*

ソイLKメトロの新店レポート。White Roomsがモータウンバービアへ。CAFE’ RACERも。

公開日: : 夜遊び情報

ソイLKメトロに新しいバーが2つ出来ている。

一つは、1,2ヶ月ほど前に開業したと思われるCAFE’ RACER。

cafe-racer

オールドタイプのレーサーバイクをモチーフにしたミュージックバーを名乗っている。
まあ、バービアです。
けっこう賑わっているが、在籍しているバービア嬢はわりとお姉さま系が多い印象。
コスチュームは統一している模様。
スクーターズバーを意識しているのは明白。

もう一店舗は、つい先日オープンしたばかり。
ずばり、モータウンをモチーフとしたバーだ。

whiterooms-motown-2

看板には、Magic of MotownMotown Nightsの文字と踊る。

ここを新店舗とすべきかは微妙。
店名は、以前のWHITE ROOMSを残している。
だが、店内はすべて一新して、営業形態も完全にバービアスタイルとなっている。
旧ホワイトルーム時代は、ショートタイムバーとコヨーテバーの間くらいでよくわからない形態だったが、今ははっきりとバービアである。

もろにモータウンを打ち出している。

モータウンとは、アメリカの音楽レーベルの一つ。
マイケル・ジャクソンもダイアナ・ロスもスティービー・ワンダーもモータウン出身。
60年代R&Bといえば、モータウンかスタックスで決まりだ。

店内の装飾は、ひたすらモータウンである。

whiterooms-motown-1

レコードジャケットや、シュプリームスなどのイラストや写真がおしゃれに陳列されている。

ビール瓶を入れる袋(通称コンドーム)も、特製モータウン仕様。

whiterooms-motown-3

コースターは、タムラモータウン表記となっている。

whiterooms-motown-4

モータウン好きなら、自ずとテンションが上がる。

奥のTVモニターからは、過去のライブ映像が流れる。
これまたテンションが上がる。

が、残念ながら服喪期間のため、音声は限りなく抑えめ。
音楽バーとしてはかなりきついが、しばらくは我慢のとき。
そのうち賑やかになるでしょう。

現在プロモーション中で、ビールはどれでも60バーツだ。

ボスは、イギリス人。
ママさんは、流暢な英語を話すタイ人だ。
バービア嬢は14人在籍とのことだが、レベルはもう一つ。コスチュームは特に決まっておらず、ばらばら。
まあ、このあたりは普通のバービアですな。レベル的にはカフェレーサーのほうが上のように思える。
なお、ホワイトルームのバーファインは500バーツとなっている。

別にモータウン好きでなくとも楽しめるでしょうが、60年~70年代R&B好きなら、問答無用で楽しめます。

 

スクーターズバーが大当たりしてからというもの類似店舗が増えてきたなあ、というのが正直な感想。

 

ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。
【新店舗レポ】スクーターズバー3号店がソイ6に新規オープン

これでソイLKメトロ内には、スクーターズバー2号店、カフェレーサー、ホワイトルームの3店舗となった。

ソイ7にも、モッズバーができていたしね。

ソイ7のモッズバービア
老舗のマーキーズもソイブッカオで元気に営業中。

かかっている音楽はどこも似たようなものですかね。
イギリスのモッズたちが一番愛した音楽が60年代のリズム・アンド・ブルースなんで、モッズバーでもモータウンバーでも似たような選曲になります。

個人的には、この手のミュージックバーは大好きで、ただ音楽を聞きながら飲むだけの目的で訪れることが多い。
ペイバー目的なら、他のバービアのほうがいいかなあ。

 

モータウンのヒット曲の歴史を網羅するにはこの3枚組

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

アンヘレスウォーキングストリート

パタヤとアンヘレスを比較。夜遊び、ゴーゴーバー、ホテル、治安は?

男の楽園とも言うべき、パタヤとアンヘレス。 海外夜遊び好きなら避けて通れない二大スポットだ。

記事を読む

taboo-2

昨晩のウォーキングストリート。バカラのオープニングは見逃して、タブーとヘブアボブを訪問。

昨日9月17日、珍しく早い時間帯にウォーキングストリートを訪れてみた。 さすが週末の土曜日。 観

記事を読む

クラブ4と007

クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。

CLUB4(クラブフォー)は、以前からパタヤリピーターや長期滞在者の間では、密かに有名な遊び

記事を読む

paradise

ソイLKメトロゴーゴーバーレポート2軒、パラダイスとオフィス

ウォーキングストリートのゴーゴーバーレポートシリーズに続いて、ソイLKメトロも取り上げたい。

記事を読む

エリア51

ソイブッカオ&LKメトロ周辺、夜遊びスポット開店閉店移転最新情報2015年10月(追記)

ソイブッカオやソイLKメトロ周辺のバーに関する情報です。 移転したり店名が変更なったり閉店になった

記事を読む

VIPERバイパー外観

VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

パタヤヒルとも言われるプラタムナック地区。 パタヤからジョムティエンへ向かう途中、右手に見える丘が

記事を読む

クライマックスゴーゴーバー

Climax(クライマックス)、ソイLKメトロの新ゴーゴーバー

パタヤのソイLKメトロに最近オープンしたゴーゴーバー、クライマックスに寄ってみた。 店内への訪

記事を読む

club-sin-pattaya-2

【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ

ソイボンコットからソイアルノタイへ抜ける閑静な一角に、CLUB4がある。 クラブ4は老舗のジェント

記事を読む

ソイ6ワーキングガール (2)

ソイ6の新規オープンゴーゴー「ワーキングガール」訪問レポ&ソイ3、ドリンキングストリートの現状

パタヤ中心部のバービアの現状は昨日のレポートでお伝えした。 そこで、昨晩はノースパタヤ方面へ繰

記事を読む

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑