パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2016年7月~アジア周遊旅行

ダンノックからハジャイへはロットゥーでお気軽移動

投稿日:


アジア周遊旅行22(ダンノックからハジャイへ)

ダンノックはおもしろい町だった。

もう一晩泊まろうかとも思ったが、なんとなくこの町のことはわかったし、コスパも良くない。

さくっと、隣町とも言うべきハジャイに移動することにした。

SPONSOR LINK



ダンノック(サダオ国境)からハジャイへの行き方

ホテルのレセプションで、ダンノックからハジャイの行き方を尋ねると、ロットゥーをすすめられた。
ロットゥーとは、乗り合いバンのこと。タイでは一般的な乗り物だ。
やはりこのロットゥーを使うのが一番楽な方法で、現地の人も多用している。

ハジャイ行きのソンテウもあるらしいけど、わたしは見つけられなかった。
サダオ市内行きのソンテウなら走っていた。乗り場は以下のロットゥー乗り場のすぐ近く。

ダンノックからサダオ行きソンテウ

サダオからハジャイ行きのソンテウやローカルバスに乗り換えれば、格安で移動できるはずだが、詳細は不明。

ハジャイ行きロットゥー乗り場

ダンノックのハジャイ行きロットゥー乗り場 (1)

ハジャイ行きロットゥー乗り場は、イミグレーションほど近くのセブンイレブン前。国道4号線の西側だ。

向かい側にはオスカーパレスホテルがある。
ダンノックオリバーパレスホテル
セブンイレブンの軒下にチケット売り場があって、そこで人数と降り場所を告げればいい。

ダンノックのハジャイ行きロットゥー乗り場 (2)

このロットゥーは、ハジャイ市内の任意の場所まで個別に送ってくれる。
わたしは、予約していたハジャイパレスというホテルを指定した。
ハジャイのホテルが未定の人や目的地が決まっていない人は、中心部であるハジャイ鉄道駅を指定すればいいかも。駅周辺には安いゲストハウスがいくつもある。

運賃は57バーツ。(100バーツ札を出して、細かいお釣りの1バーツコインをはっきり数えなかったので、実際は56バーツかも)
特にチケットはなかった。その場で待つだけ。

人数が集まると出発する。
昼時は人が集まりやすいようで、5分もしないうちに出発となった。

これが乗車するロットゥー
ダンノックのハジャイ行きロットゥー乗り場 (3)
だいたい12人くらいは詰め込まれる。
多少の荷物は空きスペースに積み上げられるだけ。長距離路線と違って、よほど巨大なスーツケースでもない限り、追加料金は発生しないようだ。

わたしの座席の横に荷物の山
ダンノックのハジャイ行きロットゥー乗り場 (4)
あとはハジャイへ向けて一直線。

国道4号線ダンノックからハジャイ

国道4号線は果てしなく続く。

タイ南部は爆弾テロが多発する地帯。
途中で、軍による検問で何度か止められた。
軍人が車内をのぞいて、全員のIDカードを確認することがある。日本人はちらっとパスポートを提示するだけで大丈夫だ。

約1時間でハジャイへ到着。
市内中心部からは少し離れたところにあるバスターミナルで多くの乗客が降りていった。

ハジャイロットゥーバスターミナル

どうやら、ここはロットゥーがメインのバスターミナルのようだ。
ハジャイには、もう一つ、長距離用バスターミナルもあるらしい。

そこから約10分で、宿泊予定のホテル近くで降ろされた。

ロットゥーハジャイ到着

今晩のホテル、「ハジャイパレス HAT YAI PALACE」へ到着だ。

ダンノックのホテルを出発してから、1時間10分。
ただじっと座っているだけで、ホテル前まで来れた。
やっぱりロットゥは楽でいいや。
荒っぽい運転はちょっと怖いけど。

地図

ハジャイからダンノックへの行き方は?

ハジャイからダンノックへは、逆のルートをたどればいいことになる。

ダンノック(サダオ国境)行きのロットゥーは、ハジャイ市内北側から出発するようだ。時計塔のそば。

また、バスターミナルまで行けば、国境行きバスやロットゥーも出ているはず。
ただ、このバスターミナルへは、ソンテウやタクシー利用となり、割高となる。

国境を越えて、一気にマレーシア入りするなら、旅行代理店で乗り合いミニバンを手配できる。
ハジャイ中心部、特に鉄道駅周辺には旅行代理店がたくさんある。ピックアップは、ホテルではなくて旅行代理店前となるが、郊外のバス乗り場まで移動するよりは、かなり楽ができそうだ。

SPONSOR LINK

-2016年7月~アジア周遊旅行
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.