*

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

公開日: : 最終更新日:2016/01/18 グルメレポート


勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ

ウドンでうどん
ウドンでラーメン

と、続いてきた。

どうしてウドンターニーでは、こうも日本人の食の心を駆り立てるのか。

関西出身、粉もの文化で育ったわたしにとって、あとはたこ焼きとお好み焼きがあれば言うことなし。

SPONSOR LINK

ウドンでたこ焼き

まあ、さすがにウドンでたこ焼きはないなあ。
あるはずないよなあ。
まさかなあ。

あ?
ウドンターニーのたこ焼き屋 (1)

ああ?
ウドンターニーのたこ焼き屋 (6)

あああ~~~
ウドンターニーのたこ焼き屋 (3)

あった~~~!!!!

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

たこ焼きの看板だよ、おっかさん。

たこがハチマキしてるよ~
なぜか、「甘い」と書いてあるよ~

バスターミナルの向かい側にあっさりと見つかった。

興奮のあまり、大通りに飛び出してしまった。
危ない危ない。車に引かれそうになり、タコ踊りしてよける始末。

何とか無事に道路を渡って確認してみる。

ウドンターニーのたこ焼き屋 (4)
写真をみるかぎり、確かにたこ焼きだ。8個入りだろうか、マヨネーズもしっかりかかっている。
残念ながら、営業していない。
が、潰れてはいないようだ。

かろうじて開いているシャッターの隙間のむこうには、鈍く光る黒い鉄板が見えた。

ウドンターニーのたこ焼き屋 (5)

あれは、まさにたこ焼き用の鉄板だ。
関西人なら、産まれてこの方、数百回、いや数千回は目にしたことがあるはずの、見慣れた鉄板がそこにはあった。
(盗撮してゴメンなさい)

たぶん、営業時間ともなれば、あの鉄板のくぼみには、たこ焼きがくるくると踊るに違いない。
外がカリカリ、中がトロトロ。紅しょうがとタコのうまみとソースとマヨネーズと青のりが口いっぱいに広がって、まさにそこはワンダーランド大阪。
ああ、食べたい。ウドンで大阪が食べたい。

でも、まだ店は開いていない。
パタヤへ帰るバスの時間が迫っている。
泣く泣く、たこ焼きは諦めたのだった。

(ま、以前はセントラルプラザ地下のフードコート前に、たこ焼き屋が出ていたんですけどね。今回訪れたら、なくなってました。意外とタイでもたこ焼きは普及しています。)

 

この話、まだ終わらない。

ウドンでお好み焼き

粉もの文化の双璧をなすのがお好み焼き。
タイ版のお好み焼きといえば、ホイトートである。

パタヤで食べたホイトート(正確にはタレートート)の写真

ブッカオ常設市場のもの
ブッカオ市場のタレートート (5)

セントラルフェスティバルのフードコートのもの
ホイトート(タレートート)

きゃべつのかわりにもやしを敷き詰めた鉄板の上に、貝を粉で固めたものがドンっと乗っかっている料理。
なるほど、確かに見た目はお好み焼きに似てなくもない。
お好みソースではなくて、チリソースもしくはケチャップをどばどばかけて食べると、けっこうおいしい。

このホイトートも、ウドンターニーバスターミナル近くでおいしそうな店を見つけた。

おそらくは、パッタイとホイトートがメインのお店。
店先には、大きくて丸い鉄板が二つ並んでいる。

ウドンターニーのホイトート屋 (1)

おお、見るからにおいしそうだよ。
すさまじいまでの火力が期待できる重厚な鉄板とガスである。
ふふふ、粉ものは鉄板が命なのだよ。

横には、持ち帰り用のチリソース袋が大量に用意されている。

ウドンターニーのホイトート屋 (2)

ここは夕方から夜だけの営業のようだ。
わたしがのぞいた時は、店内のテーブルはほぼ埋まっており、持ち帰り用を待っている客もいた。
これだけの人気店ということは、さぞ美味いに違いない。

ああ、食べたい。ウドンでお好み焼きが食べたい。

次回のウドン訪問の際は、このタイ版お好み焼きも必ず食べてやろうと心に誓ったのだった。

海から遠く離れたイサーンの地でシーフードかよ、という無粋なツッコミはやめてもらいたい。
食べたいものは食べたいのだ。

さすがに、リアルお好み焼きは見つけられなかった。

いや、ウドンの奥はまだ深い。
どこかにリアルお好み焼きがあってもおかしくない。

ウドンで、たこ焼きとお好み焼き。
わたしはチャレンジしたい。
(くどいようですが、バンコクでは当然のように食べられるでしょうが、まったく興味ありませんのであしからず。イサーンだからいいんですよ。この風情をわかってほしい。)

SPONSOR LINK

関連記事

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。 場所はサードロ

記事を読む

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

koh-chang-seafood-restaurant-9

カブトガニも食べられる。タイ・チャン島の安くてうまいシーフードレストラン。

タイ東部の島、チャン島(チャーン島、コチャーン)。 島だけあってシーフードが豊富なのは当たり前

記事を読む

ユアドンのカツ丼 (1)

パタヤカンの新しい日本食屋台「YOUR DON」のカツカレーとカツ丼を食べてみた

先日、パタヤカンを昼間に走行している時に見かけたこの屋台。 そういえば、新しく日本

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

アドステア

アドステア

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑