パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

空港やバス関連

ノースパタヤバスターミナル至近のSLEEP CAFE HOSTEL。バスの待ち時間潰しに最適。お茶もWi-Fiも仮眠も宿泊もオッケー。

投稿日:


ノースパタヤ(パタヤヌア)にあるバンコク行きバスターミナル。
エカマイ、モーチット、バンコク南バスターミナル行きの他にサムイ島やスワンナプーム行きのバス(ベルトラベル)も
発着している。

バスターミナル1

バンコク行きのバスは事前予約不可となっており、週末の昼間は混みあうことが多い。
エカマイ行きは臨時増発することもあるが、それでも1時間待ちも珍しくない。

乗り場前にはベンチがたくさん置いてあるが、混雑時には座る場所を探すにも大変。

これは1時間半待ちの時の待ち合い室の様子
バスターミナル待ち合い所

しかも、オープンエアだけあってとても暑い。
エアコンの効いたスペースはない。
無料のWi-Fiも飛んでいない。

そこで、バスターミナルの近所のカフェで時間を潰そうという話になるのだが、この付近は意外と寂れている。
道路を渡ってスクンビット方面に少し進んだところに、一軒だけカフェがあるが、意外と歩くのが面倒。

で、最近、新しいカフェがバスターミナルのすぐ横に出来ていた。

バスターミナルの出入口にあるファミリーマートからスクンビット方面へ少し歩く。徒歩1分くらい。

SPONSOR LINK



SLEEP CAFE HOSTEL(スリープカフェホステル)

スリープカフェホステル (2)

地図

2015年オープン。
24時間営業。

どうやら海外に店舗を持つチェーン店らしい。

スリープカフェホステル (1)

スリープカフェホステル (3)

最近増えたきた、ちょっとオシャレなバックパッカー向けホステルといった外見。

1階がカフェとレストランフロア。2階が宿泊施設。

コーヒーは、ホットが60バーツ、アイスが70バーツから。
料理はタイ料理やビザなどいろいろあるようだが、値段は不明。

(食事代を安くあげるなら、バスターミナル内奥の安食堂がいいでしょう。ぶっかけ飯30バーツから。)

もちろん、Wi-Fiは無料で利用可能。
さらに、パソコンを持っていない人向けに、ネットカフェサービスもある。PC利用1時間20バーツと良心的価格。延長は10バーツという太っ腹価格。

おもしろいのは、休憩ルームを備えていること。
1時間50バーツ。これは宿泊用の部屋ではなくて、専用の休憩スペースとなる。ソファーベッドやマッサージチェアーが置いてあるようだ。
仮眠室のことを「NAP ROOM」と呼んでいる。

スリープカフェホステル2

バスの待ち時間が1時間以上あるなら、休憩室の利用もいいかも。くれぐれも寝過ごしにはご注意を。

ここはホステルなんで、もちろん宿泊も可能。
部屋は、男女別のドミトリーのみ。ドミトリーとは、大部屋にいくつも2段ベッドが置いてあり、相部屋で宿泊するスタイルのこと。料金が安く、バックパッカーが良く利用する。
ウォークインで一泊350バーツ。しかも朝食付き。キャンペーン期間中にロングステイすると一泊220バーツまで下がることもあるとか。

スリープカフェホステルドミトリー

詳しくは公式HPで。

2015年オープンの新築なんで綺麗なことは間違いない。ま、ナイトライフ中心の旅行者がドミトリーに泊まることはないだろうけど。

ホテル予約サイトでの取り扱いもある。

スリープカフェ ホステル (SleepCafe Hostel)をアゴダでチェック

 

バスで長時間待つ事態になったら、一度のぞいてみてはいかが?
ターミナル内の待合いスペースは暑いんで、無駄な体力の消耗と時間の無駄遣いは避けたいしね。

SPONSOR LINK

-空港やバス関連

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.