フライト情報

またもタイ・エアアジアXに暗雲、バンコク発成田行きが販売停止に

投稿日:

はたして本当に飛ぶのか飛ばないのか、この数ヶ月ひたすら繰り返されてきたタイ・エアアジアXによる東京・バンコク路線騒動だ。
つい先日も7月のフライトがいきなりの減便となり、キャンセル祭りが発生した。
でも、まだ残っている7月上旬のフライトはすでに事前WEBチェックインが開始された。
今度こそ本当なのかと思わせつつ、またもや雲行きが怪しくなってきた。

広告



バンコク発成田発行きの販売停止

昨日6月26日の朝にエアアジアのホームページを確認した。
日課のようにチェックしている。

すると動きがなにやらおかしい。

7月は週2便に減便されているものの、東京(成田)発バンコク行きのフライトは販売を継続中だ。それはいい。
が、バンコク発東京行きのフライトはいくら日付を変えても販売されている様子がない。

運航予定となっている曜日を選択すると、一瞬だけフライトが出てくるが、すぐに「フライトが見つかりません」の表示に変わってしまう。
7月はまったく売っていない。
8月も販売停止だ。

東京発バンコク行きのフライトは、7月も8月も販売している。

9月になると、ようやくバンコク発東京行きのチケットが出てくる。

これはどういうことなのだろうか。

7月の往復チケットを購入済みの友人に状況を聞いてみた。
この友人は、7月の東京発のフライトのキャンセルをくらったばかりだ。AVAとチャットでの格闘のうえ、無料で日程変更ができた。
その際には7月のバンコク発東京行きの帰りの便は減便対象でなく、そのままの予約が継続されていた。
で、今回のバンコク発東京行きフライトの販売停止だ。
でも、予約ステータスはまだ生きたままだという。エアアジアからのキャンセル通知も届いていない。
夜遅くになっても、キャンセル通知は届かないまま。
今のところフライトは予定通りに飛ぶことになっている。
ますますわけがわからない。
が、きわめて怪しい状況だ。

6月27日午前3時に確認できるエアアジアホームページ上でのチケット販売状況は以下のとおり。

7月
成田発バンコク行き 週2便(月木)で販売中
バンコク発成田行き 販売停止中

8月
成田発 週4便(月火木土)で販売中
バンコク発 販売停止中

9月
成田発 週4便(月火木土)で販売中
バンコク発 週4便(日月水金)で販売中

成田発09:15 バンコク着14:00
バンコク発23:55 成田着08:00

先日まで8月のフライトは毎日運航で販売していたが、いきなり週4便に減らされている。
8月も減便となるのかもしれない。
この減便が正式決定となれば、大規模なキャンセル祭りがまたも発生することになる。

まさかの片道運航?

最大の問題は、7月と8月のバンコク発成田行きが販売停止となっていることだ。
これを額面通りに受け取ると、成田発バンコク行きのみ運航して、バンコク発成田行きは運航しないということになる。
つまり片道運航だ。

いや、まさかね。
タイ・エアアジアXはむろんタイを拠点としてLCCだ。
それが、東京発バンコク行きだけを片道運航するのはなんとも変な話だ。

でも、片道運航がないわけではない。
実際にJALでもバンコクから日本へ片道で運航している便がある。
片道運航がありえないわけではないけれど、LCCではどうにも変な話だ。

今のところ、まだエアアジアからのキャンセル通知は届いていない。
バンコク発成田行きが7月8月すべてキャンセルとなったと確定したわけではない。
成田発バンコク行きのみの片道運航となるかもわからない。

が、エアアジア内部でなにか動きが起きているのは間違いない。

7月のフライトはすべてキャンセルとなってしまうのか。
これまでにない大混乱の一大キャンセル祭りとなる。

それとも、片道運航ながらもタイ・エアアジアXは運航開始するのか。

もし本当にバンコク発がすべてキャンセルとなり、成田発の片道運航となったなら、日本からの旅行者には大変なことになる。
一般的な旅行者のほとんどはエアアジアの往復便で購入しているだろう。
往路の成田発は生きているわけで、チケットはそのまま有効だ。
復路のバンコク発がキャンセルされると、日程変更する必要がある。でも運航開始がいつになるかわからない。今予約できるのは9月以降だ。
でも往路は7月に飛ぶ。日程変更しようとすれば、運賃差額が発生する。
会社の休暇の都合で、そのままの日程で日本からタイへ行くならば、予定どおりに帰国するならば、エアアジア以外のフライトを別途片道予約しなくてはならない。
現実的にはLCCのZIPAIRを片道購入する方法を取ることになるだろう。
でもZIPAIRも価格は上昇中。かなり高くなっている。
困った事態になりそうだ。

まとめ

本当にキャンセルとなるかはまだ不明だ。
ひょってして、この夜中にひっそりとキャンセル通知が送られている可能性もある。
内部調整のために一時的に販売停止しているだけで、これまたしれっと販売再開する可能性もある。
とにかく油断禁物のエアアジアである。
東京発の最初にフライトは7月4日の予定だ。
あと一週間しかない。
さあどうする、タイ・エアアジアXよ。
キャンセルなのか、本当に飛ぶのか。いい加減はっきりさせよ。

(追記)
6月27日夕方になっても、事情は変わらず。
バンコク発の便は販売停止状態のままだが、予約済みフライトのキャンセル通知はまだ届いてない。

広告

-フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.