*

チャン島からパタヤへの長い道のり


パタヤ沈没日記11(チャン島からパタヤへ)

本日でチャン島滞在はおしまい。
また車に乗って、パタヤへ戻る。

チャン島を離れる前に、カイベービーチ近くにある展望台に立ち寄った。

chang-island-view-point-1

ここがチャン島で一番見晴らしがいいようだ。

chang-island-view-point-2

が、残念ながら曇り空。
すぐに雨粒が落ちてきた。
最後まで雨にたたられるチャン島滞在である。

ローシーズンはダメだなあ。よっぽど運が良ければ毎日晴天に恵まれるかもしれないが、かなり厳しそう。
やっぱり、タイはハイシーズン(11月から3月くらい)がいいよ。

チャン島観光も終了。
さくっとパタヤへ帰ろう。

SPONSOR LINK

フェリー乗り場から本土へ

展望台を降りて、フェリー乗り場まで1本道をまっすぐ進む。
まあ、途中山道があったりワインディングロードになっていたりと、なかなかワイルドだけど。

koh-chang-to-pattaya-4

展望台からフェリー乗り場までは距離がある。20分以上走ったかも。

チケットを購入して、そのままフェリーに乗り込む。

koh-chang-to-pattaya-6

このフェリーの客室フロアーは3階まであって、眺めがいい。

koh-chang-to-pattaya-7

おっと、タンクローリーまでフェリーに乗り込んできたぞ。

ほどなくしてフェリーは出港。

koh-chang-to-pattaya-8

さらばコーチャン、チャン島。

楽しい2泊3日だった。
これで雨さえ降ってなければなあ。

のろのろ進むフェリーだが30分もすれば本土に着く。
船酔いが心配な人でも、この航路はまず大丈夫だろう。

koh-chang-to-pattaya-9

はい、タイ本土上陸です。

トラートからパタヤまで

あとは、パタヤへ向けてひたすら走るだけ。
がんばれ、友人。わたしは横で見ているだけだ。

koh-chang-to-pattaya-10

12時半。トラートのフェリー乗り場を出発。

フェリー乗り場のある半島が、意外とでかくて時間がかかる。スクンビット通りまでの道のりが長い。

トラックの荷台に乗せられた水牛が、ドナドナの響きを呼び起こし、どこか物悲しいトラートの道である。

koh-chang-to-pattaya-11

トラートの隣県がチャンタブリー。

ここで、クイティアオの昼食。なんでもチャンタブリー名物だとか。

koh-chang-to-pattaya-1

たしかにうまかった。

次はラヨーン県へ。
チャンタブリーからラヨーンにかけてはフルーツの名産地として名高い。
ランブータン、マンゴスチン、ドリアン、パイナップルなどフルーツ天国だ。
幹線道路沿いに直売所が多数並んでいる。

durian-1

バンコクやパタヤで買うよりもお得。ドリアンなんかは、半値近く安いかも。

ドリアンはその場でカット
durian-2

新鮮なのか匂いはあまりきつくなかった。芳醇な味わいでうまい。

durian-3

あまり大量に食べたいものじゃないけれど。

フルーツでビタミン補給完了。

もうパタヤは近いぞ。

が、ラヨーンを半ば過ぎたあたりで、ぽつぽつ渋滞が始まる。
そして、大渋滞。
まったく動かなくなった。

帰宅ラッシュにひっかかってしまったらしい。

 

午後6時。
チャン島フェリー以下の低速のまま、ようやくチョンブリー県に突入成功。
パタヤがあるのはチョンブリー県だ。

koh-chang-to-pattaya-2

渋滞は少し緩和されたが、結局、パタヤに着いたのは午後7時半。

koh-chang-to-pattaya-3

トラートから実に7時間もかかったことになる。
チャン島内の車移動も加えれば8時間近くなる。
ドライブ好きの友人もさすがにお疲れの様子。ほんと、ごくろうさまです。

 

チャン島のカイベー展望台からパタヤへの移動ルート地図

チャン島からパタヤやバンコク方面への車移動を考えている人は、もうちょっと早い時間帯に移動開始したほうがよさそう。

そういえば、前回はロットゥを利用してパタヤ・チャン島を往復したが、帰りは午前中にチャン島を出発した覚えがある。
夕方の渋滞に巻き込まれないには早め早めの行動が必要ですな。

あと、チャン島へは行くには、土日祝日は避けましょう。
特に本土へ向かうフェリーが大混雑して、車の待ち時間が数時間かかるそうなんで。

とにかくパタヤに戻ってきた。

友人は新しいホテルにチェックイン。
わたしは、借りっぱなしのしている宿の部屋に戻って、シャワーやら洗濯やら。

さすがにこの夜は、友人もわたしも疲れた。
軽くバービアで飲んだだけでおしまい。

また明日から遊びましょう。

ちなみに、わたしがチャン島へ行っている間、カラオケ嬢からの連絡は一切ありませんでした。
元気でやっているかなあ。

SPONSOR LINK

関連記事

smkbus-pattaya-7

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

イサーン遠征編1 パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。 まずはコラートだ。

記事を読む

korat-yamo-6

コラートの観光って?クランプラザ新館、ヤーモー像、ターミナル21などなど

イサーン遠征編3 コラート2日目の朝。 シリホテルのレストランで朝食を取ってから、ホテル

記事を読む

smk-bus-1

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

パタヤ沈没日記20 カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。 彼女から何の音沙汰もない

記事を読む

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

soi9

検問、逮捕、投獄、突然の終焉

パタヤ沈没日記16 (15からの続き) ある日のこと。 夕方頃、彼女は友人のところへ行

記事を読む

buriram-to-surin-6

ブリラムからスリンへ

イサーン遠征編7 犬と象の夜間歩きに辟易したのでブリラム脱出を決意。 次なる目的地は、ブ

記事を読む

pattaya-to-bangkok-10

パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。 その前に1泊だけバンコクへ立ち

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

pattaya-beach-night

やっぱりイサーンよりパタヤでしょ。バービア嬢をさくっとペイバーして濃厚サービス。

パタヤ沈没日記21(後半戦スタート) イサーン遠征編10からの続きとなります。 スリンか

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑