*

V AIRで台北経由タイ(バンコクとチェンマイ)へ。今日からプロモーション開始で7200円?

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 プチ情報・便利帳


台湾のLCC航空会社のV airをご存知だろうか。
くまさんのキャラクターが売りだ。

スクリーンショット_071916_113908_PM

お恥ずかしい話ながら、わたしは最近まで、V airとVanilla Airを混同していた。
どちらも台北便を飛ばしているんだもの、ややこしいったらありゃしない。

V airのほうは、台北経由でタイのバンコクやチェンマイまで格安で飛べるのが魅力。
(Vanilla Airは、ベトナムまで飛べる。)

SPONSOR LINK

V airのプロモーション

さて、そのV airのプロモーションの話。

Image

https://www.flyvair.com/ja/index.html

本日7月20日午前10時から、2016年下半期のチケットが販売開始となる。
これに伴いプロモーションを展開。
販売期間は、2016年7月20日から7月25日午前0時59分まで。
搭乗期間は、2016年10月30日から2017年3月26日まで。

日本(大阪・名古屋・福岡)から台北まで3600円から
台北からタイ(バンコク・チェンマイ)まで3600円から

この記事を書いている時点(20日深夜)では、はたして本当に、上記の路線が3600円なのかはわからない。
とりあえず、3600円と仮定して話をすすめる。

台北で乗り継いで、タイまで合計7200円
これは安い。

とはいえ、空港使用料や支払い手数料がかかる。

現在の税金関連費用を調べてみると、以下のようになる。
(航空運賃は気にしないでね。あくまで手数料だけ。)

関空から台北まで
スクリーンショット_071816_095813_PM

たとえば、関空から台北へ行く場合の税金は、3040円。
クレジットカード支払い手数料が800円。
つまり手数料合計が、3840円となる。

台北からチェンマイまで
スクリーンショット_071816_100045_PM

税金が532ドル、クレジットカード支払い手数料200ドルで、合計732ドル。
1台湾ドルが約3.3円なんで、約2415円。

もしも、7月20日から発売開始のプロモーション価格で入手できたとしよう。

大阪からチェンマイまで行くには、7200円+3840円+2415円=13455円
(あくまで推測値。実際の値段は、予約時に確かめてみてほしい。)

まあ、悪くないんじゃないでしょうかね。
特にチェンマイまで行って13000円台はお得でしょう。

日本の地方空港では、茨城・沖縄・福岡からも台北まで飛んでいる。
九州地方の人は、2016年10月1日を最後に福岡発バンコク行きジェットスター便が撤退するようなんで、経由便ながらも安くバンコクやチェンマイへ行けそうですね。

台北での乗り継ぎの時間が悪いこともあるけれど、ついでに台北に1泊して観光でもすればいいかと。

V airはLCCなので、もちろん片道航空券の購入が可能。
往路は台北経由でチェンマイまで行って、帰りはバンコクからエアアジアやスクートで帰国するなんてルートも容易に作れる。
それにしても、これだけLCCが普及してきたら、アジア数都市の周遊旅行が激安でおこなえるようになってきた。
楽しい時代ですね。

とりあえず気になる人は、本日10時からのVairプロモーションをチェックしてみてくださいな。

SPONSOR LINK

関連記事

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102916_113438_pm

SCOOT4周年プロモーション中、急げ。バンコク片道8400円、往復15801円。

LCCのスクート(SCOOT)が、新たなセールプロモーションを始めている。 題して

記事を読む

T.T.Currency Exchange in walking street (1)

ウォーキングストリートの両替所、TTカレンシーが営業開始

パタヤでは定番の両替所としてしっかり定着した感のあるT.T.Currency Exchangeが

記事を読む

パタヤ雨降り2016年1月15日 (1)

【パタヤ近況】季節外れの大雨と、TTカレンシーのレート

ビエンチャンやウドンターニーのネタがたまっているため、なかなかブログ更新が追いつきませんが、わた

記事を読む

バットマンディスコ (1)

パタヤにある謎のバットマン屋敷廃墟跡

ボンコット散策 サードロードからソイボンコットに入り、そのまま道なりに直進

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

The Bay Pattaya (3)

ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成している。 名称は、The B

記事を読む

AIS

AIS 1-2 Callのデータ通信パッケージプランはどれがお得か?一ヶ月用と一週間用を比較してみた。

タイでの滞在が長くなると、外出先でもLINEやフェイスブックを使う機会が増えてくる。 現地タイ

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_112316_040904_pm

SCOOTプロモーション最新情報。バンコク往復18640円。

スクート(SCOOT)のプロモーション 毎度おなじみのLCC、スクート(SCOOT)が毎度のよ

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

新旧フィリピンペソ紙幣

ひさびさにフィリピン旅行する人は、旧フィリピンペソ紙幣が使えなくなっているのでご注意を。2016年旧紙幣から新紙幣への移行終了。

2016年7月、今回4年ぶりのフィリピン旅行となった。前回が2012年のこと。 それ以前にもフ

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑