*

パタヤ最終日はスレンダー嬢とショート遊び。結婚したいというバービア嬢の結納金はいくら?

パタヤ沈没日記32

いよいよ、パタヤ沈没生活が最終日を迎えた。
途中、チャン島へ行ったり、二度にわたるイサーン遠征をおこなったが、なんだかんだと2ヶ月半ほどをパタヤで過ごしたことになる。
毎度毎度いつも思うことだが、1週間の短期滞在でも月単位の長期滞在でも、最終日に振り返ってみれば、あっという間の出来事に感じてしまう。
時間感覚喪失、意識白濁、煩悩横溢、常軌逸脱、おおいにけっこう。
硬直した脳みそなど溶かしてしまえ。
そういう街だね、パタヤは。

最後のガパオ

パタヤ生活、最後の昼食は、屋台のガパオライスで。
ガパオムーサップカイダーオドゥアイ。

gapao

味に文句はないけれど、お値段60バーツはちょっと高くないですかね。
屋台のガパオが60バーツかあ。パタヤのローカル物価も高くなってきたもんだ。

20歳バービア嬢とショートで

最後の夜は、数日前にペイバーした20歳スレンダーバービア嬢と過ごそうと思っていた。
きっちり2回戦やっておしまいにしたい。

昼間に連絡を取ってみると、夜9時にファランがペイバー予約済みらしい。
なんてことだ。

夕方までだったら、ショートでペイバーできるよのお誘い。
どうしようかと悩んだが、前回ロングで1000バーツとサービスしてくれたんで、最後にもう一発だけやっておこうか。

午後4時過ぎ、彼女のバービアへ。
その場でさくっとペイバー代を支払う。この時間帯はバーファインが400Bとのこと。そういうシステムだったのね。
でも、連れ出したあとに、彼女の取り分である100バーツを返してくれた。まあ、なんていい子だこと。

beer-bar-lady

変わらぬサービスと、変わらぬスレンダーさ。
大満足の1発となった。

ことが終わっても、彼女はしばらくベッドの上で一緒に過ごしてくれた。

結婚したいの

いろいろとベッドの上で話をきく。

彼女はすでに子どもが一人いる。タイ人男との間にできた子どもだ。
が、例によって例のごとく、タイ人男は蒸発済み。

もうタイ男はこりごりだと。
だから、「外国人と結婚したいの」と彼女は力説している。

相手はファランがいいのかと尋ねると、日本人でもいいよと。

結納金は通常100万バーツのところ、80万バーツね。プロモーション、プロモーション、と彼女は言う。

ふふ、LCCじゃあるまいし、そんなプロモーションなんてうまい話は通じないぜ。

イサーンの結納金なんぞ、普通は10万バーツか20万バーツだろうが。

そうわたしが言い返すと、彼女は、バレたかといった風に苦笑いを浮かべて、20万バーツでいいよと超大幅割引を宣言した。

それでも高いかな。10万バーツで充分だと思う。
最近、特にバンコクあたりでは、結納金制度自体がなくなりつつあるみたい。

とはいえ、パタヤのバーで知り合った外国人とタイ女性が結婚する場合、80万バーツほど請求されることは珍しくない。

最近、わたしの知り合いのバービア嬢がドイツ人と結婚したが、結納金は80万バーツだった。実家用にピックアップトラックも一台購入。もちろん、ゴールドの贈り物も必要だ。
ただし、彼女はファランの連れられてドイツへ移住したので、その分、結納金も高くなったのかもしれないが。
それでも80万バーツはぼったくりプライスだけど、当のファランも納得の上で払っていることだし、外野が口を挟むべきことがらじゃない。

たとえ、結納金が安く済んでも、今度は田舎に土地と家を購入しろと迫られるのは目に見えている。
これまで、何人も知り合いのバービア嬢がファランと結婚していったが、ほとんどみんなイサーンの実家に大きな家を建てている。
建設現場の写真も見せられたなあ。

とまあ、タイの夜の女性と本気で結婚したい人は、それ相応の出費を覚悟しましょう。
ま、日本で一般女性と結婚しても、高価な結婚指輪をプレゼントしたり、家を建てたりマンションを購入したりと、カネがかかることに関しては、結局、大して違いはないけどね。
相手方の実家の貧乏具合が、イサーンと日本の一般家庭では雲泥の差があるだけのこと。最後はカネの話となるのは相手がプロだろうが素人だろうが、日本もイサーンも同じだ。

 

さて、20歳バービア嬢の結婚話は、華麗にスルーして、彼女をバーまでお見送り。
ショート代のチップとして1000バーツを渡す。
やはり1発1000バーツがパタヤの鉄板プライスである。
彼女のサービスと気立てなら、気持ちよく1000バーツを払えるよなあ。結納金をぼったくろうとしたのはご愛嬌だ。

最期の夜はバービアで

20歳バービア嬢をお見送りしたあと、最近何度か部屋にやって来ている23歳妖艶系ブリラム嬢からお誘いメールが舞い込んできた。

「今晩あたりどう?」という、いつもの営業メールだ。

ふむ。ブリラム嬢もいいね。サービス、ルックスとも合格点だ。
でも、今さっき1発やったばかりだし、即答は避ける。
夜になってからまた連絡を取ることにする。

で、パタヤ最後の夜は、なじみのバービアをはしごしてひたすら酒を飲む。

知り合いのバービアボスに奢ったら、別のバービアに連れて行かれて、奢り返される。
そこに別のバービアのボスもいて、わたしのパタヤラストナイトいうことで、さらに奢ってもらえた。
酒が飛び交い、もう何が何だか。
何本も飲んでいるのに、わたしの伝票がない状態だよ。
ほんと、パタヤのバービアにはお世話になっているなあ。

これ以上の酒は無理だなと、別のバービアではコーラにしておく。
すると、ラストナイトだからとコーラにたっぷりとウィスキーを注がれた。

ありがたい話だけど、もうふらふらだ。

そんなことをしていると、いつしか時刻は深夜2時に。

すっかり酔っ払ってしまった。
ブリラム嬢のこともほったらかし。

我に返って、あわてて連絡してみた。
待ちくたびれて寝てしまったという返事。
まあ、そうだよね。
悪いことしたなあ。
次回訪パタヤの際の再会を約束してバイバイ。

じゃあ、そろそろこっちも寝るか。

最後に、今回関係した残りの女性数人に明日帰国の旨のメールを出しておく。
これで心残りなく終わりにしよう。

これにて、パタヤ沈没生活終了。
バンコクへ立ち寄ってから日本帰国だ。


関連記事

lk-metro-ramen-2

友人とのパタヤ3日間。ソイブッカオ・LKメトロの大定番コースの過ごし方。

パタヤ沈没日記6 カラオケ嬢との半同棲生活はさらに続く。 ファイデーンやらチンピラやらいろい

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

mama-kimuchi

さらに続くだらだら同棲生活も、徐々に不満がたまる

パタヤ沈没日記15 ようやく友人が帰国。 深夜便だったため、夕方まで付き合う。 ジ

記事を読む

lk-mansion-8

24歳スリン嬢と連日のブンブン。でもおしまい。

沈没日記28 前夜、バービアを訪れたものの不在だったスリン嬢。 LINEで連絡を取ってみると

記事を読む

ソイLKメトロ

女子大生バービア嬢のその後と、ゴーゴーバービールこぼし事件。

パタヤ沈没日記27 コンケーンからパタヤへ戻ってきた。 またもやパタヤ沈没生活の再開である。

記事を読む

beer-bar-complex

23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記18 少し気持ちも落ち着いた。 これ以上、気を揉んでもしかたない。 気を取り

記事を読む

thai-food-7

ぐーたらイサーン娘との怠惰な同棲生活。その食事ぶりは?

パタヤ沈没日記3 もはやパタヤ沈没生活は、ぐーたらイサーン娘とのただの同棲生活と化してきた。

記事を読む

pat-mama

パタヤ沈没生活はじまりのブンブンとヒューカーオ!

パタヤ沈没日記1 アジア周遊旅行を終えて、ようやくパタヤ沈没日記を始める。 はじめに 時間

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビット沿いをうろうろ。 TER

記事を読む

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑