パタヤ近況

チョンブリ県状況8月3日:新規感染者1,359人、パタヤ314人、過去最多更新

投稿日:

8月3日発表のチョンブリ県の感染状況。
新規に確認された感染者は大幅に増加し、過去最多となった。
本日よりチョンブリ・パタヤのロックダウンは延長。

広告



チョンブリ県感染状況

8月3日、チョンブリ県発表による新規感染者は1,359人(前日1,141人)。
累計29,129人
回復済み 14,965人(+477)
治療中 14,026人
死者累計 138人(+5)

新規感染者内訳
ムアンチョンブリ地区 342人(累計6,728人)
シラチャー地区 314人(累計6,949人)
バンラムン地区(パタヤ)314人(累計7,185人)

チョンブリ県全体でこれまでの新規感染者として過去最多となった。
また、バンラムン(パタヤ)とシラチャーも過去最多。

各地区別感染者推移

上から、バンラムン(パタヤ)、シラチャー、ムアンチョンブリ。
4月、5月、6月、7月の各月累計と8月の数値が並ぶ。

タイ全国での新規感染者は18,901人。

バンコク3,566人、サムットプラカン1,361人に続き、チョンブリの1,359人は全国3番目の多さとなった。

新規感染者の感染経路内訳

・コーチャン地区の工場クラスター 4人
・ムアンチョンブリの工場クラスター 2人

・不特定多数の人と接する高リスク職業 31人
・医療従事者 20人
・ラヨーンの複数施設 46人
・他県への旅行歴あり 4人

・家族間で感染 308人
・職場で感染 224人
・身近な感染者と接触 18人
・パーティ参加者と接触 2人

・調査中の感染者と接触 311人
・調査中 389人

1,535人の接触者と471人の積極調査による検査の結果を待っている。

チョンブリでは検査件数を発表している。8月2日の検査件数は4,562件で、うち陽性確認が1,141件。単純計算による陽性率は25.0%。

バンラムン感染状況

バンラムン保健局発表のバンラムン限定感染状況。
新規感染者314人。
パタヤ中心部に該当するノンプルーが158人。
累計死者30人。

感染経路
・調査中 105人
・家族間で感染 91人
・感染者と接触 60人
・職場で感染 36人
・高リスク場所を訪問 14人
など

チョンブリ県リスクスポット

チョンブリ保健局では、感染者タイムラインを元にした感染リスクスポットを発表。


(他にもあり)

(一部抜粋)
・ラタナコン市場内店舗
・オカマレストラン(タムサン食堂)ソイブッカオ
・スシマイレストラン ナックルア通りのシェルガソリンスタンド内
・ナックルアランポー市場内複数店舗
・パタヤサードロード沿いセブンイレブン前で営業のソムタムバイク屋台
・アモーンナコン市場内店舗
など

ソイブッカオのOKAMA食堂やナックルアのスシマイの詳細は不明。オカマとスシは日本語だろう。

ほとんどのタイムラインが、感染者が働いていた場所と時間帯を示している。
ローカル市場とローカル店が多い。
パタヤ中心部にあっても、身近に感染が迫っている雰囲気を感じる。

本日よりロックダウン延長

8月3日よりチョンブリでもロックダウン措置が延長となった。
とりあえず2週間で、月末まで延長される気配が濃厚。

21時から翌日4時まで夜間外出禁止。
県をまたいだ移動も制限される。
長距離バスは運行停止。
バンコクとパタヤを結ぶバスは、7月21日から延々とサービス停止中だ。

唯一の規制緩和がショッピングモール内レストランのデリバリー形式での営業再開が認められたこと。
セントラルフェスティバルやターミナル21では、いくつかのレストランがデリバリー営業を再開した。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.