パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年8月~パタヤ沈没日記

21歳フリーランスバービア嬢たちとキラーゲーム

投稿日:

54日目つづき

夜おそくなり、再度外出。
この日は、レンタルバイクをカラオケ嬢に預けており、わたしは徒歩移動となった。
頼むから、事故らないでくれよ。

スクーターズバー

ブッカオをふらふらと歩いていると、心躍る音楽が飛び込んできた。

アーサー・コンレイの「Sweet Soul Music」だ。

♪Do you like good music?

という歌い出しで始まるソウルミュージック賛歌。

こんなイカしたBGMをかけるバーといえば、もちろんSCOOTER'S BAR(スクーターズバー)を置いてほかにない。

スクーターバー4

久しぶりに立ち寄ってみた。

あれ?
日本語ぺらぺらの新ママさんの姿が見当たらない。たまたま休みかな。別に会わなくてもいいけど。
イングランドのボスは、相変わらず陽気に踊っている。

そして、バービア嬢たちの衣装も相変わらずぴちぴちだ。胸の大きさも尻の形も一目瞭然。
ちょっとだけ顔ぶれが変わっているが、どれもスレンダー系を揃えている。
この衣装に合う女性以外は面接で落としているに違いない。

ここではペイバーするつもりはないんで、音楽を聞きながら一人で飲むのはいつものこと。
ちょこちょことバービア嬢が絡んできてくれるので、退屈にはならない。

それにしても、ここはいつも客がいっぱいで繁盛している。ちょこちょこ日本人も見かける。
雰囲気がいいし、バービア嬢のレベルも高いしで、人気が出るのも当然かな。

ほどほどに音楽と酒を堪能したところでチェックビン。
LEOビール2本で120バーツ。(1本目80B+2本目半額40B=120B)。

21歳のフリーランスバービア嬢との出会い

知り合いの元バービア嬢から電話がかかってきて、一緒に飲まないかとの誘い。
彼女は来年ファランと結婚するためドイツへ行く予定。現在、パタヤのドイツ語学校で勉強中だ。

すでにバービアで飲んでいるというので、わたしも出向くことにした。
バービアにつくと、見知らぬ女性も一緒にいる。

元バービア嬢から紹介を受けた。
同じアパートに住んでいるという21歳の女性だった。

21歳フリーランスバービア嬢

おっと、まずまずかわいいぞ。ちょっとプンプイだけど、許容範囲内だ。
お持ち帰り候補に入れてもいいレベル。

が、やけに落ち着きがない。
話し方といい、一つ一つの動作といい、つねにそわそわしている。
別に何か変なクスリをやっているわけではなさそうなんで、天然の落ち着きの無さ。
その落ち着きのなさから、実年齢よりもさらに若く見える。子どもだよ。

若くてかわいいのはいいが、ちょっと苦手なタイプだ。

職業を聞いてみると、特に働いていないとの返事。
でも、たまにバービアでフリーランサーとして働きに出ていることもあるとか。

元バービア嬢に聞くと、こういった自由契約の働き方を「サイラーイ」と呼ぶそうだ。
タイ語の詳しい意味は不明。
出勤は基本的に自由だが、給料はゼロ。客がついたらドリンクバックやチップをもらえるわけで、毎日毎日働きたくない人には向いているのかな。

そういう雇用形態のバービア嬢をたまに見かける。
それこそ、たまにしか出勤しないレアな子もいて、見つけたらラッキーだ。
2回目からは店を通さず直接会えばいいんで、バーファインいらずで安上がり。
ただ、そういった子は、他に太客がいるケースがほとんどだけど。

ちなみに、この21歳は、ファランの彼氏がいると正直に告白していた。
このおてんば娘を相手しているファランの苦労がしのばれる。

ビリヤード、キラーゲーム大会

バービアにそこそこ客が集まったので、みんなでビリヤード大会を開催することになった。

各自持ち点が3点。
1ショットずつ順番に突いていき、球がドロップしなかったりファウルしたら、1点マイナス。
ゼロになったら退場で、最後に一人になるまで何ゲームでも続けるゲーム。
これなら、3人以上でもあってもみんな順番に遊ぶことができる。

こんな風にボードに持ち点を表示する
ビリヤードキラーゲーム

ゲームの名前がわからなかったので、以前は「ミスしたら負けよゲーム」なんて勝手にネーミングしていたが、ファランとタイ人にちゃんと聞いてみた。

イギリス人いわく、英語で「Killer
キラー、つまり殺人者。
おおっ、ちょっと物騒な名前だな。

タイ人いわく、タイ語で「キューラ

キューは、そのまま玉を突くキューのこと。
ラがよくわからない。ラーにも聞こえる。
○○毎の「ラ」なのかな。とすると、1ショットずつという意味になり、ゲームのルールに合っている。

タイ語はともかく英語はキラーゲームで間違いないんで、ファランと会話するときはキラーゲームでどうぞ。

 

元バービア嬢やら21歳フリーランスバービア嬢やらイングランド人やらオーストラリア人やら日本人やら総勢7人でゲーム開始。
参加費は1ゲーム20バーツだ。

このキラーゲーム、おもしろいよ。
自分の狙っている球を落としつつ、次の番の人が打ちにくい場所に白球を残してやると勝率が上がる。
やっぱり最後は上手い人が勝つことが多いけど、運の要素も強くて、意外と勝ち残ることもできる。

ここでも、落ち着きのない21歳は、人の順番を平気で抜かそうとして、みんなに突っ込まれていた。
落ち着け。ジャイイエンイエン。カームダウン(Calm down)。

2ラウンドやって、わたしは運良く1勝できた。
優勝賞金140バーツゲット。参加費を引いても100バーツ。
賭けじゃないよ、コンペ賞金だよ。

元バービア嬢にもビールを奢ってもらい、結局ビールを3本飲んだ。
わたしの会計は140バーツ。
うーん、これだけ飲んで遊んで、出費が40バーツか。悪くない。ま、最後にチップを多めに置いていったけど。

その後、元バービア嬢と21歳は、ウォーキングストリートのディスコに遊びに行くという。インソムニアだ。
わたしも誘われたが辞退。
もし、21歳にファラン彼氏がいなくて、もうちょっと落ち着きがある子だったら、一緒に遊びに行って、そのままお持ち帰りしていたかもしれないが、この子はパス。一緒に行ったら、かなり疲れそうだ。

それに、わたしにはカラオケ嬢がいる。
おなじ21歳でも、カラオケ嬢のほうがルックスも性格もかなり上。

 

というわけで、大人しく帰宅。
じっと、カラオケ嬢の帰りを待つ。

なかなかやって来ないんで、電話で催促してみると、すでに自分の部屋で寝ているという。電話越しの声が完全に死んでいる。こりゃあだめだな。
睡眠命の彼女である。無理やり起きろなんて、とても言えない。

あ、レンタルバイクは無事だろうな。それだけがちょっと心配。

まあいいか。
今夜は一人寝。
ベッドが広くていいけど、やっぱりどこか寂しい。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-2015年8月~パタヤ沈没日記
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.