タイ料理全般(食堂・レストラン)

おばあちゃんのジョーク屋ふたたび、スペアリブ入りお粥とトンカツを

投稿日:

パタヤタイのビッグC近くにあるジョーク(お粥)と点心の店、Ar-Ma。
昨年オープンしており、おばあちゃんのキャラクターが目印だ。
ジョークと点心に加えて、コームーヤーンや日本式カレーまであるのが特徴だ。

関連記事:粥と点心とガパオとシャコとカニとエビの店、Ar Maジョーク2

ひさしぶりにジョークとコームーヤーンが食べたくなり、足を運んでみた。

広告



ジョーク屋 Ar-Ma Family Cafe

外観はほぼ変わっていないが、テラス席に簡易的な屋根が設置されている。

店内は同じ。

無料のお茶は健在。ただ冷たい水はなくなったようだ。
まあ日本人なら熱いお茶で十分だ。
追加で皿で箸が必要なら自分で取りに行くスタイル。

メニューが新しくなった。
以前は大きな1枚ものだったが、普通のブックタイプに。
タイ語に加えて、英語と中国語も併記されている。
これは注文しやすい。

新しくなったメニュー

ジョーク

しいたけ入り45バーツ
豚肉団子入り50バーツ
ムークロップ入り55バーツ
鶏肉としいたけ入り55バーツ
ポークリブとしいたけ入り60バーツ

おっと、コームーヤーン入りのジョークが見当たらない。
単品のコームーヤーンもなくなっており、どうやらメニューから消滅したもよう。ここのコームーヤーンが好きだったのでちょっと残念。

朝食

もつスープ60バーツ
カイガタ55バーツ
ブレックファーストセット105バーツ
パートンコー20バーツより

カイガタとパートンコーは健在だ。
イサーン式朝食セットにできる。

ご飯もの

日本式カツカレーライス90バーツ
海老フライカレー95バーツ
トンカツのせご飯65バーツ

点心

点心は種類豊富なまま。
25バーツからで、よりどりみどり。

ガパオライスといった一般的なタイ料理も揃っている。

ドリンク

水が10バーツ
フルーツジュース25バーツ
アイスコーヒー30バーツ

無料の熱いお茶があるので、無理にドリンクをオーダーする必要はない。

ポークリブ粥

ポークリブ入りのジョークにしてみる。
半熟卵をトッピングすると追加で10バーツかかる。

黒いのはしいたけ。
スペアリブはジョークの中に埋まっていた。

このスペアリブがおいしい。
醤油系の中華風味付けといえばいいのだろうか、ちょっと濃厚。
あっさりしたお粥とは真逆なのだが、それが逆にいい。
しいたけもしっかり味がついている。

スペアリブは小さめで、あっさりと食べきってしまった。
ジョークは量があって、スペアリブとしいたけがなくなると、プレーン粥状態となる。

ちょっと物足りないので、点心を追加することに。
点心といいながら、注文したのはトンカツだ。

豚肉をパン粉をつけて揚げたもの。まあトンカツである。
付け合せのソースは、シャバシャバしていて、やや薄味だけど、日本のトンカツソースに近い味。

ジョークとトンカツってけっこう合うね。
残りのお粥が進むこと。

完食するとちょうどいい感じに腹が膨れた。
ジョークとトンカツで合計100バーツだった。
朝飯として重いかもしれないが、昼飯としてはちょうどいい。

地図と営業時間

地図

Duck Squareという新しいエリアにある。
ビッグCサウスパタヤ店へ入る路地といえばわかりやすい。

以前は24時間営業といっていたが、現在は午前7時から午後9時半までとなっているようだ。

コロナ禍の中で新規オープンして、今も健在。
平日昼間でもそこそこ客は入っている。
一人で食べに来るタイ人もいる。
そこそこの人気店である。

コームーヤーンがなくなったのは残念だが、ジョーク、点心、パートンコー、そしてカツカレーは健在。
暑いパタヤの昼下がりにジョークとトンカツはいかが。

広告

-タイ料理全般(食堂・レストラン)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.