*

パタヤからバンコクへの道のりは、いつもどおり。ソンテウ、バス、BTS乗り継ぎ。


沈没日記28

パタヤ2ヶ月沈没生活が終了。あとは、バンコク経由で日本へ帰国するだけ。
ドンムアン発の帰国便が午前8時半。午前7時には空港に着いておきたい。パタヤからドンムアンへは、どうしても時間がかかる。早起きはいやだ。そんなわけで、バンコクに立ち寄る。最近はこのパターンが多い。

SPONSOR LINK

パタヤからバンコク(スクンビット・アソーク)へ

パタヤのソイブッカオやセカンドロードあたりからバンコクのスクンビットへの移動方法については過去何度も取り上げている。
特に大きな変更点はない。さくっと流していく。

11時45分、セカンドロードで流しのソンテウを拾う。10バーツ。

Pattaya to Bangkok Asoke (1)

セカンドロード北端のドルフィンロータリーで下車。
横断歩道を渡って、ノースパタヤ通りへ。

Pattaya to Bangkok Asoke (2)

いつもはスクンビット方面行きの乗り合いソンテウが止まっているものだが、一台も見当たらない。

おっと、かなり奥のほうでソンテウが止まっている。
聞いてみると、バスターミナル方面行きだという。

Pattaya to Bangkok Asoke (3)

やはり、ソンテウの乗車位置については厳しくなっているようだ。
ソンテウ新ルールは昨年2016年12月からの施行。で、これは1月下旬の話。2月1日からさらに厳しく適用されるようになったが、おそらく似たようなものだろう。
本来は、この場所で客待ちしてはいけないみたい。
でも、待っていれば乗れるはずだ。
変更点があるとすれば、これだけ。

11時55分に乗車して、10分ほど客待ち。

12時5分、満員になったので出発。10バーツでバスターミナルまで。

12時15分、バスターミナルに到着してエカマイ行きバスチケットを購入。108バーツ。

Pattaya to Bangkok Asoke (4)

13時発のチケットだった。約45分待ち。

Pattaya to Bangkok Asoke (8)

待合室奥にある食堂で昼食を取る。

Pattaya to Bangkok Asoke (6)

毎度おなじみのぶっかけ飯屋で40バーツ。おかずは、パロー(卵と豚肉の中華煮込み)とマラ(ゴーヤ)。

Pattaya to Bangkok Asoke (5)

ま、味はいたって普通。
バスに乗っている最中に腹が減らなければそれでいい。

午後1時、定刻どおりにバスは出発。

午後3時10分、エカマイバスターミナルに到着。2時間10分の道のりだった。

Pattaya to Bangkok Asoke (9)

バスターミナル脇の喫煙所で一服。

エカマイのトイレは無料。

Pattaya to Bangkok Asoke (10)

歩いて1分でBTSエカマイ駅へ。

陸橋のすぐ下に新しいラーメン屋ができていた。Yuujou ramen。友情ラーメンか。

Pattaya to Bangkok Asoke (11)

友情ラーメンが89バーツ。カツカレー丼が85バーツなど。

さらにその隣には、つけ麺屋もあり。

Pattaya to Bangkok Asoke (12)

でも、昔からあるクイティアオ屋も健在。

Pattaya to Bangkok Asoke (13)

昔はよくここのクイティアオを食べたもんです。味は並ですけどね。
3軒続けて麺料理が並ぶとは、変なところ。

午後3時25分、エカマイ駅のホームへ。

Pattaya to Bangkok Asoke (14)

エカマイ駅からアソーク駅までは、25バーツ。

午後3時35分、アソーク駅到着。

Pattaya to Bangkok Asoke (15)

あとは、今晩のホテルまで移動するだけ。
ホテルは、ウェルネスレジデンス

Pattaya to Bangkok Asoke (16)

ソイカウボーイの真横にあった。
午後3時40分、無事にチェックイン完了。

パタヤを出発してアソークのホテルまでの所要時間は約4時間。
かかった費用は、合計153バーツ。

やっぱり、この方法が無難でしょうかね。

タクシーなら1200バーツほど。文句なしに一番楽。

ベルトラベル(Bell Travel)を使うのもアリ。

Bell travel time table

パタヤのホテルからバンコクのホテルまでDoor to doorのサービス。
パタヤ発が、9時、13時、17時と本数が限られているのがネックだが、かなり楽はできる。
料金は370バーツ。

http://www.belltravelservice.com/

荷物が少なければ、パタヤからロットゥを使ってもいいかも。エカマイ行きのロットゥがあれば便利。
ま、スケジュールや予算に合わせて、ご自由にどうぞ。

さてと、ターミナル21でも行ってみようか。

SPONSOR LINK

関連記事

walking-street-201612

数年ぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバー敢行。ショート1000B。

沈没日記11 (沈没日記10田舎へ帰る元ゴーゴー嬢とお別れのブンブンからの続き) 12月

記事を読む

beer-bar-new-year-party-5

ハッピーニューイヤー。パタヤ年越しの模様。

沈没日記年越し特別編 あけましておめでとうございます。 パタヤの大晦日から新年にかけ

記事を読む

Patpong (1)

10年ぶりにパッポンのゴーゴーバーで遊ぶ。ピンクパンサーとエレクリックブルー。

沈没日記29 わたしのタイ旅行歴は約20年。最初のうちは健全なバックパッカー個人旅行者だった。

記事を読む

スクリーンショット_020317_123312_AM

マイミータンのカラオケ嬢からおこづかいをせびられてブンブン

沈没日記25 20歳コヨーテ嬢がいきなり部屋にやって来た翌日のこと。 今度は、カラオケ嬢から

記事を読む

walging street 2012

思い出深いゴーゴー嬢と数年ぶりに再会した話

沈没日記14 ウォーキングストリートをぶらぶらしていると、とあるゴーゴーバー前で呼び込み嬢に声

記事を読む

beer bar party food

24歳新人バービア嬢をロングでペイバーするも…

沈没日記19 21歳バービア嬢をイケメン若ファランにさらわれた翌日。 今日こそは誰かをペイバ

記事を読む

walking-street-201612

20歳コヨーテ嬢をふたたびペイバー

沈没日記13 サービス、ルックス、若さと三拍子そろった20歳のゴーゴー嬢。 10日雇用コヨー

記事を読む

Chocolate Cream coronet

体調快復後、24歳バービア嬢をもう一度ペイバー

沈没日記21 体調はすっかり良くなった。 体が軽くなり、心まで軽やか。 ここ数日、ずっ

記事を読む

スクリーンショット_013017_041442_PM

復活のカラオケ嬢とブンブン。やっぱりヒューカーオは健在だった。

沈没日記22 バービア嬢と心ならずもショート遊びとなった翌日のこと。 一年以上の付き合い

記事を読む

buakhao-market-food

食費1日100バーツで過ごしつつ、ロング1000バーツ提示を断る。これぞキーニャオスタイル。

沈没日記7 (沈没日記6からの続き) 怒涛の三連戦を終えた。 元ゴーゴー嬢を見送ってか

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑