パタヤ近況

雨のパタヤ、路面ペイントのウォーキングストリート、焼け跡のソイ15

投稿日:

昨日土曜日昼間のパタヤの街の様子を少々。
ひさびさにウォーキングストリートの昼間の様子も見てきた。

広告



雨のパタヤ

パタヤに戻ってきてから1週間、まったく雨は降らなかった。
が、ここ2日ほどは雨。
昨日はかなりまとまった雨が降った。それも一日何度かに分けての降雨だ。
ただ、洪水になるほどの集中豪雨ではなかった。

午後の雨が小康状態のなったところで、外の様子を見てきた。

パタヤビーチはどんよりとした空模様。

外国人観光客は、やはりインドやアラブ系の人たちが目立つ。

ソイチャイヤプーンは水たまりが大量発生。

路面舗装工事をしては、また穴ぼこだらけになるのを繰り返している。
魔境はしぶとく生き残る。

両替レート

昨日午後の両替レート。

1円=0.2552バーツ

1万円が2552バーツだ。

1ドルが150円を突破し、このままでは、1万円が2500バーツを下回ると心配された。
日本の為替介入で円高に一気に戻ったため、結果としてなんとか2500バーツ割れは回避できた形だろう。
この先はまた円安に振れそうなので、2500割れは十分考えられるが。

工事が進むウォーキングストリート

昼間のウォーキングストリートへ。
日中は車両通行可能だ。

ウォーキングストリートに来るのは1ヶ月ぶりくらいかもしれない。
ちょっと久しぶり感あり。

セブンイレブンの再開店舗が増えているような気がする。

また、工事をしている店がかなり増加。

ずっと廃墟のままだったMiamiの新しい借り手がついたのか、工事に入っている。

旧Simon Beer Bar Complexがあった場所では、看板取り付け作業中だった。

またバービア群となるみたい。

Iron Clubは、リノベーションして再オープン予定。

バカラの隣は、かつてはシャークグループの看板が上がっていたが、取り外されてfor rentに。

THE PIERは工事用フェンスで覆われている。

店はそのままでリノベーション工事をするのか、それとも店ごと変わるのかは不明。1階部分だけの改装工事のような気がする。

ウォーキングストリートの奥にあるほうのSimon Beer Bar Complexは取り壊されて久しい。その後は青空駐車場として使われていたが、工事フェンスで覆われた。

次に何ができるかは不明。

その脇には、ウォーキングストリートでは珍しい自動販売機が設置されている。

他にも、再開や新規オープンのバーが出ているようだ。昼間のため実際の営業確認ができない。夜に再訪してまとめて調査しよう。

ウォーキングストリートのペイント

ウォーキングストリートの奥のほうにあるマクドナルド前あたりから、車両禁止となっていた。

路面をペイントしている。
路面舗装工事が終了し、次は新たな塗装をほどこしている。

サメ?

PATTAYAの文字。

なかなかにカラフルだ

今のところペイントはこのあたりだけのようだ。
もともと、路面舗装を張り替えて、見た目を華やかにするという話だったはずなので、これからウォーキングストリート全体に拡大していくつもりなのかもしれない。

ソーホースクエアは相変わらず閉鎖されたまま。

ここは中国人とロシア人向けの店が多かった。
中国人とロシア人観光客はまだ戻って来ない。

ソイ15の火事跡

10月19日、 ブッカオソイ15で火災が発生。ソイブーメランを出たあたりだ。

このソイ15のパタヤアベニュー裏手ではずっと大規模な排水管設置工事をしている。
なかなか終わらない。

そんな工事をしている車両が電線をひっかけて出火したそうだ。
幸いにも怪我人は出なかったが、空き地に駐車車両数台に被害が出たとのこと。

あたりには、丸焦げの資材や電線が残されたまま。

すぐ近くで開業間近の新築ホテルのAmethystには延焼せず。

危ないところだった。どうやら無事にオープンできそう。

そろそろ雨季は終わる。
ソイ15の治水工事はまったく終わる気配なし。
これからパタヤを訪れる人は、ソイ15に宿泊するのは避けたほうが無難かも。
徒歩でもバイクでも通り抜けは可能だが、車は不可。
けっこう不便そう。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.