*

ナナプラザ至近のレストラン、バスストップ(BUS STOP)のブレックファースト125バーツ

公開日: : グルメレポート


バスストップレストランパブ (3)

バンコクのスクンビットソイ4(Soi NANA)にあるレストラン、バスストップ。
わたしは初訪問ですが、まあ、有名どころでしょう。
ここでブレックファーストを食べてきたので、軽くレポート。

SPONSOR LINK

バスストップ(BUS STOP)

場所は、世界最大の大人のプレイグラウンド、ナナプラザから歩いて1分くらい。

地図

ナナプラザ前のソイナナを南に歩いていれば見つかります。道路の反対側です。

外観
バスストップレストランパブ (4)

店の前に置いてある立て看板
バスストップ店前メニュー看板

ウッド調でなかなか味のある店構えですね。
2階建てになっている。
朝食の時間帯ということもあり、2階には誰もいないようだ。

とりあえず、1階のてきとうな席に座ってみた。

1階の様子
バスストップレストランパブ (5)
バスストップレストランパブ (1)

道路に面したカウンター席、テーブル席、さらに厨房前のカウンター席。
奥にもテーブルがある。

テーブルは赤のクロスで、いかにも洋食屋っぽい雰囲気だ。

ブレックファースト(Breakfast)

オーダーは、もちろんブレックファストで。
コーヒーか紅茶を選択できる。
卵はおまかせになるようだ。
料金は129バーツ。

まずは、コーヒーとオレンジジュース。

バスストップのブレックファースト (3)

コーヒーは、ドリップしたものでしょうね、たぶん。きちんと苦味がある。
オレンジジュースは、生搾りのようだが、特に印象に残っていない。

ついで、プレートが到着。

バスストップのブレックファースト (1)

ベーコン2切れ、目玉焼き2個、ミニサイズソーセージ1本、ハッシュドポテト2個、焼きトマト、豆という内容。

メニューには、トマトと豆が書いていなかったので、ちょっとうれしい。
あと、ポテト好きとしては、ハッシュドポテトもうれしいなあ。
まあ、ソーセージがかつて見たこともないほどのミニサイズなのはご愛嬌だ。
ハード型の目玉焼きにちょっとだけ愛情を感じた。

あと、トースト2枚とバターとジャム。
トーストは、少々焼き過ぎ。味は普通のトーストでした。

全体像がこちら
バスストップのブレックファースト (2)

ソース類も完備してあるし、味付けはお好みで。
そこそこ満足できる朝食内容じゃないでしょうか。
味は、もう至って普通です。
とにかくポテトがうれしかった。

超大盛りってほどではないけれど、バンコクのナナという立地を考えると、これで125バーツなら文句はないです。

ごちそうさまでした。

バスストップレストランパブ (2)

会計時、ウェイトレスからは日本語で挨拶された。
ウェイトレスといってもエプロンを着用しているわけでもない、ただの私服姿の女性。
噂によると、料理以外にもウェイトレスの女性をテイクアウトができるとかできないとか。
知りませんけどね。気になる人は、夜にでもどうぞ。

バスストップのメニュー

バスストップのメニュー (4)

やはり洋食がメイン
バスストップのメニュー (3)

ステーキとたまごとトーストがセットになった朝食もあるみたい。165バーツ。
ハンバーガー70バーツ
サーロインステーキ365バーツ
ビーフシチュー265バーツ

アジア料理
バスストップのメニュー (1)

カオパット120バーツ
パッタイ165バーツ

ドリンクメニュー
バスストップのメニュー (2)

シンハー80バーツ
ハイネケン90バーツ
ソフトドリンク55バーツ
ホットコーヒー60バーツ

タイ料理系は、やはり観光地レストラン価格。
こういったところでは、洋食をオーダーするのがベターかも。

スクンビット・ナナ近辺の朝食

バンコクのスクンビット地区には過去幾度となく宿泊しているが、ホテルの外へ朝食を取りに行った経験がほとんどない。

ホテルの朝食ですませるか、近所のコンビニや屋台で買ってきて簡単にすませることが多かった。

朝のスクンビットには、こんな屋台が各所に出ているんで、ローカルフードが大丈夫な人は特に困らない。
朝食屋台 (1)
朝食屋台 (2)

今回いろいろアメリカンorイングリッシュブレックファーストを調査してみたが、やはりお値段は高め。

199バーツ
ソイナナのブレックファースト看板 (3)

160バーツ+
ソイナナのブレックファースト看板 (1)

その中にあって、バスストップの125バーツはわりと安いほうだ。

と、満足して帰路につくと、こんな看板を発見。

ソイナナのブレックファースト看板 (2)

99バーツか。パタヤ並みの低価格路線だな。
しかも、肉肉しくておいしそうだ。
お昼12時までとのこと。
店の名前は、HANRAHANS
次回は、ここを試してみよう。

SPONSOR LINK

関連記事

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。 昔、この近所

記事を読む

ボンコットのクィティアオ屋 (2)

ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

ソイボンコット(SOI BONGKOCH)にあるクィティアオ屋がとてもおいしかったのでおすすめし

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

ae-restaurant-breakfast-9

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

ファランな朝食シリーズです。 今回はソイエキサイトにお邪魔しました。 100バーツで、イング

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

ポークチョップ (2)

サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

以前紹介したサードロードにある安く美味いステーキ屋、ガオライサイサーム。 ⇒ローカルだ

記事を読む

ステーキ屋ガオライサイサームポークチョップ

ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋を見つけた。 ステーキ定食が55バーツから食

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑