*

明るく楽しいレディドリンク&ペイバー撃退方法を考える

公開日: : 最終更新日:2017/02/04 エッセイ ,

ゴーゴーで飲んでいると、ほぼ必ずといっていいほど、営業をかけられる。
レディドリンクを奢って欲しい、ペイバーして欲しいというものだ。それが彼女たちの仕事なんで当然だが、客としては鬱陶しいこともある。

「一緒に座っていい?」とまずは近づいてくる。

座るのはご自由に。

普通に横に座ってきたり、すぐ近くにいる待機嬢が話しかけてくるだけなら、その場ですぐにドリンクを奢る必要はない。ちょっと話をしてから、ドリンクを進呈するかどうかを決めてもいい。むろん、ステージ上のダンサーを呼びつける場合は、レディドリンク必須であるが。

また、向こうから一方的にスキンシップをはかってくる場合は放置していても問題なし。でも、こちらからお触りする場合は、レディドリンクを奢るようにしている。特に、胸あたりを触るときは当然レディドリンクを進呈する。もしくはチップ進呈となる。手を出したら負け。

と、普通は無難に世間話からスタート。
名前、出身地、年齢、滞在期間などなど。
ゴーゴーバーやバービアでのルーティン会話ですな。

個人的に、いきなりタイ語で話しかけれる割合が高くなってきた。英語とタイ語率が半々といったところかな。挨拶は英語でも、その後のルーティン会話はタイ語に切り替える。ルーティン会話に限るなら、タイ語のほうが楽。込み入った話だと、英語も併用するけど。

雰囲気からして在住と思われている模様。実際は単なる中長期沈没者なのだが、説明も面倒だし、パタヤと日本を行ったり来たりの生活をここ数年続けているのも確かだし、タイ滞在歴3年とか答えている。

当然わたしのことを仕事で滞在しているものと考えるだろうから、次の質問はこうなる。

「仕事はどこ? シーラチャ? ラヨーン?」

シーラチャーやラヨーンで働きつつパタヤに暮らしている駐在員や長期出張者はたくさんいる。
普通はそう思うだろう。

で、わたしはこう答える。
「ここだよ。パタヤ」

「ええ? ほんとに? パタヤのどこ?」
パタヤで正規に働いている日本人は少ない。一部旅行代理店かバー関係者くらいなもの。

「ソイパタヤランドで働いている」

ここでピンと来るゴーゴー嬢は多い。
ソイパタヤランドは、言わずとしれたボーイズタウンだ。
マッチョな男や、か弱そうな男が、あんなことやこんなことを夜な夜な展開している素敵かつ不埒な場所である。

ボーイズタウンの看板

「ゴーゴーボーイで働いてるんだよ。今日もブンブンショーやって、ここが痛いんだよ」と自分のケツの穴を差しながら、大仰に痛がるふりをする。
「ジェップ フーキー ライラーイ」と軽いイサーン語も交えてやるといっそう効果的。

「ケツが痛いし、疲れた。だから、今日はペイバーもブンブンもできない。ごめんよ」

大ウケして馬鹿笑いされるか、こいつバカかとドン引きされるかのどちらかの反応がかえってくる。

「それとも、ペイバーしてもいいけど、ブンブンはここね」と相手のケツを指差してやるのも一興。
うひゃあ~と逃げていくゴーゴー嬢。

これにて撃退成功。

まあ、これはほんの一例。
ほかにも、しょーもない嘘やジョークで、明るく楽しく会話しながら、ドリンク攻撃やペイバー攻撃をかわしている。
ムスッとした顔で「NO」とか「メダイ(だめ)」だけではおもしろくないんでね。

お互い楽しい時間が過ごせたはずだし、これでいいかなと。

面倒な時は、単純に「マイミー タン(お金ない)」で押し通したりもするけど。

すでに女がいると伝えるのも有効。
「ミー プーイン レーオ(女はもういるよ)」とか「ロー プーイン マー(女が来るのを待っている)」とでも言えばいい。意外と素直に引き下がってくれる。「どの女よ?」と食い下がってくることもあるが。

入店して着席した直後に営業をかけられた場合は、「レディーのダンシングが見たいからチャーチャーね」といった感じに優しく断ればいいでしょう。

本当にお相手したいゴーゴー嬢だったり、スキンシップをはかりたいゴーゴー嬢だと、素直にドリンク奢ってから口説きモードに入る。これは当然の話。夜遊びの大前提だ。

でも、営業をかけてくる人間すべてにいちいち奢ってられませんな。

どうせ断るなら、明るく楽しく撃退しましょう。
わたしはタイ語を使っているが、別に英語でもいい。それぞれ楽しい嘘やジョークや言い訳を考えてみましょう。

それでもしつこく食い下がる相手には、真顔で「NO」「メダイ」でいいと思う。
毅然とした態度が重要なんだろうけど、まあ、なるべくなら、笑顔で過ごしたいものです。
楽しくやりたいぜ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

タイ語メモ (4)

タイ語と英語のちょっと危険なスラング、ヒーとカント

タイ語ノート タイ語の料理名を書いてもらったり、メモを取るために、タイ滞在時にはいつも小さなノート

記事を読む

バービア結婚パーティ

ゲーレオ。50歳のファランは老けていないのか?

知り合いの元バービア嬢が最近結婚した。 相手は元アメリカ海軍所属のファラン。 彼女は34

記事を読む

ウォーキングストリート

おそるべきタイ有引力の法則。タイ中毒者のための処方箋はあるのか?

ゴールデンウィークもそろそろ終了。 期間中にタイで遊ばれた方もすでに帰国している頃でしょうか。

記事を読む

Gift

カラオケ嬢が欲しがるお土産は3つ。でも最高のお土産はアレだよ。

タイ訪問まであと少しだが、カラオケ嬢とは毎日のようにLINEのビデオコールでやりとりしている

記事を読む

りんな (2)

【ネタ】謎のJKりんなちゃんにペイバー交渉してみた

突如としてLINEに現れた女子高生りんな。 今、巷で話題沸騰中だ。 世の男どもは、何とか

記事を読む

パタヤビーチ

ハリウッド出身のファランにとってパタヤは天国か地獄か

同じ宿に長期滞在しているファランがいる。まあ、安宿なんで、そんな沈没系ファランばかりなのだが、ベラン

記事を読む

ソンクランバービア嬢

ゴーゴーバーに転職するバービア嬢。田舎っ子Pちゃんがスレっ子へ。

パタヤに星の数ほど存在するバービアとそこで働くバービア嬢たち。 そのほとんどが、年齢的にもルックス

記事を読む

ドリンキングストリートバービア群

日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。彼女の秘密を知るべきか知らざるべきか。

ふらりと入ったパタヤのバービアでの話である。 酒とビリヤードと70年代ロックに酔いしれるファランた

記事を読む

東南アジア周遊ルート地図

夜遊び的東南アジア大周遊旅行を考える

ほぼ、前回の続きのような内容。 下川裕治の「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」に触発されたわた

記事を読む

バンコク銀行ATM

続・日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。あなたはそれでも送金しますか?

覚えているだろうか、あの魔性の女プーちゃんを。 齢21にして、日本人やファランを転がし、送金を受け

記事を読む

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑