*

【バービア定点観測】ドリンキングストリート、ソイ3、ソイ6

公開日: : 夜遊び情報

昨晩、ノースパタヤのバービアを少々まわってきた。

時刻は夜11時過ぎ。

まずは、ソイ3へ。

ソイ3のセカンドロード側入り口にあるローカル食堂はすでに閉店。
しょうがないんで、屋台のヤムママータレーを購入して、ソイ3のバービア群へ。

ソイ3バービア群

ソイ3バービア群 (1)

やはり、道路側中央のバービアが異常に盛り上がっている。
揃いのシャツを着たバービア嬢たちが10人以上お立ち台に登って、踊っている。
当然、客も集まる。
大繁盛店だ。
ノリを求める人は、このバービアへ行こう。
人数が多いんで、選べるレベルの子も見つけやすい。

わたしは食事を取りたかったので、奥のバービアへ。
奥は比較的静かな雰囲気で、まったり飲むことができる。
LEOビールは80バーツ。

ソイ3バービア群 (2)

23歳のハイテンションなバービア嬢がお相手してくれた。
えらく積極的な嬢だったが、ルックスはギリギリで落第点。残念。

バービア群を2周してみたが、若そうなバービア嬢もちらほらと。
特に道路側のバービアからは、こちらが日本人とわかると、積極的に呼び込みしてくれるんで、初心者の人でも入りやすいと思う。

ソイ7の次に初心者にはおすすめのバービア群だ。

屋台で購入したヤムママータレーはおいしかった。

ヤムママータレー (2)

ヤム=サラダ
ママー=インスタント麺
タレー=海、シーフード

ヤムママータレー (1)

バービア群の前には、常に何台かの屋台が出没している。
屋台の買い方がわからなければ、バービア嬢に付き添ってもらって購入しましょう。
よろこんで付き合ってくれます。

ドリンキングストリート

ドリンキングストリート

続いて、ドリンキングストリートへ移動。
セカンドロードを北上して、右手にある。

ドリンキングストリート

時刻は12時前。
客入りはまずまずかな。
客層は、やはりアラブ系とファランがメイン。
アラブ系は相変わらずシーシャを吸っている。
また、アラブ系を意識したふくよかなバービア嬢が明らかに増えている。

深夜0時という遅い時間帯のせいかもあるかもしれないが、正直なところ、バービア嬢のレベルはきつい。
入りたいと思わせるバービアは皆無。
アラブ系が多いせいで、なんとなく全体的にどんよりしているように感じてしまう。まあ、わたしの偏見だろうけど。

数年前までのドリンキングストリートはもっと熱かった。
バービア嬢のレベルが高かったし、盛り上がっていた。
呼びこみの声ももっと激しかった。

ここで何度ペイバーしたことか。
一つのバービアに10代が5人とか当たり前のようにそろっていた。

が、現在の凋落ぶりときたら。
あくまでペイバー目的の日本人的視点だけどね。

そんなわけで、純粋にペイバー目的で訪れるのは、あまりおすすめできません。
行くにしても、もうちょっと早い時間帯の夜8時前後がいいでしょう。
その時間ならほぼ全員が出勤しているはずで、物色するにはいい時間帯です。
それでダメなら諦めましょう。
まあ、バービアの数は多いんで、ひょこっと掘り出し物が隠れている可能性はあるけど。

ビールは基本的に80バーツのバーが多い。
つまみに、野菜スティックや豆を出してくれるかな。
雰囲気的にまったり飲むようなバービア群ではないんで、現在のドリンキングストリートに長居したいとは思えない。

困ったときのドリンキングストリート頼みとして、重宝していたんだけどなあ。

また、ドリンキングストリート脇にあるレストランは、ピザのテイクアウトでよく利用していた。

NONG JAI 2
ドリンキングストリート脇のレストランNONG JAI2 (2)

ピザは、ホールが大きくても味も良かった覚えがある。

ドリンキングストリート脇のレストランNONG JAI2 (1)

久しぶりにメニューを見てみると、数年前より50バーツ以上値上げしているなあ。
まあ、しょうがないとはいえ、これまたきつい。

ソイ6

ソイ6

最後にソイ6へ。
午前0時を回っているが、どこも絶賛営業中。
とはいえ、呼び込みの声は激しくなくて、全体的に閉店ムードが漂っている。
酔っ払ったファランが店内で潰れているか、騒いでいるかのどちらか。
遅い時間帯のソイ6は、だいたいこんなものだ。
以前はシーシャの煙がもくもくと立ち込め、さらに退廃的な雰囲気が漂っていたが、今は比較的なクリーンな匂い。

レベルは推して知るべし。
かわいいどころは、すでにペイバーされているだろう。
わたしの食指はまったく動かなかった。

一往復するだけで終了。
この時間帯でソイ6のレベルを評価するのは早計ってもの。
やはり、昼過ぎ、夕方、日没直後と、それぞれ訪問してみないと何ともいえない。

ノースパタヤの主要バービア群めぐりはここまで。
定点観測なんで、本気で探してはいない。
本気でバービアめぐりをするなら、セカンドロード沿いにあるような小さなバービアまですべてチェックしてまわる必要あり。

とりあえず、ほどほどに盛り上がっていて、ほどほどにかわいいバービア嬢がいそうなのはソイ3バービア群ですかね。
大きなバービア群ではないんで、すぐにチェックできるでしょう。
ノースパタヤに滞在している人は、のぞきに行きましょう。

その他、パタヤのバービア群に関しては以下の記事を参考にどうぞ。詳しい地図もこちらから。

パタヤの主なバービア群まとめ情報。相場と地図付き。

(各バービアの状況や相場について、概ね変化はないのだが、細かいアップデートが必要かも。そのうち加筆修正しておきます。)


関連記事

ワッツアップ

クリスマス本番のパタヤ。昼間のウォーキングストリートの様子。夜のパーティはいずこへ。

昨晩がクリスマスイブ。 日本ではイブが一番盛り上がり、クリスマス当日は抜け殻みたいなものだが、本来

記事を読む

クイーンズパークプラザバービア群 (3)

クイーンズパークプラザは、バンコク・スクンビットソイ22のバービア群。料金と遊び方。

パタヤと違って、バンコクのスクンビット近辺には大きなバービア群が少なくなった。 ナナプラザの中庭に

記事を読む

ビエンチャンソクサイフォンホテル

とにかく若い!ビエンチャン夜遊び風俗最新情報2016年1月。ラオンダオ1・2、ソクサイフォン、帝豪(ティハウ)ホテル。

2016年1月、実際に訪れたラオス・ビエンチャンの最新夜遊び風俗情報をどうぞ。 それほど目新しい店

記事を読む

キンナリープレイス (2)

キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

パタヤにいくつもあるジェントルマンズクラブ(ジェントルマンラウンジ)の中で最も有名なのが、ここキンナ

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

ラムー (1)

ラムー訪問記後編。ペイバー可能、でもバーファインは3000バーツ。

前回のラムー訪問記はこちらから。 ⇒高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。1

記事を読む

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

VIPERバイパー外観

VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

パタヤヒルとも言われるプラタムナック地区。 パタヤからジョムティエンへ向かう途中、右手に見える丘が

記事を読む

fahrenheit-gogo

週末のウォーキングストリート、ゴーゴーバー5軒レポート。昔ペイバーしたバービア嬢がゴーゴー嬢へ転身。

金曜土曜日と、週末のウォーキングストリートを二日間に渡って、訪れてみた。 どちらも午後11時以降の

記事を読む

HONEY1MP

深夜便で帰国する時のパタヤ・バンコクの時間の過ごし方と遊び方

はじめてパタヤを訪問するという読者の方から、質問をいただいた。 深夜便での帰国となるのでフライ

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑