙いに分かれているような印象。

この雰囲気にさえ慣れたら、好みの相手は探せるはず。

シャンペーン Champagne

つづいて、LKメトロへ。
すべて営業中。

Champagne

PR嬢から、「レディーかわいい」と言われて、誘われるように入店したのがChampagne。まあ、読みかたはシャンペーンでもシャンパーニュでもお好きなように。

というか、かわいいレディがいやしないぞ。

出勤嬢は全部で15人から20人くらい。
8人チームが2交代で回している感じ。
特に目を引くダンサーおらず。

でも、DJの音量が大きすぎず小さすぎず、照明はほどほどに明るくて、客席の座り心地もそれなりなもんで、居心地は悪くないんだよなあ。営業攻勢もおとなしめ。
のんびり飲むにはいいね。これぞLKって感じ。

クリスタルクラブ Crystal Club

深夜1時頃、最後にクリスタルクラブへ。
禁酒日当日夜の盛況ぶりはどこへ行ったのか。
場内、がーらがら。
客は4組くらい。
ダンサーもサービスも、のんびりモード。
客もだらだらしている。
いいね、この雰囲気こそがクリスタルクラブだよ。深夜のLKメトロだよ。

ダンサーは全部で15人ほど。
この時間帯ともなると、売れっ子は残っていないみたい。
禁酒日夜はもうちょっとレベルが高かったはずだが。

軽く営業を受けたが、軽くスルー。
まったりと飲めた。

がっつりお相手探しならやっぱりウォーキングストリートのほうがいいだろう。
でもLKメトロのまったり感も捨てがたいんだよねえ。

ちなみに、クリスタルクラブ横のバチェラーの門構えは、バレンタインデーモードだった。

Bachelor

どうせ、またすぐに取り壊すんでしょうな。
門を作る予算があるなら、もっとレベルの高いダンサーを雇ってほしいもんである。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

スクーターズバーソイ6 (3)

【新店舗レポ】スクーターズバー3号店がソイ6に新規オープン

昨年2015年にパタヤ、ソイブッカオに登場したScooters Bar(スクーターズバー)。 モッ

記事を読む

テパシットソイ8ローカル置屋

テパシットのローカル置屋続報。ショート900バーツなり。(NAKATAホテル追記あり)

先日、バイクで通りかかったテパシットのソイ8にあるローカル置屋。 通りがけで見た限りでは、若くてか

記事を読む

paradise

ソイLKメトロゴーゴーバーレポート2軒、パラダイスとオフィス

ウォーキングストリートのゴーゴーバーレポートシリーズに続いて、ソイLKメトロも取り上げたい。

記事を読む

クラブオー (1)

ノースパタヤの気になるラウンジ、CLUB O(クラブオー)

先日、夜のノースパタヤ通りを走っていると、店頭で着飾った女性たちがずらりと並んでいる店があった。

記事を読む

baccara

パタヤバカラの開店時間は午後7時半。オープニングに乗り遅れるな。

昨日12月28日の時点で、パタヤバカラの開店時間は午後7時半となっている。閉店は午前3時半。

記事を読む

Walking street midnight

深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好きだ。 まだまだ観光客はいるが

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

ソイ3バービア群 (2)

【バービア定点観測】ドリンキングストリート、ソイ3、ソイ6

昨晩、ノースパタヤのバービアを少々まわってきた。 時刻は夜11時過ぎ。 まずは、ソイ3へ

記事を読む

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

walking-street-raining

土曜深夜大雨のウォーキングストリート。パレスのGREEN PARTYとスイートハーツのRock’n’Roll。

チャン島旅行記の途中ですが、リアルタイムではパタヤ沈没中につき、いろいろとパタヤネタも盛り込んでいき

記事を読む

アドステア

アドステア

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

Bangkok bank ATM free coke (1)
バンコク銀行ATMで外国のクレジットカードを使うとコーラ1本プレゼント中

どうでもいいようなプチお得情報を一つ。 タイのバンコク銀行A

→もっと見る

PAGE TOP ↑