*

シムロックされた日本のiPhoneをタイの3BB Wi-Fiにつなげてみた

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 ネット通信関連, プチ情報・便利帳

3BBlogo

友人K氏は、現地タイの携帯電話を利用している。これはスマートフォンではなく、いわゆるガラケー。ネットには繋げられない。

普段日本で使っているのは、iPhone4S。
日本で飛行機に乗り込む時に機内モードに設定。で、機内モードのままタイ国内でも電源はオンしている。通話やデータローミングはオフになっているので、追加料金の心配はない。
でも、ネットにつながっていないので、ネット閲覧はできない。
もちろん宿泊しているホテルにWi-Fiがあれば、ネット接続は可能だ。

が、今回宿泊したホテルのWi-Fiが有料。一日100バーツ以上するらしい。
高すぎるってのでパス。
でもやっぱり部屋で暇だからネットにつなぎたいと言う。
(わたしと一緒にいるときは、わたしのタイ・スマフォをテザリングしてネット接続できる。常時接続契約済みなので。)

SPONSOR LINK

【3BB Wi-Fi】

さて、どうしたものか。
日本のiPhoneなので、当然シムロックされている
シムロックを解除さえすれば、タイの電話会社と契約して普通にネット端末としても使える。
が、iPhone4Sのシム解除は難しいようだし、わざわざそこまでしたくない。

部屋まで電波が届いているWi-Fiをチェックしてみると、3BBが入ってきている。
おまけに近所にはファミリーマートがあり、そこの3BBも使えるようだ。

とりあえず、3BBに接続してみる。
パスワードがないので、当然それ以上は進めないが、接続プランの案内が書いてある。
AISと3BBのWi-Fi無制限プランがあるようだな。
ふむふむ、1ヶ月99バーツ。
問い合わせ番号が書いてあるぞ。

よくわからないので、とりあえずK氏の携帯電話(タイで使っているガラケーね)を借りて、番号を送ってみた。これで詳しい説明が折り返し送られてくるはずだ。

*388*88#

さっそく、SMSで返事が来た。
メールを開封。

うわ、やっちまった。

契約完了だってよ。
番号送信すなわち契約申し込みってことなのね。

メールには、ID番号とパスワードが載ってある。

ははは、すいません、契約しちゃいましたよ。
と、K氏に事後報告。

料金は1ヶ月で99バーツ。
プリペイド式で利用している場合は、一週間に25バーツずつ引き落とされる仕組み。

やってしまったものはしかたない。
実際に、3BBに接続してみる。
ID(契約した時に使った携帯電話の番号そのまま)とパスワードを入力。

お、ちゃんと繋がった。
ちょっと電波が弱いけど、窓際へ移動すればばっちり使える。

こりゃあいいぞとK氏も喜んでくれた。
動画もばっちり見られるとハッスルしていた。
25バーツなら安いもんだと。

まあ、結果オーライだ。

詳しい情報は、3BBのページで。
http://wifi.3bbwifi.com/packages_en

 

AIS(1-2CALL)ユーザーはこれ。わたしが実際に申し込んでしまったやつ。

3BBAIS

DTACを使っている人は、これ。

3BBDTAC

*104*699#

ファミリーマートなどで、プリペイドカードでいろんなプランを販売している。これなら携帯電話での手続きは不要だ。
一番安いので、300分利用40バーツ。

3BBprepaid

 

まとめ

ホテルのWifi代が高いとか、回線が不安定で困るって人は、3BB導入を検討してみては?
まずは、部屋で接続できるかチェック。
それから契約だ。

パタヤのあちこちにファミマがあるし、それ以外でも3BBの電波は飛んでいる。

3BBと提携している企業群
3BBCOMPANY

しかもAISのWi-Fiも利用可能だ。(DTACもあり)
3BBとAIS、この2つがあれば、パタヤのほとんどのエリアをカバーしてるんじゃなかろうか。
ダメでも、ちょっと移動するだけで拾ってくれるはず。

よほどのネットヘヴィユーザーでもない限り、これで充分なような気がする。

現地での連絡はあくまでもタイのガラケーを使い、ホテル内や出先で暇な時だけ日本のスマフォで3BBのWi-Fiに接続する程度って使い方。

 

【どうしても日本のiPhoneをそのまま使いたいなら】

SIMロックを解除していない日本のスマフォをそのままの環境で常時接続したいって人は、ポケットWi-Fiルーターをレンタルするのが楽かなあ。

海外でパケ死なんて嫌!パケット定額1日670円~
格安レンタルWiFi はグローバルWiFi!

自前のポケットWi-Fiルーター(SIMフリーのやつ限定)を持参する方法もあるけど、別途、SIMカードを購入して、回線を開く設定が必要。場合によっては、PC必須でちょっと面倒かも。

↓こういうルーター

あと、現地でもルーターは売っているので、それを利用する手もあり。

お店で頼めば、設定はしてくれるかも。

 

熱心なタイリピーターなら、タイ専用のスマートフォンを購入するのが一番楽チンだけどね。
これまでタイのガラケーを使っていたのなら、SIMカードを新しいスマフォに挿し替えるだけで、そのまま使える。
何らかのネット接続プランに申し込むことは忘れずに。

いちいち日本とタイ用のスマフォを二台持つなんて面倒くさい。
そんな人は、日本でもSIMフリーのスマフォが入手可能なので、日本国内で使用するメインのスマフォにしてしまおう。
タイに持ち込んで、SIMカードを差し替えれば、そのままタイで使えるスマフォに早変わりだ。
SIMカードを挿し替えるのすら面倒な人は、デュアルSIMスロット機能搭載のスマフォを使えば、オッケー。
日本でもタイでもそのまま使える。

SPONSOR LINK

関連記事

エアアジア・パタヤマカオ路線

エアアジアがパタヤ・ウタパオ空港で本格運用開始。マカオ路線も新規就航。

タイ・エアアジアが、パタヤ(ウタパオ)空港発着便を増設。 2015年9月25日から、パタヤと中

記事を読む

Aspire R3-131T-A14D (4)

Acer Aspire R3-131T-A14D/W使用実感レビュー。海外旅行・海外ノマド向けノートパソコンなのか?

2ヶ月にわたるタイ旅行で使っていたノートパソコンがこちら。 Acer Aspire

記事を読む

AIS12コールトップアップマシーンキオスク

AISの1・2コールを20バーツでトップアップして有効期限を延ばす方法(手数料なしで最長1年)

タイの携帯電話会社といえばAISの1・2call。 他にも会社はあるが、ワンツーコールを使って

記事を読む

アパート1

パタヤでのアパート探しの方法と暮らしの注意点

読者さんから、パタヤでの長期滞在やアパート暮らしについて、いくつか質問をいただいている。 やは

記事を読む

スワンナプーム発エアポートバス値下げ (1)

スワンナプーム空港発パタヤ行きエアポートバスが122バーツに値下げ

スワンナプーム空港からパタヤへ直行するには、ルンルアン社のエアポートバスが一番安くて便利。 ス

記事を読む

下川裕治裏国境 001

ミャンマー陸路移動は可能なのか?下川裕治「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」

アジア旅行記界のゴッドファザー、下川裕治の新作が出た。 今回は、下川先生の大得意分野、貧乏バス

記事を読む

スマフォ機種変更 (1)

AISの格安スマートフォンLAVA iris353をレビュー。タイで購入したスマフォ設定の注意点など。

旧型のサムスンギャラクシーがちょこちょこフリーズを起こして使い物にならなくなってきたので

記事を読む

スクートプロモーション20151029 (4)

スクートが3周年プロモーション。関空・バンコクが片道7333円。本日正午スタート!

LCCのSCOOT(スクート)がスクート就航3周年記念セールと題したプロモーションをはじめます。

記事を読む

楽天カード (8)

楽天カードなら年会費無料で海外旅行保険付き。8000円分ポイントがもらえるキャンペーン中。

楽天カードが、8000円相当のポイントプレゼントキャンペーン開催中。 キャンペーン

記事を読む

ウタパオ空港HP (3)

エアアジアのパタヤ・クアラルンプール便就航。ウタパオ空港発着便について。

エアアジアの新路線 クアラルンプールとパタヤ・ウタパオ空港を結ぶエアアジアのフライトが就航にな

記事を読む

アドステア

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑