*

ビエンチャンサイクリング観光と、もうパタヤに帰りたいと泣くカラオケ嬢とのやり取り

沈没日記17

ビエンチャン滞在2日目。
今日こそタイの観光ビザ申請をせねば。

6時過ぎには起床して、準備万端。
6時半からゲート前で並ぶ。2番目ゲット。
8時半に申請完了。
ビザの受け取りは明日だ。

あっという間に、本日の任務完了。

宿を変えようかと思ったが、面倒なので延泊決定。
Wi-Fiが早いし、タイ大使館も近い。ここでいいや。

ラオスサンドイッチのカオチーをかぶりついてから、本日の行動を考える。

昼間は、自転車に乗ってビエンチャン市内散策。
夜は、自転車もしくはトゥクトゥクチャーターで、夜のビエンチャンを捜索。
この二本立てに決定。

昼間のサイクリングビエンチャン観光

まあ、ほとんどの読者は期待していないだろうから、さくっと割愛。
写真を中心にどうぞ。

ビエンチャン唯一の名所、パトゥーサイ(凱旋門)
ビエンチャン市内観光 (1)パトゥーサイ

まあ、本場パリの凱旋門に比べれば、小ぶりですな。ファランや中国人観光客がちょこちょこいる程度。

なんかわからん寺
ビエンチャン市内観光 (5)

タートダム
ビエンチャン市内観光 (9)

ナンプー(噴水広場)
ビエンチャン市内観光 (8)ナンプー

ファーグム通り
ビエンチャン市内観光 (7)ファーグム通り

怪しい名前のカフェ、スティッキー・フィンガーズ
ビエンチャン市内観光 (3)カフェ

ジャンキーどもの名残か、それとも現役か。ブラウンシュガーがほしいぜ。

メコン川
ビエンチャン市内観光 (6)メコン川

水位が低くておもしろくない。でも夕日は綺麗かな。

コンビニと共産党旗は似合わない
ビエンチャン市内観光 (4)コンビニ

ショッピングモールかな。たぶん、新タラートサオ。
ビエンチャン市内観光 (2)

ビエンチャンも都会になってきたなあ。ちょっと寂しいような気もする。あのど田舎だったビエンチャンはいずこへ。
まあ、まだまだ田舎ですけどね。

カオムークロップとビアラオ

ママチャリを漕ぎすぎて疲れた。
ホテルに戻って、食事を取る。

英語名フライドポークライスを注文してみた。
すると、ウェイターが料理人に「カオムークロップ」と伝えている。
てっきりトンカツ乗せご飯かと思ったが、かりかり豚肉のことね。

ビエンチャン食事カオムークロップ

でも、うまい。
豚肉のうえにかかっている赤いタレが、ちょっと独特の風味。辛すぎず酸っぱすぎずと絶妙な塩梅だ。
タイではあまり見かけないなあ、このタレ。

ついでに、ビアラオも注文。
グラスと氷も忘れてはいけない。

ビアラオ

ビアラオと氷は最高の組み合わせだ。
無上にうまい。
ラオスを訪れたら、必ず飲むようにしてほしい。もちろん、グラスと氷は忘れずに。タイ語で「ゲオナムケーンドゥアイ」と言えば通じるよ。
ま、パタヤのスーパーでも買えるけど。

料理とビールで会計100バーツちょうど。
タイに比べるとちょっと高いけど、そんなものかな。
わたしは満足しました。

時刻はまだ夜6時半頃。が、すでに食堂は閉店準備。わたしが最後の客だった。
やっぱり、ビエンチャンは夜が早いままだ。

カラオケ嬢の機嫌が悪くなる

部屋に戻ると、ちょうどいいタイミングでカラオケ嬢からLINEのビデオコールがかかってきた。

昼間にも一度ビデオコールをしている。
その時は、カラオケ嬢も上機嫌で、実家の様子を見せてもらった。たしかに周囲には何もない。ど田舎だ。

あれが「メー(お母さん)」と、ハンモックに揺られてて微動だにしない太ったおばさんを見せられた。
あれが「ピーサオ(お姉さん)」と、笑顔一つなくじっとカメラを見つめる太ったおばさんを見せられた。
うわあ。カラオケ嬢もいずれああなるのか。いやだいやだ。

で、夜になってからの再ビデオコール。
なんだか妙に機嫌が悪い。

お金がないから、楽しくないと言う。
せっかく家族水入らずの時間を過ぎしているんじゃないのかよ。カネの問題じゃないだろ。

もうパタヤに帰りたいとも言っている。
おいおい。あれだけ里帰りを楽しみにしていたのは、何だったんだ。

お金ちょうだいお金ちょうだいとうるさい。

「早くビザを取って、ウドンへ戻ってきて~」と泣きつかれた。それから実家へ来いということだろう。
なんかイヤだなあ。
そのうち通信の状態が悪くなり、ぶちっと通話が切れてしまった。

なんだかなあ。
実家に帰れば、しばらくは楽しく過ごしてくれると思っていたのになあ。
そのためにバス代もお小遣いもあげたのに。
これでは、こっちまで興ざめだよ。

どうにもすっきりしない。
このままではいられない。

よし、遊びに行こう。

当初は、ビエンチャンで遊ぶつもりはまったくなかった。
なるべく節約して、出費をセーブする予定だったのだ。せいぜい夜の調査だけで終えるつもりだった。

でも、どうにかすっきりしたい気分になってきた。

そうして、わたしは夜のビエンチャン捜索に出かけることにしたのだった。

そこには、衝撃の世界が待っていたのである。
いやはや困ったものだ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

シーシャと炭火七輪 (1)

寒いパタヤの夜は、シーシャの七輪で暖を取る

沈没日記27 昨晩の話。 タイから寒波が抜け出さないようで、パタヤの夜は寒いまま。 特に深

記事を読む

ビエンチャンノンカーイイミグレーション (1)

ビエンチャンからウドンターニーへ。旅は道連れ、ファラン2人とタイ入国。

沈没日記18 ビエンチャン滞在3日目となった。 個人的には長逗留したい街ではないので、ビザを

記事を読む

ココナッツジュース

まったく動かないカラオケ嬢と食っちゃ寝生活

沈没日記13 朝起きると、足がつった。激痛でのたうち回ってしまった。 酒の飲み過ぎか、単なる

記事を読む

ソイ7ホテルアイチェックイン (1)

ソイ7の新しいホテルiCheck innと、バービアめぐり

沈没日記22 ノースパタヤ散策 昼過ぎから、セカンドロードをノースパタヤ方面へバイクを走らせる。

記事を読む

エキサイトクラブ (2)

バンコク在住の友人がパタヤへ。エキサイトクラブでプレイ後は、ひたすらバービアめぐり。

沈没日記41 バンコク在住歴10年以上になる友人がパタヤへ遊びに来た。 年齢は同じくらいだが

記事を読む

スクリーンショット_031416_115636_PM

23歳バービア嬢を部屋に連れ込むも、ガップバーンでさようなら

沈没日記49 最近仲良くなってきたバービア嬢がいる。 23歳でちょいぽちゃだが、愛嬌もあって

記事を読む

バーベキューホームパーティ (3)

禁酒日には、バービアママさんとファランボスの自宅でホームパティー。あとタンブンデート少々。

沈没日記41 パタヤ沈没日記としては時系列的に後先となるが、特に夜遊びネタでも何でもないんで、

記事を読む

23歳バービア嬢

友人たちのパタヤラストナイトはバービアで。わたしはママさんから息子と呼ばれる。

沈没日記42 日本から遊びに来た友人たちもそろそろ帰国。 10日以上に渡る比較的長い休暇であ

記事を読む

元ゴーゴー嬢とわんこそばクイティアオ

続バンコクデパート嬢物語。パタヤでは野獣になるべし。

パタヤ沈没日記39 まさかの元ゴーゴー嬢との再会。一向にやって来ないバンコクデパート嬢。 最

記事を読む

ビーフハンバーガー

今日も一人寝だが朝まできっちり遊んでやった。深夜の紫煙とハンバーガーうまし。

沈没日記7 結局、カラオケ嬢は帰ってこなかった。 クリスマスの夜も一人寝となった。 電

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Tak より:

    いつも感心しながら拝見させて頂いております。
    ラオスでストーンズとはトキメキますね。
    バーツ可、タイ語可となると行ってみたくなります。
    衝撃のネタ、楽しみにしてます。
    お体にお気を付け下さい。

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑