*

ついにパタヤ到着。アジア周遊旅行の終わりとパタヤ沈没生活スタート。

公開日: : 2016年7月~アジア周遊旅行


アジア周遊旅行39(パタヤへ)

この日は、バンコクからパタヤへ向かうだけ。
過去何度も通ってきたルートだ。
目を瞑ってでも行けるというとオーバーだが、感覚的には、実家の最寄り駅から電車に乗って移動するのと大差はない。

SPONSOR LINK

パタヤへ

のんびりとホテルをチェックアウトして、パタヤへ向かうとする。

まずは、VASUで両替を済ませておく。
わりとレートが良かったので、一気に7万円両替。24,000バーツにもなった。急に金持ちになった気分だ。大事に使おう。

そのままBTSに乗って、エカマイ駅へ。

bts

バンコク東バスターミナル(EKAMAI)

エカマイ駅を降りて、バンコク東ターミナルへ。
やはり、BTS駅至近距離にバスターミナルがあるのは便利だなあ。南バスターミナルとは大違い

bangkok-ekamai-bus-terminal-1
エカマイも移転するという噂があるけど、どうかこの場所のまましばらくは営業していてほしい。

さくっと、パタヤ行きバスチケットを購入。108バーツ。

bangkok-ekamai-bus-terminal-2

ちなみに、ロットゥ(乗り合いバン)もある。

bangkok-ekamai-bus-terminal-3

たまたまだろうけど、出発時間はバスよりも早かった。高速をぶっ飛ばすので、バスよりも所要時間は短いはずだ。とにかく急いでいる人は、ロットゥもありかな。まあ、事故る確率も高くなるけど。

なお、ロットゥ乗り場は、バスの反対側。
bangkok-ekamai-bus-terminal-5

12時前に通常のバスに乗り込む。

bangkok-ekamai-bus-terminal-4

乗客全員揃ったところで、12時を待たずにさっさと出発してくれた。

うう、バスのエアコンが強烈すぎる。
送風口が壊れているようで、調整もできやしない。
上着を持ち込んでいて正解だった。

2時間かからずにパタヤ市内へ突入。
おお、帰ったきたぜ。

ノースパタヤバスターミナル (1)

裏道を通って、パタヤ北バスターミナルに到着。
ここからソイブッカオを目指す。

ノースパタヤのバスターミナルからパタヤ中心部への移動方法についての諸考察

主な方法は5つある。

1 ターミナル内で客待ちしている空のソンテウをチャーターする。パタヤ中心部だと200から300バーツくらい。一番楽な方法。

2 ターミナル内の乗り合いソンテウに目的地を告げて、ホテル近くまで。50バーツ。順番に客を降ろしていくため、少々時間がかかる。

3 客待ちしているバイクタクシー。言い値は一人100バーツほど。

4 バスターミナルの外へ出て、ノースパタヤロードを横断して、流しの乗り合いソンテウをつかまえる。ビーチロードまで走って10バーツ。ブッカオまで行くなら、てきとうなところで下車して、あとは歩く。これが最安値。

5 同じくバスターミナルを出てから、バイタクをつかまえる。ターミナル内よりは20バーツほど安くなるはず。ブッカオまでは70から80バーツほど。

以下、細かい補足。

バスターミナル内からの移動手段は年々価格上昇していて、タイ語で交渉してもなかなか安くならない。
バイタクも値上がり傾向。ブッカオとバスターミナルの間は以前のように50バーツでは行ってくれなくなった。

ノースパタヤバスターミナル (2)
(バスターミナル内のソンテウ)

ターミナル内に待機している乗り合いソンテウの料金は50バーツで、これまた以前のような30バーツはもう無理だ。

ノースパタヤロードの流しの乗り合いソンテウを捕まえれば安上がりなのだが、スクンビット通りの大規模工事の影響か、流しの乗り合いソンテウの数が減っている。
ソンテウが来たと思いきや、それはバスターミナルから出発してきたソンテウだったりする。当然乗車はできずにスルーされる。
うまく流しのソンテウが通りかかれば、ビーチロードまで行っても10バーツだ(2区間扱いされて20バーツ請求されるケースもありうるが、わたしはこれまで請求されたことはない。)
ブッカオ近辺に滞在予定だと、ビーチロードで降りてから徒歩移動が必要となる。たとえば、LKメトロへ行くには、ビーチロードのマイクショッピングモール前で下車して、マイク横のアートストリートを抜け、セカンドロードを渡ってKISSフードの横からソイダイアナに入っていくことになる。ある程度、パタヤの地理がわかっている人向け。
ビーチロード付近に滞在予定の場合は、使い勝手がいいかな。

とまあ、何かと面倒になってきたなあ、ノースパタヤのバスターミナルは。

結局、50バーツのソンテウでブッカオまで行くことに。
暑さに負けた。歩きたくない。楽をしたい。かといって、バイタクは嫌だ。だから50バーツで乗り合いソンテウ。

大きな荷物があっても大丈夫だし、一般的な旅行者はバスターミナルからの乗り合いソンテウが無難でしょう。

 

ノースパタヤロードからビーチロードに入ると、海が見える。

水面に陽光が反射して、きらきらとまぶしい。
近づくと汚い水だけど、遠くからは綺麗に見えるのだ。

この瞬間、パタヤに来たんだなあと実感させてくれる。
まあ、パタヤビーチで泳ぐこともなければ、ビーチに近づくことすら稀なんだけど、それはそれ。ビーチがあるだけでテンションは上がるものだ。

セントラルフェスティバル前で多くの乗客が下車。
セカンドロードで降ろされてあとは歩けと言われることもあるが、今回はきちんとブッカオまで走ってくれた。
まあ、これなら50バーツでもいいか。高いけど。

アジア周遊旅行ゴール

とにかく、ブッカオに戻ってきた。

pattaya-soi-buakhao-lk-metro

ここがゴール。

日本を出発してから、18日目。
ようやくブッカオにたどりついた。

いろいろあったけど、特に大きなトラブルもなく、無事にゴール。
うーん、長いような短いような18日間だったなあ。

これにて、アジア周遊旅行は完結となる。

そして、いつものパタヤ沈没生活の始まりである。終わりは決めていない。

まだ日本への帰国ルートも残っている。

バンコクから直接日本へ戻るのか、それとも往路と同じように周遊ルートを取るのかは、まったく決めていない。

エアアジアかスクートの直行便で帰るのが一番安上がりだし手っ取り早いんだけど、どうにも芸がないような気もする。

また、せっかくタイの観光ビザを取得したことだし、タイ国内旅行もしておきたい。
イサーン方面や中部方面には未訪問の土地がまだまだ残っている。

すべては気分次第。
旅なんて、そんなものである。

(次回は、アジア周遊旅行の総括をしておきます)

SPONSOR LINK

関連記事

カオラックナントンビーチビアガーデン (1)

カオラックのナントンビーチってこんなところ。ジェルンホテル宿泊レポート。

アジア周遊旅行31(カオラック案内) クラビからのバスが到着したのは、カオラックのナントン

記事を読む

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

アンヘレスQバー

お相手探しに迷走したアンヘレス滞在最終夜

アジア周遊旅行10(アンヘレス5日目) アンヘレス滞在は本日が最終。 翌日夕方にクラーク空港

記事を読む

ピーチ航空 (1)

アジア5カ国周遊旅行まとめ。ルートと実際の使用金額など。

アジア周遊旅行40(総括編) 18日間に渡ったアジア周遊旅行。そのまとめをお送りしたい。

記事を読む

ピーチ航空 (1)

アジア周遊旅行へ出発。旅の始まりは香港から。

旅立ちの朝 アジア周遊旅行へ出発する朝がやってきた。 睡眠時間は2時間以下だが気にしない

記事を読む

ハジャイMPピンクレディ (1)

ハジャイの夜遊び風俗スポットを昼と夜に徘徊。ハジャイ夜遊び情報2016年最新版。

アジア周遊旅行23(ハジャイ夜遊び編) マレーシア野郎たちのパタヤとも言うべきダンノックをあと

記事を読む

ハジャイの燕巣屋台 (1)

ハジャイ名物の燕巣を食べてみた。マレー料理とカオカームーも。

アジア周遊旅行24(ハジャイグルメ編) ハジャイといえば、めくるめく華僑の街。 通りを歩

記事を読む

ダンノック街中 (8)

ダンノック(サダオ)の歩き方とホテルの探し方

アジア周遊旅行20(ダンノック編) ペナン島から国境を越えて、タイに入国。 ハジャイ行き

記事を読む

ダンノックのハジャイ行きロットゥー乗り場 (3)

ダンノックからハジャイへはロットゥーでお気軽移動

アジア周遊旅行22(ダンノックからハジャイへ) ダンノックはおもしろい町だった。 も

記事を読む

シンガポールゲイランの公認置屋

シンガポール・ゲイランの夜は、公認置屋とホーカーズへ

アジア周遊旅行13 アジア周遊旅行日記はシンガポール編に突入する。 とはいえ、シンガポール滞

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

The haven breakfast the works (3)
パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑