*

スーパーベイビー閉店。ハッピーとインフィニティ訪問レポート。

昨晩2016年2月3日夜10時過ぎにウォーキングストリートを訪れた。
通り全体の客足はやや少なめ。
ハイシーズンのはずだが、以前ほどの活気は感じられないのが少し気がかり。

スーパーベイビー閉店

読者さんから情報をいただいていましたが、やはりSUPER BABY A-GOGOは閉店済みでした。
1月31日をもって営業停止とのこと。

スーパーベイビー閉店 (2)

店先の壁にずらりと貼られていた在籍ダンサーの写真はすべて撤去。
ネオンサインの明かりも消えて、真っ暗の状態。
店の前は単なるバイク置き場と化していた。

スーパーベイビー閉店 (3)

スーパーベイビー閉店 (1)

写真でわかるように、この一角だけとにかく暗い。
暗澹たる気持ちにさせられた。

潰れる数日前に訪問しておいたよかった。
まあ、あの凋落ぶりでは閉店は時間の問題だったか。

関連記事:ひさびさにスーパーペイビーへ入ってみたら、客が一人だった件

わたしがパタヤで遊びはじめた2008年前後はそりゃあ凄かったんだけどねえ。
これも時代の流れ。
時流に乗れない経営をしているゴーゴーバーは淘汰されていく。
悲しいけど、これ、ゴーゴー戦争なのよね。

ハッピー HAPPY

ハッピーアゴーゴー

さて、10年ほど前から人気があり、現在でもしっかり生き残っているゴーゴーバーがある。
HAPPY A-gogoである。
流行り廃りはあったけど、なんとか生き延びているのは、さすがパタヤを代表するハッピーグループの旗艦店だ。

これも読者さんからの情報で、ハッピーの67番が過去最高レベルのダンサーだというので、見に行ってみた。

10時半頃の入店で、客入りは8割ほど。
雰囲気的にはちょうどいい。

残念ながら67番は見つからなかった。

その他のダンサーのレベルは、特Aクラスはいないけど、Aの下やBの上クラスは散見されるといった感じ。
やはりペイバー目的の客が多いので、かわいいダンサーはすでにペイバーされたか接客中のようだ。
日本人好みの童顔金髪巻き髪の8番に言い寄られたが、やんわりとかわす。
性格も良さそうだけど、ノムレック。

出勤ボードを確認する。別に統計調査をしているわけではないので、きちんと数えていない。たぶん、40人から50人の間。ペイバー済みが8人ほどで、わたしが飲んでいる最中にも5人ほどがペイバーされていた。
バーファインは800Bで変わらず。
チップの額は聞いていないけど、たぶんショート3000、ロング5000が言い値でしょう。
1000Bのディスカウントは難しくないと思われます。

ドラフトビール69バーツ1杯で退散。
ハッピーは、スーパーベイビーほど置屋くさくないし、ドラフトビールも安いし、店全体の雰囲気も嫌いではない。
これからも、ちょこちょことのぞきに来ようと思う。

インフィニティ INFINITY

インフィニティ (1)

せっかくウォーキングストリートまで来たので、もう1軒だけ立ち寄ってみる。
どこでも良かったので、ぶらぶら歩いていて、気持ちのいい客引きをしているバーにした。

強引の腕を掴んでくる客引きはイヤだし、無愛想な顔でボードを持っているだけの客引きもイヤ。
日本語で無理やり勧誘されるのも興ざめだし、意外と客引きも難しい。

目を引いたのが、INFINITYの客引きの女性。
珍しく私服姿。
アジア系の客にウケそうなルックスで、うまく日本人や韓国人を引き込んでいた。

インフィニティ客引き嬢

ママさんと本人に許可を得たので、きちんと写真撮影。
22歳で、まずまず可愛い。

とはいえ、その客引きとは一緒に入らず、一人で入店。

インフィニティは久しぶりだ。
というか、新規オープンした当初に一度入ったきりかも。

ここは、横幅が狭くて奥に長いという構造。
ダンサーは目の前で踊っているが、曲が変わっても立ち位置が変わらない固定式。
奥の方のダンサーが見づらい。

客入りは寂しかった。
全部で5人ほど。

若いほうのママさんが付きっきりで接客してくれた。
ドリンクを要求することもなく、やんわりとレディを選ぶように促してくる。
こういう態度のママさんは好感が持てる。強引なママさんは苦手だ。もう一人、大ママさんもいて、こちらはなかなかきつそうな雰囲気だけど。

残念ながら、選べそうなレベルのダンサーは見当たらなかった。
たまたま隣にすわったダンサーとも少しおしゃべり。

在籍ダンサー数はだいたい30人くらいとのこと。
わたしが確認できた範囲では15人くらいかな。ママさんが持っていた出勤ボード上では、バーファインされたのは一人だけ。あまり売れてないようだ。

バーファイン:1000B
ショート:2000B
ロング:4000B

これは、ママさんとダンサーに別々に聞いたが同じ答えだった。
ただ、ダンサーいわく、チップはレディ次第なんで500バーツくらいはディスカウントできるかもね、という至極当たり前の話をしてもらった。
ママさんを通して交渉すると値引きしづらいんで、やりとりはダンサーと直接やりましょう。

あと、表で客引きしているレディは、バーファイン1500バーツだそうな。
ショートは2000Bでオッケーとのこと。

インフィニティ (2)

ドラフトビールは69バーツ。
お釣りの20バーツ札は、話し相手をしてくれたダンサーに進呈して、バイバイ。
ママさんからはチップの要求もなく、居心地はとても良かった。
がっつりお相手探しをするには少々きついかもしれないが、ママさんやダンサーをからかいながら楽しく飲むにはいい場所かも。

というわけで、この夜のウォーキングストリート訪問はここまで。
スーパーベイビー閉店は寂しいようなどうでもいいような複雑な心境ですね。
まあ、わたしはほとんどペイバーすることがないんで、安くて楽しく飲めるゴーゴーバーがいいです。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

MPナタリーNATAREE (2)

【ニュース】バンコクのMPナタリー閉店&閉店直前の訪問レポート2016年6月

ナタリー(NATAREE)が摘発されて閉店 あの日本人御用達のMPとして名高いナタリー(N

記事を読む

Walking street midnight

深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好きだ。 まだまだ観光客はいるが

記事を読む

HONEY1MP

深夜便で帰国する時のパタヤ・バンコクの時間の過ごし方と遊び方

はじめてパタヤを訪問するという読者の方から、質問をいただいた。 深夜便での帰国となるのでフライ

記事を読む

paradise

ソイLKメトロゴーゴーバーレポート2軒、パラダイスとオフィス

ウォーキングストリートのゴーゴーバーレポートシリーズに続いて、ソイLKメトロも取り上げたい。

記事を読む

キンナリープレイス (2)

キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

パタヤにいくつもあるジェントルマンズクラブ(ジェントルマンラウンジ)の中で最も有名なのが、ここキンナ

記事を読む

スクーターズバーソイ6 (3)

【新店舗レポ】スクーターズバー3号店がソイ6に新規オープン

昨年2015年にパタヤ、ソイブッカオに登場したScooters Bar(スクーターズバー)。 モッ

記事を読む

Bachelor (2)

【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だけかよと我ながら突っ込まないで

記事を読む

Walking street 20170211 (4)

禁酒日当日夜のパタヤ。LKはダメで、ウォーキングストリートはほぼ全開。

2月11日、禁酒日夜のパタヤの様子をレポート。 普段は昼間から営業しているバービアの大半は休業

記事を読む

Working girl (1)

パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょうど夕闇が迫る時間帯。 出勤嬢

記事を読む

walking-street-raining

土曜深夜大雨のウォーキングストリート。パレスのGREEN PARTYとスイートハーツのRock’n’Roll。

チャン島旅行記の途中ですが、リアルタイムではパタヤ沈没中につき、いろいろとパタヤネタも盛り込んでいき

記事を読む

アドステア

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑