*

ソイLKメトロの新店レポート。White Roomsがモータウンバービアへ。CAFE’ RACERも。

公開日: : 夜遊び情報

ソイLKメトロに新しいバーが2つ出来ている。

一つは、1,2ヶ月ほど前に開業したと思われるCAFE’ RACER。

cafe-racer

オールドタイプのレーサーバイクをモチーフにしたミュージックバーを名乗っている。
まあ、バービアです。
けっこう賑わっているが、在籍しているバービア嬢はわりとお姉さま系が多い印象。
コスチュームは統一している模様。
スクーターズバーを意識しているのは明白。

もう一店舗は、つい先日オープンしたばかり。
ずばり、モータウンをモチーフとしたバーだ。

whiterooms-motown-2

看板には、Magic of MotownMotown Nightsの文字と踊る。

ここを新店舗とすべきかは微妙。
店名は、以前のWHITE ROOMSを残している。
だが、店内はすべて一新して、営業形態も完全にバービアスタイルとなっている。
旧ホワイトルーム時代は、ショートタイムバーとコヨーテバーの間くらいでよくわからない形態だったが、今ははっきりとバービアである。

もろにモータウンを打ち出している。

モータウンとは、アメリカの音楽レーベルの一つ。
マイケル・ジャクソンもダイアナ・ロスもスティービー・ワンダーもモータウン出身。
60年代R&Bといえば、モータウンかスタックスで決まりだ。

店内の装飾は、ひたすらモータウンである。

whiterooms-motown-1

レコードジャケットや、シュプリームスなどのイラストや写真がおしゃれに陳列されている。

ビール瓶を入れる袋(通称コンドーム)も、特製モータウン仕様。

whiterooms-motown-3

コースターは、タムラモータウン表記となっている。

whiterooms-motown-4

モータウン好きなら、自ずとテンションが上がる。

奥のTVモニターからは、過去のライブ映像が流れる。
これまたテンションが上がる。

が、残念ながら服喪期間のため、音声は限りなく抑えめ。
音楽バーとしてはかなりきついが、しばらくは我慢のとき。
そのうち賑やかになるでしょう。

現在プロモーション中で、ビールはどれでも60バーツだ。

ボスは、イギリス人。
ママさんは、流暢な英語を話すタイ人だ。
バービア嬢は14人在籍とのことだが、レベルはもう一つ。コスチュームは特に決まっておらず、ばらばら。
まあ、このあたりは普通のバービアですな。レベル的にはカフェレーサーのほうが上のように思える。
なお、ホワイトルームのバーファインは500バーツとなっている。

別にモータウン好きでなくとも楽しめるでしょうが、60年~70年代R&B好きなら、問答無用で楽しめます。

 

スクーターズバーが大当たりしてからというもの類似店舗が増えてきたなあ、というのが正直な感想。

 

ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。
【新店舗レポ】スクーターズバー3号店がソイ6に新規オープン

これでソイLKメトロ内には、スクーターズバー2号店、カフェレーサー、ホワイトルームの3店舗となった。

ソイ7にも、モッズバーができていたしね。

ソイ7のモッズバービア
老舗のマーキーズもソイブッカオで元気に営業中。

かかっている音楽はどこも似たようなものですかね。
イギリスのモッズたちが一番愛した音楽が60年代のリズム・アンド・ブルースなんで、モッズバーでもモータウンバーでも似たような選曲になります。

個人的には、この手のミュージックバーは大好きで、ただ音楽を聞きながら飲むだけの目的で訪れることが多い。
ペイバー目的なら、他のバービアのほうがいいかなあ。

 

モータウンのヒット曲の歴史を網羅するにはこの3枚組

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

windmill

昨晩のウォーキングストリート。Pachaはオープンせず、ウィンドドミル2階で遊ぶ。

2月5日夜のウォーキングストリートの様子をレポート。 時刻は夜9時。 この時間なら、すべての

記事を読む

walking-street-201612

2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王崩御から30日の娯楽自粛期間は

記事を読む

pattaya-walkingstreet-20161016-2

10月16日深夜のウォーキングストリートではゴーゴーバー営業中。バカラとスーパーガール訪問レポート。

昨日、10月16日は仏教の祝日にあたり、禁酒日となっていた。 服喪期間ということもあり、てっきり、

記事を読む

スパイスクラブ (1)

スパイスクラブ訪問レポートとハッピー&ビーチクラブ移転情報

スパイスクラブ(SPICE CLUB) 3月で閉店したビーチクラブ。 旧ビーチクラブ店舗は、その

記事を読む

パンドラPandors (2)

【新規オープンレポート】ソイLKメトロの新コヨーテバー、パンドラ Pandors’s

ソイLKメトロに、いつの間にかオープンしていたコヨーテバーがある。おそらく今週になってからの

記事を読む

VIPERバイパー外観

VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

パタヤヒルとも言われるプラタムナック地区。 パタヤからジョムティエンへ向かう途中、右手に見える丘が

記事を読む

taboo-2

昨晩のウォーキングストリート。バカラのオープニングは見逃して、タブーとヘブアボブを訪問。

昨日9月17日、珍しく早い時間帯にウォーキングストリートを訪れてみた。 さすが週末の土曜日。 観

記事を読む

Walking street 201702

フロッグクイーン再訪とインフィニティとシャンペーンとクリスタルクラブ。

禁酒日から明けたパタヤのゴーゴーバーの様子。 ウォーキングストリートもLKメトロも、い

記事を読む

korat-mp-6

コラート夜遊び情報2016年最新版。MP、古式按摩などなど。

コラート(ナコンラチャシーマー)の夜遊び状況を2日間に渡って調査してきた。 2012年から13

記事を読む

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

アドステア

アドステア

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑