*

【2017年6月更新】ビエンチャン夜遊び風俗最新情報。ラオンダオ1・2、ソクサイフォン、帝豪(ティハウ)ホテル。

公開日: : 最終更新日:2017/06/24 夜遊び情報 ,

2016年1月、それに2017年6月に実際に訪れたラオス・ビエンチャンの最新夜遊び風俗情報をどうぞ。
それほど目新しい店舗情報や、ディープなスポットは取り上げない。
ビエンチャンでの王道の遊び方だ。
初めてビエンチャンで遊ぶ人でも問題ないかと思う。

なお、交渉などはすべてタイ語と一部イサーン語(ラオス語)で行っている。
が、トゥクトゥクドライバーや客引きには簡単な英語が通じる。軽く遊ぶだけならたぶん大丈夫。

(これは2016年1月の記事に、2017年6月の最新情報を追記したものとなります。)

ラオンダオ1

ラオンダオ1ホテル (1)

ラオンダオ1ホテル (3)

まず訪れたのは、ラオンダオホテル1。
わたしが宿泊しているヴィエンヴァンホテルからは、徒歩圏内。せいぜい10分弱といったところ。
夜8時半くらいで、道は暗いが、現地の人も普通に歩いており、特に危険は感じなかった。

実は、ここは昼間のサイクリングで一度訪問済み。夕方6時くらいで、また誰も出勤していないと言われた。どうしても今ほしいなら、電話で呼び出すけど15分ほどかかるそうだ。

夜7時には集まるんで、出なおしてほしいと言われる。

 

ちょっと遅くなったが、夜8時半に再度訪問。

ラオンダオホテルに向かって右側に、駐車場へ抜ける路地がある。
その奥の左手がラオンダオホテル併設の置屋となっている。

↓ちょっとピンぼけしているが、この路地の奥左手が置屋
ラオンダオ1ホテル (2)
置屋正面
Laongdao okiya

置屋に近づくと、斡旋係の男が寄ってきて、顔見せ部屋に案内してくれる。

小さな部屋の中に女性陣が待機しており、窓越しにのぞくスタイル。
といっても、窓にガラスはなく、すぐ近くに女性がいるので、話しかけることも可能。

料金交渉は斡旋役の男とする。
キープで料金を言われるので、「タイバータオライ」とでも聞けば、タイバーツでの料金を教えてくれる。支払いもタイバーツでオッケーだ。

ショート(ショカウ)が1200B。
別途、部屋代が200Bかかると言われた。
つまり合計1400B。

ロング(カンクーン)は3000バーツ。これは自分のホテルに連れて帰ることになる。

うーん、話に聞いていたよりも、少し高いような気もするなあ。
ラオンダオに宿泊していると部屋代がかからないわけで、それならショート1200Bでいけることになるか。でも、ロング3000は高いだろ。(あとでトゥクトゥクドライバーに聞くと、本来はロング2000らしい。)

さて、肝心のラインナップはどうか。
思っていたよりも数は少なめ。
部屋の中にいたのは全部で8人くらい。

見た目は若いね。
うん、全体的に若い。

見るからに若いのがいた。
念のため、斡旋係の男に年齢を聞いてみる。

うん、若いね。
本当だとしたら、あかんやつだ。

わたしにそんな趣味はない。
20世紀に訪れたカンボジアのスワイパー以来の衝撃。
いや、あそこはもっとすごかった。
まあ、ラオスだし、こんなもんでしょうかねえ。男の言葉が本当だとも限らないし。
いやそれでも、今は21世紀だよ。まだまだあるもんだねえ。
数年前に訪れたタチレクよりも若いような気はする。

でも、この親父のいうことは、どうにも信用が置けない。

どっちみち外見上で選べそうな女性はいなかったし、他の店もチェックしておきたい。
ここは、一度撤収しよう。

「ティハウ行きたいから、ごめんよ。」と男に告げると、
「パイルーイ(行っちまえよ)」と男に悪態をつかれた。まあ、いいか。

ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)

(2017年6月追記)

実際に宿泊して遊んでみた。

La ong dao hotel1 (17)
関連記事:ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラインナップはそれほど変化なし。でも年齢層は若干上がっているような気がする。
言い値は、ショート30万キープ(1200バーツ)、ロング50万キープ(2000バーツ)。
ただし、一部の女性はショート1500バーツ、ロング3000バーツと言われた。
ショートは部屋代が別途200バーツとのこと。ラオンダオ1へ連れ込む場合はショートでも部屋代無料。

ワンダーランドは閉店。ティハウも閉店同然。

さて、次はどうするか。
目的地は、ティハウ(帝豪ホテル)、ラオンダオ2、ワンダーランド、ソクサイフォンなどのホテル併設置屋である。
地図を見る限り、すべて離れている。徒歩では無理っぽい。
レンタルサイクルがあるが、夜の道を走るのはちょっとこわそうだ。治安は大丈夫そうだが、交通事故が怖い。それに疲れる。
よって、トゥクトゥクをチャーターすることにした。
ラオンダオ1ホテル前に待機しているドライバーと交渉。

「目的の店をすべてまわってから、ホテルまで送ってほしい。全部でいくら?」

言い値は400バーツ。
さすがに高い。すぐに300バーツに下がった。
粘れば200か250バーツくらいまでは下げられるはずだが、とりあえず300バーツで妥結。
支払いはすべて終わってホテルに着いてから。

話を聞いてみると、ワンダーランドは完全に潰れたそうだ。
そういえば、ビエンチャンで初めて遊んだのはワンダーランドだったなあ。2012年のこと。

関連記事:ワンダーランド置屋ゲストハウスで遊んでみた。

たしかにあそこの品揃えも若かった。でも、ラオンダオ1はそれ以上。
まったくどうなってるんだ、現在のビエンチャンは。

あと、ティハウもほぼ潰れたも同然だと言われる。
実質的には、隣のソクサイフォンホテル併設の置屋で営業しているみたいなことを言われた。
このあたりタイ語のみのやり取りなんで、あまり自信はない。ただ、ドライバーはティハウに行く必要はないと力説していた。まあ、ティハウではマージンがもらえないとかいろいろ理由があるかもしれないが。
あとで別のドライバーにも聞いてみた。営業はしているけど、帝豪は高いからやめておけという。ショートで1500以上するとか。

ビエンチャンのトゥクトゥク

(2017年6月追記)
ティハウの置屋はやはり営業していないとのこと。
また、トゥクトゥクのチャーター代は、ラオンダオ1付近から乗車して、ラオンダオ2とソクサイフォンをまわって戻ってきて、トータル150バーツから200バーツでオッケー。粘り強く交渉すべし。

ラオンダオ2

とりあえず、ラオンダオ1から一番近いのは、ラオンダオ2である。
まずそこへ向かう。
近いといっても、そこそこの距離。徒歩ではしんどい。
やはりトゥクトゥクが必要。

ホテルの建物横をまっすぐ進むと、置屋となっている。
とてもわかりやすい。
ここもラオンダオ1と同じで、すぐに案内役の男が寄ってくる。

部屋の中だけでなく、表のテーブルにも待機嬢がいる。テーブル2つで合計8人くらい。
待機部屋の中には、10人くらい。

ショート1200B。部屋代はかからないと言われた。
ロングは2000B。
やはりラオンダオはこれが相場のようだ。ラオンダオ1のロング3000Bはふっかけられたのだろう。

それにしても、ここも若いなあ。
いや、若い。うん、若い。ははは、もう好きにしてくれ。

ルックスも上々。
単にタイミングの問題だろうけど、ラオンダオ1よりも、2のほうが上じゃなかろうか。

例によって、わたしにそっち系の趣味はない。
次だ、次。

ラ オン ダオ ホテル 2(La Ong Dao Hotel 2)

(2017年6月追記)
やはり、現状に大きな変化なし。人数はラオンダオ1より少ないが、平均レベルは上。
価格も同じ。ショート1200バーツ、ロング2000バーツ。

ソクサイフォンホテル

ティハウ(帝豪酒店)のすぐ近くにソクサイフォンホテルはある。

ティハウ
ティハウ帝豪ホテル (1)

向かって、右手がティハウ、左手がソクサイフォンホテルの並び。

ソクサイフォンホテル。この看板の右手に通路があるので、進入していく。
ビエンチャンソクサイフォンホテル

途中右手にカラオケ店があるが、そこは素通りして、さらに奥まで進んで左手にあるのがソクサイフォンホテル併設のカラオケ置屋だ。
きちんと入り口にKARAOKEと書いてある。が、もちろんカラオケなんてやっていない。単なる置屋である。
(ちなみに途中にあるカラオケ屋は、本当にカラオケのようで中から音楽が聞こえた。)

入り口向かい側に、やり手ババアたちの控えテントがあって、近づいたら案内してくれる。
やり手ババアと書いたが、実際には30歳ころの比較的若いおばさんで、この人は英語がそこそこ通じる。というか、はじめから英語で話しかけてきた。途中からタイ語にチェンジ。

ショートが部屋代込みで1200B
ロングが2000B

ふむ、やはりこの額が相場なのだろう。

顔見せ部屋には、10人ちょっと。
やはり、若い。いやはや、若い。どうなってんの、この若さ。

でも、そこそこのルックスときちんとした年齢の女性を発見。
では、この子にします。

支払いは、プレイ前にババアに渡す。タイバーツで支払い、お釣りは一部キープだったが、トゥクトゥク代に使えばいいので問題なし。

顔見せ部屋のすぐ近くにやり部屋がある。
あっという間にご案内。

ソクサイフォンホテルの一室なのかは不明。
実際の部屋の内部はこんな感じ。

ビエンチャンソクサイフォンカラオケ置屋

ホットシャワー付き。まあ、無理に泊まりたいとは思わないが、ルアンパバーンのラオっ娘広場の置屋に比べればはるかに清潔なんで、文句はない。

ビエンチャンソクサイフォンカラオケ置屋嬢

お相手女性は、そのルアンパバーン出身の18歳。もうすぐ19歳で、働いて1年になるベテランだった。
顔も性格も良くて、話をしていると楽しいが、肝心のサービスは、まったく無しも同然。
ジューブ、オムはメダイ。
もちろん当たり外れはあるだろうけど、ラオスの置屋なんてこの程度のサービスがデフォルトだと思う。
シャワーは一緒に浴びられたので貴重品の盗難の心配はなかった。

事後、部屋を出てそのままバイバイ。
特にチップは請求されなかった。

ソクサイフォン ホテル (Sokxayphone Hotel)

 

これてに調査は終了。
外で待たせてあるトゥクトゥクに乗ってホテルに戻ることにする。

ティハウ帝豪ホテル (2)

ティハウ帝豪ホテル (3)

ソクサイフォンホテルの隣にある帝豪ホテルが遠ざかっていく。
結局、今回もティハウは幻に終わった。
まあ、実際ほとんど死んだも同然らしいので、別にかまわないか。

夜のビエンチャン市内は、車が本当に少ない。
昼間とは大違いだ。
あっという間にホテルへ帰還。
最後に約束の300バーツを支払っておしまい。

(2017年6月追記)
ソクサイフォンの追加調査は行わなかったが、置屋は健在とのこと。
ただ、トゥクトゥクドライバー情報では、値上がりしたそうだ。ショート1600B、ロング3000Bと言っていたが、未確認。

その他ビエンチャンの夜遊びスポット

ここからは、現地で通りかかったりしただけの未確定情報。
実際に中に踏み込んで調査したわけではないので、あしからず。
料金体系なども一切不明。

タイ大使館領事部近くにあるマッサージ置屋

ビエンチャンの怪しいマッサージ屋

おそらく、ベトナム人のマッサージ屋で、いわゆる偽装置屋だろう。
入り口には誰もいないが、奥に待機場所があって、ソファーに座ったマッサージ嬢の姿が見えた。
さらに怪しい色の部屋も見えた。
昼間から営業しており、夜11時前でもまだ明かりがついていた。

(2017年6月追記)
このベトナムマッサージ偽装置屋はすでに閉店している。
Vietnam massage

手入れにあったというより、ママさんがいなくなってしまったらしい。

が、他にもマッサージ屋に偽装した置屋が各所に点在しているはずだ。ひたすら足で探すか、トゥクトゥクドライバーに連れて行ってもらおう。

金湾会所KTVカラオケ

ビエンチャンのKTV (4)

その怪しいマッサージ置屋からラオンダオ1へ向かう道の途中にある綺麗なホテル&KTV。
詳細はまったく不明。KTVなので、おそらく飲んで騒いだあとに、併設のホテルへのお持ち帰りが可能なはず。
日本語ではまったく情報が出てこない。

(2017年6月追記)
トゥクトゥクドライバーによれば、持ち帰りのシステムはないそうだ。真偽不明。

BMWカラオケ

ビエンチャンBMWカラオケ (1)

夕方頃に見つけたカラオケ屋、BMW KARAOKE。
BUDCHADAKHAM HOTEL併設のカラオケ屋。

ビエンチャンBMWカラオケ (2)

ホテルレセプションの裏手に、怪しいおねえさまがたが何人か見えた。おそらくカラオケ屋を偽装した置屋だと思われる。詳細不明。ハングル語が目立つんで、韓国人御用達かもね。

場所は地図を参照のこと。タイ大使館領事部までは歩いて行ける距離。ただ、途中の道が工事中でかなり歩きづらいと思う。また、ラオンダオ1も徒歩圏内。周囲はコンビニもあって意外とにぎやかで、滞在には便利そうだ。

ホテル予約サイト(アゴダ)での取り扱いあり。
ブダチャダカム ホテル (Budchadakham Hotel)

ボーペンニャン(BOR PEN NYANG)

ビエンチャンボーペンニャン (1)

ビエンチャンの出会い系バーとして有名。ボーペンニャンとはラオス語(イサーン語)で、タイ語の「マイペンライ」と同じ意味となる。
場所は、メコン川沿いのファーグム通り。
以前は階段脇にボーペンニャンのメニューが置いてあったが、現在はステーキハウスのものに変わっている。

ビエンチャンボーペンニャン (2)

ボーペンニャンの看板自体は残っているので、3階か4階部分で営業しているはずだが、詳細は不明。

(2017年6月追記)
現在も営業中。
が、調査しておらず、中身は不明。

ハンノイ

ローカル飲み屋で連れ出しも可能らしい。わたしはまったく調査していないので詳細は不明。
トゥクトゥクドライバーに連れて行ってもらえるが、少々遠いとのこと。

ディスコ

あとは、ホテル併設のディスコなどからの連れ出しも可能なようだ。
ドンチャンパレスホテルとかが有名。

ビエンチャン夜遊びマップ

今回紹介したスポットの地図。
それぞれ離れているのがわかるだろう。

スマフォにダウンロードしておき、現地ではGPS機能をオンにして利用。そうすると、現地でインターネット契約していなくとも地図上に現在位置が表示されて、とても便利。

まとめとホテル予約先

夜遊びスポットをめぐるには足が必要。
レンタル自転車はきちんとしたモトクロスタイプがいい。ところどころ路面状況が悪くて、ママチャリだとかなり疲れる。1日100バーツくらいから。
レンタルバイクがあれば、行動力は倍増する。1日300バーツ前後。提示は必要ないが、本来はバイクの国際免許が必要。また、右側通行となるので運転には要注意。
無難なのは、トゥクトゥクをチャーターすることだ。数カ所まわってもらい、プレイ中は現場待機。その後、ホテルへ送ってもらうコース。言い値は高いので、しっかり交渉すること。150バーツから300バーツ。ちょっと高くつくが、一番楽だし、道に迷う心配もなし。

上記置屋ホテル以外にも、ビエンチャン市内には、カラオケ屋の看板が多い。基本はホテルに併設してある。
おそらく、ほとんどが置屋扱いなのではないかと推察できるが、これまたよくわからない。

とりあえず、今回紹介したラオンダオ1、ラオンダオ2、ソクサイフォンホテルは間違いなし。

個人的にはラオンダオ2のラインナップが一番良かったように思う。ソクサイフォンもほぼ同レベル。

一番わかりやすい遊び方は、置屋併設のホテルに宿泊してしまうことだ。
そうすれば、自分の泊まっている部屋へすぐに持ち帰れる。ロングでも問題ないはず。

ソクサイフォンホテルと帝豪ホテルの間にSNKホテルがある。ここの評判はわりといい。
ソクサイフォンホテルからの連れ帰りも可能だと思われる。

ラオスの中級ホテルは、ゲストの連れ込みを禁止しているところが少なくないようだが、置屋併設ホテルは当然連れ込みオッケー。

はじめてビエンチャンを訪れる人は、とりあえず置屋併設ホテルを予約しておくと、初日の宿と夜遊びに困ることがなくなる。
慣れてきたら、自分であちこち周るようにすればいい。

ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)
vientian-laongdaohotel

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

ブッキングドットコム

ラ オン ダオ ホテル 2(La Ong Dao Hotel 2)
vientian-laongdaohotel2

アゴダ

ブッキングドットコム

ソクサイフォン ホテル (Sokxayphone Hotel)
vientian-sokxayphonehotel

アゴダ

SNK ホテル (SNK Hotel)
vientian-SNKhotel
ソクサイフォンホテルとティハウの間にあるホテル。宿泊施設としての評価はこの中で一番高い。

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

ブッキングドットコム

 

↓タイをメインに、ラオス、カンボジア、ベトナムの夜遊び情報が載っている。ビエンチャンは、ディスコとハンノイ情報がメイン。簡単な地図も掲載。当ブログの置屋情報と合わせれば、ビエンチャンの主だった遊びは理解できるはずだ。

Gダイアリーには、ビエンチャン最強マップが掲載されているが、肝心のホテル置屋の場所は載っていない。ホテルやディスコの位置把握には役立つか。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

トータルなラオス観光情報が知りたいなら、地球の歩き方でどうぞ。やはりこれが一番詳しい。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年7月


関連記事

クイーンズパークプラザバービア群 (3)

クイーンズパークプラザは、バンコク・スクンビットソイ22のバービア群。料金と遊び方。

パタヤと違って、バンコクのスクンビット近辺には大きなバービア群が少なくなった。 ナナプラザの中庭に

記事を読む

Gスポット (1)

【パタヤウォーキングストリート新店舗レポ】Gスポットとオーバーマインド。あと、サファイヤクラブは工事中だけど営業中。

お盆休み直前の昨晩のこと。 前回のパタヤ訪問以降に新しくできた2軒のゴーゴーバーを訪れてみた。

記事を読む

champaign-cyotes-2

オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコヨーテクラブがオープンしている

記事を読む

thepprasit-soi8

テパシットのローカル置屋街の現状レポート2016年

パタヤにもローカル向けの置屋街が存在している。 有名なのはナックルアの通称エッソ裏。 あと、もう

記事を読む

夜のワットチャイモンコンタンブン (2)

明日は禁酒日(ヴィサカブーチャ)。お相手探しはお早めに。

明日5月20日は、タイの祝日。 ヴィサカブーチャ (仏誕節)と呼ばれる仏教の祝日であり、禁酒日とな

記事を読む

パイレーツ(Pirates) (1)

パイレーツ(Pirates)。ボンコットにある新規オープンのショートタイムバー、ジェントルマンズクラブ。

ソイボンコットにあるクラブ4と007のレポートは以前にお送りした。 ショートタイムバーと呼べばいい

記事を読む

King castle 2 (2)

2017年、パッポンのゴーゴーバー夜遊びレポートまとめ。キングキャッスルが大にぎわい。

ここ最近、パッポンのゴーゴーバーを訪問する機会が増えた。 店もかなりまわってみたので、まとめてレポ

記事を読む

MPナタリー (2)

ひさしぶりのMPナタリーは、やはり極上のラインナップだった

バンコクのホイクワンにある、超有名お風呂屋さんナタリー(Nataree)を久々に訪れてみた。 たぶ

記事を読む

J Club (4)

日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完成していても、実際にオープンす

記事を読む

kitcat-lounge-club-pattaya-4

KitCat(キットキャット)は、ジョムティエンにある新しいジェントルマンラウンジ

ジョムティエンに新しくできたというジェントルマンラウンジを訪れてみた。 最近よくフェイスブックのタ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. hn より:

    いつもわかりやすい情報有り難うございます。
    今、パタヤに来ています。今回はショートトリップで3泊4日。いつかお会いしたいです。今度はビザランを経験してみます。
    今回は初めて同一嬢と4日間一緒です。
    それにしても管理人さんが経験したように、嬢はよく寝ます。どんなに遅く起きても夕方昼寝します。食事、ブンブンで終わります。
    プールサイドでスイミングに付き合ってもらいましたが。

    • 千夜一夜 より:

      1日15時間睡眠もありえるのが恐ろしいところです。飯、スマフォ、飲む、寝るしかありませんねえ、彼女たちの生活スタイルは。

  2. yuu より:

    相変わらず精力的な調査、ご苦労様です。ビエンチャンにはもう長く行ってませんが、ソッチ系が趣味の人には今もパラダイスなのでしょうか。ウドンの◯屋が潰れて職場を失った多くの子もビエンチャンで仕事してるかもしれませんね。これからも色んな情報期待しています。メコンホテルのナイトクラブはまだ健在なのかなぁ…

    • 千夜一夜 より:

      まあ、そっち系の人にはパラダイスでしょうね。数年前よりもさらに若返っているような印象です。どうなってんでしょうかねえ。決して、おすすめはしませんが。

  3. ムラ より:

    ということは、ビエンチャンの夜遊びは夜8時以降で、
    昼間はあんまり遊べないってことですね?

    • 千夜一夜 より:

      昼間は、マッサージ屋偽装置屋くらいでしょうね、たぶん。夜7時くらいからホテル併設置屋にぼちぼち集まってくるみたいです。

アドステア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

NINJA
パタヤ初心者アテンドの夜。ソイ7からソイハニー経由LKメトロまで。

海の日の連休を利用して日本からパタヤ初心者の知人が来ていて、軽くアテン

Jumbo Sushi (1)
【大幅メニュー追加】パタヤのローカル日本食屋 JUMBO SUSHI。カツ丼が好き。

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つ

→もっと見る


PAGE TOP ↑