*

パタヤ沈没生活2ヶ月終了。日本帰国へ。


沈没日記31

パタヤ沈没生活&バンコク滞在少々を終えて、いよいよ帰国の日。
タイ滞在2ヶ月が長いか短いか。
こんな生活をここ数年ずっと繰り返してきた今となっては、感覚が麻痺してしまい、もはやどうでもよくなっている。
いちいち日本に帰るのが面倒な気がしないでもないが、やはり一度リセットしたほうが、また新鮮な気持ちになれる。ビザの問題もあるし、このスタイルのほうが向いているかな。

SPONSOR LINK

アソークからドンムアン空港へ

帰国便はスクートTZ298便。ドンムアン空港9時35分離陸予定だ。

Bangkok to Japan (2)

午前8時に空港に着いておけば充分間に合うはず。

ホテルはアソークにある。

6時30分、起床。
6時50分、チェックアウト。

地下鉄スクンビット駅からチャトゥチャック駅まで移動。所要時間19分。料金35バーツ。

Bangkok to Japan (5)

陸橋を降りたところで、A1エアポートバスの姿を確認。
すでにバスが動き出していたが、ぎりぎり乗車できた。

Bangkok to Japan (6)

料金30バーツ。
渋滞知らずで、ドンムアン空港まで13分。最速記録かも。

Bangkok to Japan (7)

午前7時42分、ドンムアン空港第1ターミナルへ。

ホテルを出てから、52分の道のりだった。

スクンビット界隈からは、このルートが無難かつ確実だと思う。

関連記事:バンコク市内からBTS・地下鉄とバスでドンムアン空港へ行く方法。エアポートA1バス乗り場。

帰国へ

買っておいたパンとコーヒーで朝飯。
ついでに一服。

終わりが近い。しばし余韻にひたる。

まだモノトーン仕様のドンムアン空港チェックインカウンター。

Bangkok to Japan (1)

スクートのチェックインはすぐに完了。
機内持ち込み荷物の計量すらなかった。

キャビンゼロは小さく見えるんで、軽くスルーできるな。
ま、PC関連品をのぞくと、実際に5.5kgしかなくて、測られても問題なかったのだが。

関連記事:LCC機内持ち込み可能。バックパッカー個人旅行向けのおすすめバックバック、キャビンゼロクラシック44L。

隣の日本人は荷物が大きくて計量。制限10kgのところ12kgもあった。が、二つに分ければオッケーと言われて、そのままスルー。てきとーだなあ。
スクート、ゆるゆる。

Bangkok to Japan (3)

ボーディング時間は早め。
免税店で少し買い物していたら、もう搭乗時刻となった。

レインボーな機内。

Bangkok to Japan (4)

スクートのシート表面は布製で、合皮でつるつるのエアアジアよりも好き。
ディレイの心配があるが、LCCならスクートのほうが座り心地がいい。

順調に離陸して、予定通り4時間40分で関空へ。
往路は機材トラブルがあって1時間遅れとなったが、復路は快調。
この時期は偏西風の影響か、タイから日本へのフライト時間が短い。

2ヶ月ぶりの日本は極寒の地だった。

空港を出たとたんにパタヤへ帰りたくなった。

これにてパタヤ沈没生活2ヶ月は終了。

 

しばし日本滞在。
でも、あっという間。
一時帰国みたいなもの。
軽く所用を済ませてから、タイへ戻ることになった。

そして現在、絶賛パタヤ沈没中。
だめだ、こりゃ。

SPONSOR LINK

関連記事

Thaniya (2)

はじめてのタニヤ日本カラオケ遊びで大当たりを引く

沈没日記30 パッポンのすぐ隣にある通りがタニヤだ。 BTSサラデーン駅の目の前。駅構内

記事を読む

pattaya-hotel

パタヤ沈没の歴史がまた始まる。初戦は22歳新人バービア嬢。

沈没日記3 いつものパタヤ沈没生活のはじまりであった。 昼はローカルなタイ飯で腹

記事を読む

Mango sticky rice 70 baht (1)

マイミータンのコヨーテ嬢が突然部屋にやって来てブンブン

沈没日記24 夜8時頃、ひさびさに20歳のコヨーテモデル嬢から連絡が入った。 いまだに新しい

記事を読む

hot-pot-chim-chum-2

10代ギャル2人とチムチュム深夜3時

沈没日記12 (沈没日記11数年ぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバー敢行。ショ

記事を読む

walking-street-20170101-2

元日のパタヤは、さながら祭りのあと

沈没日記元旦特別編 夜通し遊んだパタヤの年越し。 酒と泡とスプレーまみれ。 わたし

記事を読む

lk-metro-christmas-1

クリスマスの夜のパタヤ

パタヤ沈没日記クリスマス編 さて、12月25日。クリスマスの夜。 あちこち見て回りたいと

記事を読む

yum mama talay (4)

パタヤラストナイトはダブルヘッダーですっぽかしを食らう

沈没日記27 2016年11月下旬からスタートしたパタヤ沈没生活もいよいよラストナイトを迎える

記事を読む

buakhao-market-food

食費1日100バーツで過ごしつつ、ロング1000バーツ提示を断る。これぞキーニャオスタイル。

沈没日記7 (沈没日記6からの続き) 怒涛の三連戦を終えた。 元ゴーゴー嬢を見送ってか

記事を読む

Walking Street 201701 (2)

年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。 大晦日や新年の様子は、

記事を読む

bar-beer-lady

連戦。濃厚サービスのバービア嬢とロングでしっぽり。

沈没日記5 たしかに18歳バービア嬢はルックス、スタイルとも素晴らしい。何より若い。 が、サ

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑