*

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4

カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。
その極め付きが、彼女に月よりの使者が降りてきた5日間だった。
タイ語で、ファイデーンとかメン(ス)とか呼ぶ。

女性の生理現象について男性がとやかく言えることはないけれど、とにかく彼女は不機嫌になるようで、ほとんど会話も成立しない状況。話しかけても返事も来ない。
まさに腫れ物を触るかのようだった。

彼女は5日間ひたすら眠っていた。

一日の睡眠時間は、たぶん16時間以上。
夜は連続して12時間は眠る。

目が覚めたら、腹が減ったから飯を買ってこいと命令。
会話があるのは、飯の種類を指定する時くらいなもの。

自分は一切外に出ず、すべての食事をわたしが調達してきた。
特に会話もなく、淡々と食事をするだけ。

コンビニでの買い物も多かった。

トウモロコシ
seven11-1

酸っぱくて甘いマンゴー
seven11-4
茶碗蒸し(タイ語でカイトゥン)
seven11-2
これらを毎食わたしが調達してきて、ほぼ無言のうちに食べ合う。

seven11-3

食事が終わると、彼女はすぐにベッドに戻り、スマフォをずっといじる。
しばらくすると、また眠る。
腹が減ったら目を覚まして、わたしに食事を要求。

この繰り返しを5日間。
しかも、風呂には入らず、着替えもせず。

おそらく1日のうち、ベッドの上で過ごすのは23時間半くらい。食事の30分だけ床に降りてくる。
あとはずっとベッドの上。

5日間、わたしは、ほぼ軟禁状態であった。

 

まあ、深夜にこっそりと外出して、ゴーゴーバーやバービアで遊んでいたが、もちろんペイバーなんかできるはずもなく、ただ飲むだけ。

ペイバー不可と思われていた18歳のバービア嬢を口説き落とすことに成功したのに、連れて帰ることもできず、涙を飲んだ。

bar-beer-2

すでに酔っ払っている18歳パービア嬢とビリヤードで遊んで盛り上がり、さらにドリンクを奢って、花も進呈して、いい気分に褒め立てて、大好きだと連発して、ペイバーオッケーをもらった。

ショート1500の言い値を1000まで下げたが、もちろんカラオケ嬢の寝込んでいる部屋に連れ帰ることなどできなかった。
惜しいことをした。
後に、日本から友人に18歳バービア嬢を紹介すると、あまりにも幼く見えると敬遠していたけど、あれは確かに上玉だった。
スタイルも顔もゴーゴーバー1軍レベルだった。

 

と、そんなアクシデントもありつつ、わたしはじっと耐えていた。

生理が終わるにつれ、彼女の機嫌も回復してきて、徐々に笑顔が戻ってきた。

いよいよ、彼女から収束宣言。
最後は、気持ちよくブンブンしておしまい。
このブンブンはお互いに盛り上がった。まさに赤く燃え上がった。

着替えに行くねといって、ようやく彼女は意気揚々と自分の部屋に戻っていった。
長い5日間だった。
よっぽど追い出してやろうかと思ったが、最後の笑顔を見ると、なんだかこっちまで達成感があった。

それにしても、もう腐れ縁だなあ。
こういう生活も悪くないのかも。

ちなみに、18歳バービア嬢とは、その後何度か顔を合わせたが、ペイバーせずじまい。そのうち、バービアからいなくなってしまった。
まあ、いいか。そのうち、またどっかで会うでしょう。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

カラオケ嬢とママー1

出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日帰国の旨を女性陣にメール送信し

記事を読む

smkbus-pattaya-7

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

イサーン遠征編1 パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。 まずはコラートだ。

記事を読む

welcome-to-koh-chang-1

チャン島旅行のはじまり

パタヤ沈没日記7(チャン島編) チャン島行きの発端 沈没日記の舞台はパタヤから一気にチャン島

記事を読む

buriram-to-surin-6

ブリラムからスリンへ

イサーン遠征編7 犬と象の夜間歩きに辟易したのでブリラム脱出を決意。 次なる目的地は、ブ

記事を読む

smk-bus-1

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

パタヤ沈没日記20 カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。 彼女から何の音沙汰もない

記事を読む

koh-chang-to-pattaya-2

チャン島からパタヤへの長い道のり

パタヤ沈没日記11(チャン島からパタヤへ) 本日でチャン島滞在はおしまい。 また車に乗っ

記事を読む

pattaya

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程は約100日となった。

記事を読む

lk-metro-ramen-2

友人とのパタヤ3日間。ソイブッカオ・LKメトロの大定番コースの過ごし方。

パタヤ沈没日記6 カラオケ嬢との半同棲生活はさらに続く。 ファイデーンやらチンピラやらいろい

記事を読む

kasetsin-5

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26 ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。 それから、プラタムナ

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑