*

女子大生バービア嬢のその後と、ゴーゴーバービールこぼし事件。

パタヤ沈没日記27

コンケーンからパタヤへ戻ってきた。
またもやパタヤ沈没生活の再開である。

滞在先は、LKマンション。わりと快適。

まずは、ソイブッカオとパタヤカン交差点にあるぶっかけ飯屋へ。
ここのマッサマンカレーは本当においしいと思う。

massamancurry

おっと、今回はご飯とカレーが別皿で出てきた。
お値段は変わらず50バーツ。
鶏肉の量が半端ないなあ。

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋

女子大生バービア嬢のその後

なじみのバービアで、帰パタヤの報告。

ついで、別のバービアへ。
ここは、ソンクラーン時期に女子大生アルバイトバービア嬢が働いていたバービアだ。
わたしが狙っていた女子大生とその友人、さらにレディボーイの3人をペイバーして、一緒に水遊びをしたものだ。ライブも見に行ったなあ。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (17)
関連記事:ソンクラーン初日は、女子大生アルバイトバービア嬢と水かけ遊び
関連記事:ワンライ、パタヤ最大のソンクラーン水かけ祭り当日レポート

女子大生は学校が始まったためバービアをやめたが、友達のほうはまだバービア嬢を続けている。てっきりこの子も学生だと思っていたが、専業バービア嬢らしい。
20歳の子どもなし。けっこう可愛いが、体型がちょっと残念。
性格はいいんで、たまに一緒に飲んでいる。

女子大生バービア嬢の近況を教えてもらった。
タイ人彼氏ができて、大学も退学したそうだ。別のアルバイト生活で男を養っているとかいないとか。
ああ、もったいないなあ。せっかく田舎から出てきて学校に通っていたのに、パタヤで変な男につかまって、おしまいかよ。
そのうち、子どもを妊娠して男が逃げるパターンだね。
そうなったら、パタヤのゴーゴーバーで働くでしょ、きっと。
ルックスもスタイルもいいんで通用するはずだ。
その時は軽くお相手してもらおうかな。

と、バービアに見知らぬ女性を発見。
タイ南部出身の20歳。
遠目で見るとかわいい。が、近づくとそうでもなかった。
バービアで掘り出し物を見つけるのは、なかなか大変である。

ゴーゴーバーでビールをこぼされる

イサーンになくてパタヤにあるもの。それが、ゴーゴーバーだ。
それほど熱心なゴーゴーウォッチャーではないけれど、たまにはのぞきたくなるもの。

ソイLKメトロ

ソイLKメトロの某店へ。
客は半分以上日本人。わたしはひな壇2段目の席にすわり、すぐ目の前の下段の席にも、日本人。まあ、確認したわけじゃないけれど、間違いなく日本人でしょう。

ジョッキに入ったドラフトビールをオーダーして、ぼーっとステージを眺める。

すると、下段の席の日本人がダンサーを召喚して遊び始めた。
うん、がんばってくれ。
わたしはちびちび飲むだけだ。

目の前の日本人客とダンサーが乳繰り合い始めた。
ゴーゴーバーの座席など、もろいもの。造作はちゃちい。
目の前で二人が激しくいちゃつくものだから、振動がダイレクトにわたしのテーブルに伝わってきた。
まだほとんど飲んでいないビールのジョッキが揺れて、中身が派手にこぼれてしまった。
わたしのズボンとサンダルにもビールがかかった。

おいおい、何してくれんだよ。

ゴーゴーバーではありがちなこととはいえ、気分は悪い。
しかも、その日本人客、事態を理解しているだろうに、こっちを一瞥しただけで、一言も謝ろうとしない。
おいおい、一言くらいないものかね。
ほぼお互い日本人とわかっているだろうが、ここは一応、国際的な場所。英語で「Sorry」っていうだけの話だ。それが常識ってものだ。
もしくは、「Are you OK?」とか心配りの一言をかけるだけもいい。
こっちも別にずぶ濡れになったわけじゃない。そう言われたら、「I’ m OK.Never mind」と答えておしまい。それだけのこと。なぜ、そんな簡単なことができないんだ。
良識的な人間からみれば非常識な遊びをしているかもしれないが、最低限のマナーってものがあろうに。

わたしの隣には、ママさんらしきおばさんが座っていたが、何もせず。ウェイトレスも動いてくれない。
でも、近くに待機していたダンサーが、ティッシュを持ってきてくれて、ズボンとサンダルを拭いてくれた。
優しいなあ。

その間も、日本人客は一切無視。
でもバツが悪くなったのが、他の空いている席に移動していった。

まあ、直接文句を言えばいいのだが、なるべくならトラブルは避けたいし、穏健に済ませたい。
またこういった手合いにいくら言っても無駄だろう。よけい気分が悪くなるだけだ。

ちっとも楽しい酒にならなかった。
別にバーが悪いわけじゃないが、心証は悪くなった。
ここは、そういった日本人が集まるゴーゴーバーというイメージがついてしまった。
たぶん、二度と入ることはないだろう。

別に派手に遊ぶのが悪いわけでもない。ゴーゴーバーは楽しいところ。どんな遊び方をしようが各人の自由だ。
でも、他の客に明らかに、それも物理的に迷惑をかけたのなら、一言くらい謝れって話。

バービアでも酔ったファランにビールを倒されたことが何度もあるけど、彼らは素直に謝って、こちらが遠慮しているのに、強引にでもビールを奢ってくれるものだ。
もちろん、中にはクレイジーファランもいるけど、彼らは総じてスマートだよ。
いや、人種や国籍なんか関係ない。

と、ぐだぐだ書いてきたが、とりあえず、ビールをこぼしたら謝りましょう。たったそれだけのことです。

最後はやっぱりバービアで

やっぱり、バービアのほうがいいね。
のんびり飲める。
カウンター席ならビールをこぼされる心配もきわめて低い。

ウドンターニーへ出かける前に何度かわたしに部屋にやってきていたスリン嬢が働くバービアへ。
イサーン遠征中にも、頻繁にメッセージが送られてきていた。単なる営業活動ではあるが、悪い気はしない。
もう会うのはいいかなと思っていたが、あの濃厚サービスは忘れられない。
心と体は別物だ。

が、彼女はバービアにいなかった。
そのかわり、同郷の新人バービア嬢がいた。
二人は友達同士だという。

23歳で、子どもひとり。
イサーンのわりには色白で、柔和な顔立ちをしている。
このバービアでは新人だろうけど、過去に経験はたっぷりありそうだ。

これまた熱心な営業攻勢を受ける。
ペイバーしてほしいそうだ。
というか、友達同士で、わたしがすでに友人のほうと何度もブンブンしているのは知っているだろうに。
それでも、おかまいなしに営業攻勢。
ま、ペイバーには決定力が欠けるため、この営業はスルーしておく。

これがパタヤのバービアというものだ。
同じバーで違うバービア嬢、それも友人同士をペイバーしてもいいものかと悩むケースもあるだろう。でも、遠慮するだけバカらしい。
フェーンの間柄認定されないかぎり、まったく問題ない。
しょせんは、カネで繋がったその場限りの関係。
今日は友だちがお金なくて困っているからペイバーしてやってほしいと頼まれることすらある。
こういう関係は後腐れがなくて実に気楽なものだ。

とはいえ、特定の女性から浮気はダメよと束縛されて、「いやあ、女が嫉妬しちゃって、遊びに行けないんだ。大変だよ~」と小指を突き立てながらうそぶくのも、また楽しい。

バタフライに徹するも良し、特定の相手としっぽり過ごすも良し。
ゴーゴーバーで派手に遊ぶも良し、置物と化してドラフトビールをちびちび飲むのも良し。

要するに、好きに遊べばいい。
それがパタヤってもんだ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

surin-to-pattaya-bus-16

スリンからパタヤへ帰還。第1次イサーン遠征終了。

イサーン遠征編10 スリンからどこへ行くか? スリンの夜。 次の行動先を考えていた。 元

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

pattaya-20161017-1walkingstreet

ウォーキングストリートのコヨーテと濡れた身体を温め合った夜

パタヤ沈没日記25 23歳ブリラム嬢からの直接営業を受けた次の日。 この日は、誰もペイバ

記事を読む

kasetsin-5

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26 ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。 それから、プラタムナ

記事を読む

chang-island-bar-beer-lady-1

チャン島2日目は、アルバイトバービア嬢をペイバーしてお持ち帰り

沈没日記10(チャン島編4) バービア嬢と朝食 チャン島二日目の朝は、20歳バービア嬢とともに迎

記事を読む

bae-beer-lady-sandal

家賃の支払いに困ったバービア嬢から直接営業。ロング1000B。

パタヤ沈没日記24 この日は、昼間からずっとパソコンとにらめっこ。 帰国までの予定を決めねば

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビット沿いをうろうろ。 TER

記事を読む

pat-mama

パタヤ沈没生活はじまりのブンブンとヒューカーオ!

パタヤ沈没日記1 アジア周遊旅行を終えて、ようやくパタヤ沈没日記を始める。 はじめに 時間

記事を読む

khonkaen-nightlife-3

コンケーンの夜遊びスポットを再調査。2016年情報。

イサーン遠征編後半10 これが2度目のコンケーン訪問となる。 前回は、2012年のこと。

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

アドステア

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑