*

ビエンチャンサイクリング観光と、もうパタヤに帰りたいと泣くカラオケ嬢とのやり取り

沈没日記17

ビエンチャン滞在2日目。
今日こそタイの観光ビザ申請をせねば。

6時過ぎには起床して、準備万端。
6時半からゲート前で並ぶ。2番目ゲット。
8時半に申請完了。
ビザの受け取りは明日だ。

あっという間に、本日の任務完了。

宿を変えようかと思ったが、面倒なので延泊決定。
Wi-Fiが早いし、タイ大使館も近い。ここでいいや。

ラオスサンドイッチのカオチーをかぶりついてから、本日の行動を考える。

昼間は、自転車に乗ってビエンチャン市内散策。
夜は、自転車もしくはトゥクトゥクチャーターで、夜のビエンチャンを捜索。
この二本立てに決定。

昼間のサイクリングビエンチャン観光

まあ、ほとんどの読者は期待していないだろうから、さくっと割愛。
写真を中心にどうぞ。

ビエンチャン唯一の名所、パトゥーサイ(凱旋門)
ビエンチャン市内観光 (1)パトゥーサイ

まあ、本場パリの凱旋門に比べれば、小ぶりですな。ファランや中国人観光客がちょこちょこいる程度。

なんかわからん寺
ビエンチャン市内観光 (5)

タートダム
ビエンチャン市内観光 (9)

ナンプー(噴水広場)
ビエンチャン市内観光 (8)ナンプー

ファーグム通り
ビエンチャン市内観光 (7)ファーグム通り

怪しい名前のカフェ、スティッキー・フィンガーズ
ビエンチャン市内観光 (3)カフェ

ジャンキーどもの名残か、それとも現役か。ブラウンシュガーがほしいぜ。

メコン川
ビエンチャン市内観光 (6)メコン川

水位が低くておもしろくない。でも夕日は綺麗かな。

コンビニと共産党旗は似合わない
ビエンチャン市内観光 (4)コンビニ

ショッピングモールかな。たぶん、新タラートサオ。
ビエンチャン市内観光 (2)

ビエンチャンも都会になってきたなあ。ちょっと寂しいような気もする。あのど田舎だったビエンチャンはいずこへ。
まあ、まだまだ田舎ですけどね。

カオムークロップとビアラオ

ママチャリを漕ぎすぎて疲れた。
ホテルに戻って、食事を取る。

英語名フライドポークライスを注文してみた。
すると、ウェイターが料理人に「カオムークロップ」と伝えている。
てっきりトンカツ乗せご飯かと思ったが、かりかり豚肉のことね。

ビエンチャン食事カオムークロップ

でも、うまい。
豚肉のうえにかかっている赤いタレが、ちょっと独特の風味。辛すぎず酸っぱすぎずと絶妙な塩梅だ。
タイではあまり見かけないなあ、このタレ。

ついでに、ビアラオも注文。
グラスと氷も忘れてはいけない。

ビアラオ

ビアラオと氷は最高の組み合わせだ。
無上にうまい。
ラオスを訪れたら、必ず飲むようにしてほしい。もちろん、グラスと氷は忘れずに。タイ語で「ゲオナムケーンドゥアイ」と言えば通じるよ。
ま、パタヤのスーパーでも買えるけど。

料理とビールで会計100バーツちょうど。
タイに比べるとちょっと高いけど、そんなものかな。
わたしは満足しました。

時刻はまだ夜6時半頃。が、すでに食堂は閉店準備。わたしが最後の客だった。
やっぱり、ビエンチャンは夜が早いままだ。

カラオケ嬢の機嫌が悪くなる

部屋に戻ると、ちょうどいいタイミングでカラオケ嬢からLINEのビデオコールがかかってきた。

昼間にも一度ビデオコールをしている。
その時は、カラオケ嬢も上機嫌で、実家の様子を見せてもらった。たしかに周囲には何もない。ど田舎だ。

あれが「メー(お母さん)」と、ハンモックに揺られてて微動だにしない太ったおばさんを見せられた。
あれが「ピーサオ(お姉さん)」と、笑顔一つなくじっとカメラを見つめる太ったおばさんを見せられた。
うわあ。カラオケ嬢もいずれああなるのか。いやだいやだ。

で、夜になってからの再ビデオコール。
なんだか妙に機嫌が悪い。

お金がないから、楽しくないと言う。
せっかく家族水入らずの時間を過ぎしているんじゃないのかよ。カネの問題じゃないだろ。

もうパタヤに帰りたいとも言っている。
おいおい。あれだけ里帰りを楽しみにしていたのは、何だったんだ。

お金ちょうだいお金ちょうだいとうるさい。

「早くビザを取って、ウドンへ戻ってきて~」と泣きつかれた。それから実家へ来いということだろう。
なんかイヤだなあ。
そのうち通信の状態が悪くなり、ぶちっと通話が切れてしまった。

なんだかなあ。
実家に帰れば、しばらくは楽しく過ごしてくれると思っていたのになあ。
そのためにバス代もお小遣いもあげたのに。
これでは、こっちまで興ざめだよ。

どうにもすっきりしない。
このままではいられない。

よし、遊びに行こう。

当初は、ビエンチャンで遊ぶつもりはまったくなかった。
なるべく節約して、出費をセーブする予定だったのだ。せいぜい夜の調査だけで終えるつもりだった。

でも、どうにかすっきりしたい気分になってきた。

そうして、わたしは夜のビエンチャン捜索に出かけることにしたのだった。

そこには、衝撃の世界が待っていたのである。
いやはや困ったものだ。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

ドリンキングストリート

肉と酒とノースパタヤ夜遊びめぐり

沈没日記47 日本から新たに遊びに来た友人。 暗くなってから合流して、まずは食事とビールでも

記事を読む

ラーブとカオニャオとママー

部屋から一歩も外へ出ないキーキアットなタイ女性との日常生活

パタヤ沈没3日目 睡眠時間7時間ほどで目が覚めた。 ちょうどお昼の12時頃。 わたしが

記事を読む

ビエンチャンのKTV (4)

ビエンチャンで何もしない一泊。異国からカラオケ嬢とコヨーテさんとやり取りする。

沈没日記16 ビエンチャンへ カラオケ嬢を見送ってから、ビエンチャン行き国際バスに乗る。

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

407バスコラートバスターミナル

パタヤからウドンターニーへ。カラオケ嬢と乗るVIPバスは遠足気分。

沈没日記15 パタヤからウドンターニーへのバス旅行 パタヤ発ウドンターニー行きの407バスの発車

記事を読む

クリスマスのウォーキングストリート  (3)

クリスマスイブの夜はまさかの一人寝。きっと君は来ない。

パタヤ沈没日記5 クリスマスイブ。 恋人たちがいろんな意味で重なり合う聖なる夜。

記事を読む

スカイフォール

スカイフォールとランウェイで遊ぶ。カラオケ嬢はやって来ないが、コヨーテさんとまさかの再会。

沈没日記12 またしてもカラオケ嬢はやって来ない。 日中に電話しても応答すらない。もちろん、

記事を読む

ソーポン市場 (7)

パートンコー、ソーポン市場のぶっかけ飯、59Bステーキ

沈没日記24 朝8時過ぎ。 わたしにとっては早朝同然の時間帯。 そうだパートンコーを買

記事を読む

ルークチン

23歳北部出身新人バービア嬢と過去最悪のバミーナム

沈没日記34 友人たちとのバービアめぐりの日々は続く 昨日からパタヤへやって来たバービア好きの友

記事を読む

スクリーンショット_031416_115636_PM

23歳バービア嬢を部屋に連れ込むも、ガップバーンでさようなら

沈没日記49 最近仲良くなってきたバービア嬢がいる。 23歳でちょいぽちゃだが、愛嬌もあって

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Tak より:

    いつも感心しながら拝見させて頂いております。
    ラオスでストーンズとはトキメキますね。
    バーツ可、タイ語可となると行ってみたくなります。
    衝撃のネタ、楽しみにしてます。
    お体にお気を付け下さい。

アドステア

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

→もっと見る

PAGE TOP ↑