*

オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

公開日: : 夜遊び情報

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコヨーテクラブがオープンしている。

champaign-cyotes-2

看板には、Champagne Coyotesと書いてある。読み方は、シャンペーンコヨーテで通じるでしょう。シャンパーニュでもいいかな。

元々はマリブというゴーゴーがあって、それからChampagne ago goのラウンジとして使われていたが、完全改築した模様。
もちろん、隣のシャンペーンと同系列となる。

champaign-cyotes-3

開店日は、12月6日。まさに昨日のことだ。
たまたま通りかかったら営業していたので、さっそく入ってみた。

champaign-cyotes-1

外観はガラス張りで外から店内が見える。
中は広い。とにかく綺麗。

Indian(インディアン)という古いバイクの飾り付けが特徴。店舗一番奥に実車も展示してある。
このあたりのオシャレ感の演出は、スクーターズバーの大ヒット以来のトレンドだろうか。

なお、シャンペーンコヨーテのすぐ隣は、これまたオシャレなモータウンバーに改築したWhite roomである。

関連記事:ソイLKメトロの新店レポート。White Roomsがモータウンバービアへ。CAFE’ RACERも。

 

店内のモニターからは、70年代のロック映像が流れている。
この時は、SLADE(スレイド)ばかり連続プレイ。
Tレックスやデビッド・ボウイじゃないところが、オーナーの趣味なのか。

さて、シャンペーンコヨーテという店名どおり、バーカウンター前のステージでコヨーテが踊っている。
が、オープン初日で人が集まらなかったのか、ダンサーはわずか二人。
休憩時間となると、ステージが無人となってしまう。いずれダンサーが増えてくるでしょう。
ウェイトレスは多め。

瓶ビールは80バーツ。シンハー、ハイネケン、サンミゲルライトも同じ価格。
さらに、フォスターの生ビールも置いてある。ハーフパイントで80バーツだ。
コーラが50バーツ。

レディドリンクが110バーツと安い。
もちろんペイバー可能。バーファインは500バーツ。
チップはむろん個人交渉となるが、ゴーゴーバーに比べると、飲み代バーファインなどトータルではかなり安く遊べるはずだ。

オープン初日につき、肝心のコヨーテダンサーはまだまだ揃っていない。これからの発展に期待したいところ。
少々ファランのたまり場的な雰囲気も感じたが、別に日本人でも何の問題もない。
店内は明るいし、ビール代も高くない。気軽に遊びに行ってみましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

クライマックスゴーゴーバー

Climax(クライマックス)、ソイLKメトロの新ゴーゴーバー

パタヤのソイLKメトロに最近オープンしたゴーゴーバー、クライマックスに寄ってみた。 店内への訪

記事を読む

キンナリープレイス (2)

キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

パタヤにいくつもあるジェントルマンズクラブ(ジェントルマンラウンジ)の中で最も有名なのが、ここキンナ

記事を読む

camel toe pattaya (1)

ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(キャメルトゥー)を初訪問してき

記事を読む

Vang vieg okiya (21)

バンビエン夜遊び情報2017年。置屋でショート600バーツ。

バンビエン(ヴァンヴィエン)は、山と川の町。 若い欧米人バックパッカーとスーツケースを

記事を読む

Heaven Gentleman's lounge (1)

ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていった先にあるのが、ジェントルマン

記事を読む

Walking street 201704 Palace

GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリートへ出向いてきた。 LKメ

記事を読む

Walking street 20170211 (4)

禁酒日当日夜のパタヤ。LKはダメで、ウォーキングストリートはほぼ全開。

2月11日、禁酒日夜のパタヤの様子をレポート。 普段は昼間から営業しているバービアの大半は休業

記事を読む

テーメーカフェ看板

バンコク・テーメーカフェ2016年6月最新訪問レポート。相場と遊び方情報。

バンコクのテーメーカフェ 2016年6月某日、わたしはテーメーカフェの扉を開けた。

記事を読む

パンドラPandors (2)

【新規オープンレポート】ソイLKメトロの新コヨーテバー、パンドラ Pandors’s

ソイLKメトロに、いつの間にかオープンしていたコヨーテバーがある。おそらく今週になってからの

記事を読む

korat-mp-6

コラート夜遊び情報2016年最新版。MP、古式按摩などなど。

コラート(ナコンラチャシーマー)の夜遊び状況を2日間に渡って調査してきた。 2012年から13

記事を読む

アドステア

アドステア

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑