*

ナナプラザ至近のレストラン、バスストップ(BUS STOP)のブレックファースト125バーツ

公開日: : グルメレポート


バスストップレストランパブ (3)

バンコクのスクンビットソイ4(Soi NANA)にあるレストラン、バスストップ。
わたしは初訪問ですが、まあ、有名どころでしょう。
ここでブレックファーストを食べてきたので、軽くレポート。

SPONSOR LINK



バスストップ(BUS STOP)

場所は、世界最大の大人のプレイグラウンド、ナナプラザから歩いて1分くらい。

地図

ナナプラザ前のソイナナを南に歩いていれば見つかります。道路の反対側です。

外観
バスストップレストランパブ (4)

店の前に置いてある立て看板
バスストップ店前メニュー看板

ウッド調でなかなか味のある店構えですね。
2階建てになっている。
朝食の時間帯ということもあり、2階には誰もいないようだ。

とりあえず、1階のてきとうな席に座ってみた。

1階の様子
バスストップレストランパブ (5)
バスストップレストランパブ (1)

道路に面したカウンター席、テーブル席、さらに厨房前のカウンター席。
奥にもテーブルがある。

テーブルは赤のクロスで、いかにも洋食屋っぽい雰囲気だ。

ブレックファースト(Breakfast)

オーダーは、もちろんブレックファストで。
コーヒーか紅茶を選択できる。
卵はおまかせになるようだ。
料金は129バーツ。

まずは、コーヒーとオレンジジュース。

バスストップのブレックファースト (3)

コーヒーは、ドリップしたものでしょうね、たぶん。きちんと苦味がある。
オレンジジュースは、生搾りのようだが、特に印象に残っていない。

ついで、プレートが到着。

バスストップのブレックファースト (1)

ベーコン2切れ、目玉焼き2個、ミニサイズソーセージ1本、ハッシュドポテト2個、焼きトマト、豆という内容。

メニューには、トマトと豆が書いていなかったので、ちょっとうれしい。
あと、ポテト好きとしては、ハッシュドポテトもうれしいなあ。
まあ、ソーセージがかつて見たこともないほどのミニサイズなのはご愛嬌だ。
ハード型の目玉焼きにちょっとだけ愛情を感じた。

あと、トースト2枚とバターとジャム。
トーストは、少々焼き過ぎ。味は普通のトーストでした。

全体像がこちら
バスストップのブレックファースト (2)

ソース類も完備してあるし、味付けはお好みで。
そこそこ満足できる朝食内容じゃないでしょうか。
味は、もう至って普通です。
とにかくポテトがうれしかった。

超大盛りってほどではないけれど、バンコクのナナという立地を考えると、これで125バーツなら文句はないです。

ごちそうさまでした。

バスストップレストランパブ (2)

会計時、ウェイトレスからは日本語で挨拶された。
ウェイトレスといってもエプロンを着用しているわけでもない、ただの私服姿の女性。
噂によると、料理以外にもウェイトレスの女性をテイクアウトができるとかできないとか。
知りませんけどね。気になる人は、夜にでもどうぞ。

バスストップのメニュー

バスストップのメニュー (4)

やはり洋食がメイン
バスストップのメニュー (3)

ステーキとたまごとトーストがセットになった朝食もあるみたい。165バーツ。
ハンバーガー70バーツ
サーロインステーキ365バーツ
ビーフシチュー265バーツ

アジア料理
バスストップのメニュー (1)

カオパット120バーツ
パッタイ165バーツ

ドリンクメニュー
バスストップのメニュー (2)

シンハー80バーツ
ハイネケン90バーツ
ソフトドリンク55バーツ
ホットコーヒー60バーツ

タイ料理系は、やはり観光地レストラン価格。
こういったところでは、洋食をオーダーするのがベターかも。

スクンビット・ナナ近辺の朝食

バンコクのスクンビット地区には過去幾度となく宿泊しているが、ホテルの外へ朝食を取りに行った経験がほとんどない。

ホテルの朝食ですませるか、近所のコンビニや屋台で買ってきて簡単にすませることが多かった。

朝のスクンビットには、こんな屋台が各所に出ているんで、ローカルフードが大丈夫な人は特に困らない。
朝食屋台 (1)
朝食屋台 (2)

今回いろいろアメリカンorイングリッシュブレックファーストを調査してみたが、やはりお値段は高め。

199バーツ
ソイナナのブレックファースト看板 (3)

160バーツ+
ソイナナのブレックファースト看板 (1)

その中にあって、バスストップの125バーツはわりと安いほうだ。

と、満足して帰路につくと、こんな看板を発見。

ソイナナのブレックファースト看板 (2)

99バーツか。パタヤ並みの低価格路線だな。
しかも、肉肉しくておいしそうだ。
お昼12時までとのこと。
店の名前は、HANRAHANS
次回は、ここを試してみよう。

SPONSOR LINK

関連記事

Naklua seafood market (19)

ナックルアのシーフードマーケットで海鮮三昧。公園にゴザを敷いて食べる休日。

パタヤの隣町、ナックルアは昔からの漁師町。 漁港となっていて、海産物の水揚げが豊富だ。 とれ

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。 場所は、サードロードのソイ15角のファ

記事を読む

mcdonald-namtok-salmon-1

日泰合作。タイのマクドナルド限定メニュー、北海道サーモンナムトックライスとバーガー。

ドナルドがワイ(合掌)している姿が有名なタイのMcDonald。 タイのマクドナルドで

記事を読む

Big A curry wurst (1)

BIG A Pattayaのパタヤカンブレックファーストとカリーブルスト

パタヤカンのソイ12と、セカンドロードのソイ4が交わる三叉路に一軒のレストランが建っている。ハリ

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

Patonko (1)

ソイブッカオの新しいパートンコー屋台

パートンコーとは、タイの朝食を代表する揚げパンのことだ。 パタヤでパートンコーといえば、ソイブ

記事を読む

sukiya-pattaya-11

パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。追加でラーメンと餃子もね。

ノースパタヤのセントラルマリーナ(Central Marina)に、ようやくすき家がオープンした

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑