*

24歳バービア嬢ふたたび、みたび。

パタヤ沈没日記22

毎日仕事おわりに部屋へ来ると宣言していた24歳スリン出身バービア嬢。
LINE交換を済ませていて、昼間メッセージを送ってみても既読にならず。
夜には、連絡が取れた。
バービアが閉店したら電話するねと彼女は言っていたが、深夜になっても梨のつぶて。
わたしは馴染みのバービアで一人飲んだくれていた。
結局、連絡もなく、彼女がやって来ることもなかった。

まあ、そんなもんでしょう。
タイ夜嬢あるあるなのでまったく気にしない。
どうせ、誰もペイバーするつもりなかったし。

バービア嬢ふたたび

次の日の昼すぎ。
ようやくスリンバービア嬢から連絡が入った。
昨晩はバーで飲み過ぎで部屋に帰って寝てしまったという。
うむ。本当かどうかはしらない。他の客にペイバーされたのだろう。

夕方に彼女と落ち合うことに。
ソイブッカオのカシコーン銀行前で待ち合わせ。

少し遅れてわたしが訪れると、彼女は何やらファランと話をしている。
ファランは彼女にメモ用紙を渡していた。

ファランが去ってから、彼女がわたしの元に。
なんでも、いきなり見知らぬファランから声をかけられて電話番号のメモを渡されたそうな。
見せてもらうと、ファランの名前と電話番号が書いてあった。

ファランのこの積極さは見習いたい。
ま、わたしの手前、彼女はそのメモ用紙をくちゃくちゃにして捨てていたけど。

さくっと部屋に連れて帰る。
まずは、一発。
相変わらずの濃厚サービスだ。

そのまま彼女はおやすみタイム。

beer-bar-lady-2

仕事に行く気はないようで、ずっとベッドで寝ている。

と思いきや、急に起き出して、帰るという。友人と会う約束があるとか。
あとでまた戻ってくるから、食事代だけでも先に欲しいとの要求。
今夜は一緒に寝るからと。

うーん、どうにもせわしないなあ。

とりあえず500バーツだけあげて、お見送り。

ソイニュープラザのバミー屋で夕食

ここは以前に取り上げたことがある。
CHAY4というチェーン店ですな。

bamee-noodle-2

パタヤにも何店舗かあるようだ。
イサーンでも見かけた。
CHAY4のバミーは、どこで食べても無難にそこそこおいしい。

今回はバミーヘンにしてみた。汁なしバミーだ。

bamee-noodle-1

これだけのボリュームで40バーツ。
抜群にうまいわけではないので、諸手を挙げておすすめはしないけれど、食べて損はしませんよ。
ソイブッカオ近辺のバミーなら、ここか、LKメトロラーメンがいいかなあ。

ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

バービア嬢みたび

夜12時頃、スリンバービア嬢は本当に戻ってきた。
いきなり、ホテルのドアをノックされたからびっくりした。
連絡くらいしてほしいものだ。

当然のように彼女は脱ぎだして、ベッドの中へ。

beer-bar-lady-1

それほどやる気はなかったが、流れでもう1発。
が、時間を空けているとはいえ、連続はきつい。不発で終わった。
まあいい。明日の朝にやればいい。

ちょっと早いけど、もう寝ましょうかね。

が、ディスコに行きたいという彼女は服を着だした。
おいおい、一緒に寝るんじゃなかったのかよ。

なんだか、急速に冷めてしまった。
子持ちの24歳。バービアの暗めの照明で見るとそこそこ可愛いが、明るい照明で見ると、どうしてもシワや劣化が目立ってしまう。
サービスはいいし、性格もいいけれど、毎日一緒にいたいとは思えない。

ロングだと言っているのに、何かと理由を付けて帰りたがるのは好きじゃない。
前回もロングの約束がショートになった。今回も同じ。

まあ、いろいろワケがあるんでしょう。
無理に詮索したり、ロングを強要してもお互いに楽しくない。

彼女の目論見としては、半日でショート2回戦を狙っていたのかもしれないなあ。

さて、チップはどうしようか。
普通に朝までのロングなら1500が妥当なので、夕方の500に足して、あと1000払えばいい。
これがパタヤの標準相場だ。問題ない。

が、無理やり半日ショート2回戦に引きずりこまれた感があるし、この先も無理に関係を継続したいとは思わない。
考えた末、チップ500に交通費100の計600だけ追加して、帰ってもらうことにした。
ちょっと厳しい対応のような気もするが、合計1500を払う気分にはなれなかった。
なかなかうまくいかないものだ。

表面上は不平も言わず彼女は受け取っていた。

まあ、これくらいの額でも問題なければ、また向こうから連絡があるでしょう。
その時になったら、会うか会わないかを決めればいい。

とりあえず次の相手を探そうっと。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

koh-chang-beerbar-1

チャン島初日夜は、20歳バービア嬢をペイバー

沈没日記9(チャン島編3) チャン島初日。 夜遊び予備調査を終えて、しばし部屋でまったり。

記事を読む

soi-lk-metro

妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

パタヤ沈没日記30 激太りした姿で再会したバービア嬢とのブンブンから数日たったある日のこと。

記事を読む

prajanbaan-5

カオトムプラジャンバーンとガオライサイサームで連夜の宴会

パタヤ沈没日記13 バンコクから友人が来ると、決まって訪れるタイ料理レストランがある。

記事を読む

bae-beer-lady-sandal

家賃の支払いに困ったバービア嬢から直接営業。ロング1000B。

パタヤ沈没日記24 この日は、昼間からずっとパソコンとにらめっこ。 帰国までの予定を決めねば

記事を読む

buriram-to-surin-6

ブリラムからスリンへ

イサーン遠征編7 犬と象の夜間歩きに辟易したのでブリラム脱出を決意。 次なる目的地は、ブ

記事を読む

pattaya-to-bangkok-10

パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。 その前に1泊だけバンコクへ立ち

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

kimuchi

ひたすら食っちゃ寝こそカラオケ嬢の信条。キムチ、ママー、コンビニ飯、サブウェイ。

パタヤ沈没日記2 早朝のコンビニ弁当2箱を平らげて、ご満悦のカラオケ嬢さん。 用事がある

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

kasetsin-5

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26 ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。 それから、プラタムナ

記事を読む

アドステア

アドステア

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑