*

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

公開日: : パタヤ沈没日記2016年8月~


香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。
全日程は約100日となった。

日本→香港→アンヘレス→シンガポール→ペナン島→タイ南部→バンコク→パタヤ到着まで

この周遊ルートに関する出費は以前にまとめている。

関連記事:アジア5カ国周遊旅行まとめ。ルートと実際の使用金額など。

フライト代:34,091円
交通費:8,500円
ホテル代:37,939円
食費その他:20,000円
タイ観光ビザ代:5,000円
夜遊び代:42,000円

総出費:147,530円

約15万円だった。

SPONSOR LINK

パタヤ沈没以降の出費

あとは、パタヤ沈没とチャン島小旅行、2度のイサーン遠征に関する費用を足せばいい。
タイには、観光ビザの60日に滞在期間延長の30日を加えて、ほぼ90日ぎりぎりまで滞在した。

細かい出費は記録していない。
はっきり言ってどんぶり勘定でやっている。
が、過去の膨大な経験則から、自分なりの旅スタイルと金遣いの方法を確立しており、極端に安くなったり、極端に出費が増えたりもしないはず。

というか、この記事を書いている時点では、まだトータルの出費計算をしていない。

今から詳しく計算して、自分で確かめてみよう。

 

日本から持参した現金が25万円。
このうち3万円をアンヘレスで両替して、残りはバンコクとパタヤで両替した。
よってパタヤ到着以降の使用金額は22万円

あとは、クレジットカードの海外キャッシングとクレジットカード払いで対応。

現金はすべて使いきった。

キャッシングは、65,000バーツ
1バーツ=3円で計算すると、195,000円
これもすべて使いきった。

パタヤやイサーンでのホテルは現金払いとクレジットカード払いに分かれる。

クレジットカード払いは記録に残っているので、1円単位でわかる。
計:36,861円

現金払い分ははっきりしないが、たぶん、26,000バーツくらい。約78,000円。

飛行機代はむろん記録に残っている。

パタヤからウドンターニーへのエアアジア便:10,684円
帰国のエアアジア便:3,583円

パタヤ到着以降の出費小計

現金両替:220,000円

クレジットカード払い:51,128円

キャッシング:195,000円

計:466,128円

これが、パタヤ到着以降約80日間に使った金額となる。

面倒なので内訳は計算しないけれど、まあ、いつもどおりでしょう。
飛行機代とイサーン遠征をのぞけば、ふだんのパタヤ沈没生活の予算1ヶ月15万円と大差はないような気がするんで。

つまり、いつもどおりのパタヤ沈没生活ですな。

自分の遊び方、カネの使い方、過ごし方、旅のスタイルがある程度確立しており、多少の前後はあるものの、大きく逸脱することはない。

約100日旅行の総出費

そんわなけで、初っ端のアジア周遊旅行の出費と合算すると、以下のようになる。

アジア周遊旅行総出費:147,530円

パタヤ沈没・チャン島旅行・イサーン遠征の出費:466,128円

総合計:613,658円

 

飛行機代も含めたすべての出費額だが、こうやって実際に書き出してみると、けっこうな額となったなあ。

パタヤ沈没生活に徹すると、3ヶ月50万円以下は達成できたかもしれないが、今回はあちこち移動したので、やはりこれくらいはかかってしまう。

約100日間、アジアとタイ各地を夜遊びしながら巡って、61万円かあ。

ちょっと使いすぎのような気もするが、こんなものかなあ。

むろん、こんなものは人それぞれだ。

もっと安く上げることは可能だし、そのやり方もわたしはわかっている。貧乏バックパッカー的旅行と引きこもりスタイルを貫けばいいだけの話。昔インドで沈没していた頃は、それこそ1日数百円で生活していた。でも、今さらそんなことはやりたくない。
ほどほどのホテルに泊まりたいし、ほどほどに夜遊びもしたい。

それでも、人によっては、こんな旅のスタイルは我慢できないだろうし、夜遊びや食費にもっとカネを使うべきだと考える人もいるだろう。

それこそ、人それぞれだ。

他人の遊び方や旅のスタイルやカネの使い方にケチをつけたがる人は、自動的に「頭の悪い人」認定をさせていただく。
うん、頭が悪いとしか言い表しようがない。

パタヤ1週間の滞在で飛行機代、ホテル代、食費、遊び代でトータル60万円使う人もいるだろうし、その10分の1の額で過ごす人もいる。
ほんと、人それぞれ。
今回のわたしの100日旅行がたまたま60万円だっただけのことだ。

何度も何度もくどいほど繰り返しているが、大枠の予算を決めておき、その範囲内で衣食住と夜遊びをまかなえるようにしておくべし。そうしておけば、大やけどをおう心配はなくなる。
自制心と経験がものを言う。
月単位の長期で夜遊び旅行するなら、細かいことを気にしないと、気づいたときには手遅れになりかねないんで。
1日あたり1000円余計に使うと、100日で10万円。遊び代が1日1000バーツ増えると、100日で10万バーツ、つまり30万円となる。1日5000バーツ使っていたら、100日で50万バーツ、150万円にもなる。
小学生レベルの算数だが、数の暴虐とはおそろしいことよ。
百万円単位で予算が組める人は、細かいことは気にせず、ばーっと使いましょう。

東南アジアやタイでは、ほどほどの出費で、それなりに楽しむことはまだまだ充分可能だ。
とりあえず3ヶ月で50万か60万円ほどの予算があれば、あちこち旅をしながら、そこそこ遊べますよ。
どうせ日本で生活して飲み歩いていたら、50万円では済まないはず。それならば、東南アジアやタイで遊んで過ごしたほうがいい。
ま、それも人それぞれですけどね。

SPONSOR LINK

関連記事

chang-island-walking-street-3

チャン島でも見つけたウォーキングストリートとカラオケ置屋とバービア

沈没日記8(チャン島編) チャン島のホテルにチェックイン後、友人と二人で大通りへ繰り出す。

記事を読む

mama-kimuchi

さらに続くだらだら同棲生活も、徐々に不満がたまる

パタヤ沈没日記15 ようやく友人が帰国。 深夜便だったため、夕方まで付き合う。 ジ

記事を読む

ソイLKメトロ

女子大生バービア嬢のその後と、ゴーゴーバービールこぼし事件。

パタヤ沈没日記27 コンケーンからパタヤへ戻ってきた。 またもやパタヤ沈没生活の再開である。

記事を読む

cabaret-1020867_640

パタヤのローカルマフィアにみかじめ料を払いにいった話

沈没日記5 これは、カラオケ嬢がわたしの部屋で寝込んでいる時のこと。 なんだか深刻な顔で

記事を読む

welcome-to-koh-chang-1

チャン島旅行のはじまり

パタヤ沈没日記7(チャン島編) チャン島行きの発端 沈没日記の舞台はパタヤから一気にチャン島

記事を読む

surin-33

スリンってこんなところ。観光、ラックムアン、ホテル情報。

イサーン遠征編8 スリン(Surin)の街を散策してみた。 お隣のブリラム(Buri

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

chang-island-bar-beer-lady-1

チャン島2日目は、アルバイトバービア嬢をペイバーしてお持ち帰り

沈没日記10(チャン島編4) バービア嬢と朝食 チャン島二日目の朝は、20歳バービア嬢とともに迎

記事を読む

カラオケ嬢とママー1

出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日帰国の旨を女性陣にメール送信し

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑