タイ国内情勢

タニヤの現状、工事と無人のカラオケ屋通り

投稿日:

バンコクの現状シリーズ。
ナナ、アソーク、プロンポンは見てきた。

関連記事:ゴーゴーが八百屋に。ナナプラザ、テーメーカフェ、ソイカウボーイの現状。
関連記事:バンコクで飯難民の末、プロンポンのカスタードナカムラにたどりつく

次はシーロムへ行く。タニヤ通りだ。
タニヤを訪れるのは昨年3月以来のことになる。

広告



シーロムへ

バンコク滞在2日目のこと。
昼頃にワクチン接種を済ませた。
病院からシーロムが近いこともあり、タニヤあたりで食事を探そうと思いつく。

地下鉄ならシーロム駅、BTSならサラデーン駅がタニヤの最寄りである。
シーロム通り沿いにはオフィスが多いので、それなりに人は歩いている。そでも以前に比べると人は少ない。
WFH(ワークフロムホーム)が実践されているのだろう。
通り沿いにあるおいしいバミー屋やカオマンガイ屋もテイクアウトのみで営業しているが、客の姿はなし。

タニヤ通り

BTSサラデーン駅構内からタニヤ通りを見下ろすことができる。

タニヤ通りがすごく狭く感じる。
手前のビルが工事しているせいで奥のほうがあまり見えない。

工事中のビルはショッピングモールになるようだ。
完成予想図が掲示されていた。

さっそくタニヤ通りに入る。

タニヤ名物の日本語の看板群は健在である。
人は少ない。
工事関係者とGrab Foodのライダーばかり。

営業している店は極めて少ない。
コンビニも閉店している。

有名な両替屋であるタニヤスピリットは営業しているようだ。

工事中のビルの存在感が大きい。

人が歩いていないこともあって、ただの工事中の通りにしか見えない。

タニヤプラザがビル名なのだろうか、なかなか立派な建物だ。
以前は単なるゴルフショップというイメージしかなかったのだが。
すべて完成すれば、巨大ショッピングモールとなりそう。
なんだかタニヤのイメージが変わる。

タニヤ本通りに人影なし。

車が通りかかるだけ。

無数にある日本カラオケやスナックはすべて眠りについている。

夜の様子は見ていないが、間違いなくゴーストタウンとなっているだろう。呼び込みのカラオケ嬢たちが幾重にも連なって座っていた光景など、はるか昔の話のように感じる。
パタヤのウォーキングストリートを通りかかる時も同様だが、タニヤにあっても呼び込みの黄色い矯正が頭の中で幻聴となって鳴り響く。
でも今は何も聞こえない。
ここには何もないのだ。

スラウォン通り側出口付近の簡易店舗がすべて綺麗に作り変えられていた。

店はどこも営業していないが。

スラウォン通り沿いにある居酒屋や焼肉屋も寂しいかぎり。

スラウォン通りすらほとんど人が歩いていない。

餃子か冷やし中華か牛丼か

タニヤ通りに戻る。
タニヤ通り脇にあるゲート付きの駐車場エリアへ。

こっちにも日本料理屋が多い。

リンガーハットと大阪王将とゴールデンカレーは営業しているようだ。
むろん、持ち帰りのみ。

リンガーハットは、冷やし中華始めました。150バーツ。

大阪王将は弁当で勝負。

餃子を食べたいが、テイクアウトしたところで食べる場所がない。
外は酷暑である。
ちょっと歩いただけで汗だくになる。
ビルの物陰に座って食べるしかないが、餃子弁当を外で食べるのはなんだか虚しい。

脇道にあったはずの牛野家は完全撤退済み。手前のうどん屋もない。

あたり一帯が綺麗に整備されている。
ひさびさに牛丼食べたかった。
牛丼くらいならテイクアウトしても一気にかきこめばいい。
でもクローズ。

餃子でもカレーでも冷やし中華でも牛丼でも、日本食が簡単に手に入るのがタニヤだった。
でも今は厳しい。

まとめ

バンコク屈指の日本人街であるタニヤは、もうほとんど使い物にならない状況となっていた。
夜の街として壊滅しているのは当然のこと、昼間もほとんど人がいない。
飲食店は軒並みクローズだし、持ち帰り営業している店に買いに来る客もいない。
シーロム界隈でなおも働いている日本人はいるにしても、食事はデリバリーでオーダーするだけだろう。

プロンポンは日本人が多かったが、タニヤはさびしい。
ここまで人がいなくなるとは。

そしてショッピングモールの建設中だ。
このモールがオープンしたら、タニヤの雰囲気も変わりそう。

そして、ナイトライフが再開されたとしても、どれだけの日本カラオケ店が生き残っていられるのか。
タニヤは変わっていくだろう。
いや、変わらざるをえない。
そもそも、これが時代の流れなのかもしれない。
日本人としては寂しいがこれも現実だ。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.